最終更新日:
クラウドエンジニアの転職におすすめなスカウトサービス3選
【第1位】リクルートダイレクトスカウト(公式:https://directscout.recruit.co.jp/ 
企業からのスカウトを直接受け取れるダイレクトスカウトサービス
ハイキャリアにも対応し、若手からベテランまでの幅広い年代の転職をサポート。
【第2位】ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp/
企業やヘッドハンターから良質なスカウトを受け取れるハイクラス向けスカウト
30代から50代が多く、経営幹部や管理職、プロフェッショナル人材向けの案件を多数保有。
【第3位】Green(公式:https://www.green-japan.com/
企業と直接コンタクトをとれるアプローチ機能を持つ転職エージェント。
企業の話を気軽に聞けるカジュアル面談で、転職先の雰囲気を把握しやすい。

スカウトサービスは、企業やヘッドハンターからのオファーを通じて、転職活動を円滑に進められる便利なサービスです。

職歴や自分のスキルをスカウトサイトに登録すると、自分に合ったオファーが自動的に届くようになります。

自分から求人を探しに行く手間が省けるため、現職を続けながらキャリアアップを目指すという転職スタイルも選択できるでしょう。

さらに、転職におけるスカウトの活用には、以下のようなメリットがあります。

  • 一般には公開されない非公開求人に出会える
  • 自分が知らない新しいキャリアの可能性に気付ける
  • 通常の選考フローよりも採用の確度が高いケースが多い

一方で転職サイトのなかには、登録者へ機械的にスカウトを送信しているケースもあり、スカウトの質には大きな差があることが現状です。

そこで今回は、転職を目指すクラウドエンジニアに向けて、スカウトサービスの選び方や、より質の高いスカウトを受け取るためのポイントについて解説します。

先に結論からまとめると、この記事では次のスカウトサイトを推奨しています。

本編に入る前に、今回ご紹介するスカウトサービスの特徴を簡単にまとめています。

各スカウトサービスにおける、業界・業種の取り扱いは以下の通りです。(以下の表は、横にスクロールできます。

サービス名 公式サイト 得意な業界
IT
Web






















リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
Green https://www.green-japan.com/
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
doda https://doda.jp/
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

◎=保有案件数がかなり多い、〇=保有案件数が多い、△=保有案件数がやや少ない
※各スカウトサイトの求人数から算出

各スカウトサイトごとの求人掲載企業の分布は以下の通りです。

サービス名 公式サイト 国内大手
企業
メガベンチャー
企業
ベンチャー
企業
中小
企業
外資系
企業
海外企業
リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
Green https://www.green-japan.com/
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
doda https://doda.jp/
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

◎=保有案件数がかなり多い、〇=保有案件数が多い、△=保有案件数がやや少ない
※各スカウトサイトの求人数から算出

また、各スカウトサービスにおける、登録者の年代とサービスの特徴は以下の通りです。(以下の表は、横にスクロールできます。

サービス名 公式サイト 登録者の年代
ヘッドハンター ダイレクト
スカウト
転職
サポート
20
30
40
50
リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
Green https://www.green-japan.com/
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
doda https://doda.jp/
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

◎=保有案件数がかなり多い、〇=保有案件数が多い、△=保有案件数がやや少ない
※各スカウトサイトの公式ホームページを参照

本編では、個々のスカウトサイトの特性や選択のコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次 (PRも含まれます)

スカウトサイトとは?

スカウトサイトとは?

スカウトサイトとは、企業やヘッドハンターが求職者に対し、選考などのオファーを送れるプラットフォームのことです。

普通の転職サイトでは、求職者が企業に応募することで選考が始まるのが主流です。

スカウトサイトの場合は、自分の職歴や持っているスキルに応じて採用側からのアプローチを受けられます。

自ら求人を探す手間が省けるので、現職に勤めながらの転職良い条件の求人が見つかったら転職するスタイルなど、幅広い選択ができる点がポイントです。

しかし、最初に述べたようにスカウトサイトにはいくつかのバリエーションがあり、それぞれのスカウトの仕組みが異なります。

スカウトの仕組みによってはオファーの質に大きな差がありますので、それぞれのサイトの特徴をしっかりと理解しておくことが重要です。

スカウトの仕組み

通常スカウトサイトでは、自分の経歴や保有スキルを登録することにより、その情報を見た採用企業からオファーが届きます。

採用を担当する企業やヘッドハンターは、登録されている求職者のデータを検索し、必要な人材に対してオファーを送信できます。

求職者としては、自分の経歴やスキルにあった求人をほぼ自動的に受け取れるという点がメリットです。

採用側としても、目指している人材をピンポイントで採用でき、採用コストを抑制するメリットがあります。

スカウトの方法には以下のような種類があります。

  • ダイレクトスカウト
  • エージェントからのスカウト
  • 転職サイトのスカウト機能

スカウトの仕組みによって、オファーのレベルや内定の確度に差がありますので、しっかりと区分できるようにしておきましょう。

ダイレクトスカウト

ダイレクトスカウトは、求職者の登録されている情報をもとに、企業が求職者へ直接オファーを送る形式のスカウトです。

エージェントやヘッドハンターを介在させずに、企業が直接採用することで、採用の確実性が増すという利点があります。

企業はスカウトを行う際に、履歴書や職務経歴書を検討した上でオファーを行うため、書類選考をクリアした状態からのスタートとなります。

そのため、一般的な選考よりも、選考を通過する可能性が高い傾向にあります。

転職にスカウトを活用したいと思っているなら、ダイレクトスカウトを採用しているサイトの利用がおすすめです。

エージェントやヘッドハンターからのスカウト

スカウトサイトでは、エージェントやヘッドハンターからのオファーを受けられるケースもあります。

このようなスカウトは、企業の人事担当者がエージェントやヘッドハンターにスカウトを依頼することで送られてくることがあります。

この場合、企業の人事が直接スカウトを送っていないため、ダイレクトスカウトと比べると採用される確率はやや低くなります。

ただし、レベルが高いエージェントやヘッドハンターが所属するサイトを使うことで、良質なスカウトを受けることも可能です。

また、エージェントが企業と求職者の間に立つことで、転職についての支援を受けられる場合もあります。

スカウトを利用する際は、ダイレクトスカウトとあわせて利用を検討してみることがおすすめです。

転職サイトのスカウト機能

転職サイトのスカウト機能は、登録されている職務経歴や習得スキルに応じて、自動的に送られるスカウトメール等です。

企業が必要とする人材の基準と、求職者の職歴やスキルが一致した場合にスカウトが送信される、マッチングと似た仕組みともいえます。

つまり、経歴やスキルを企業の担当者が見ておらず、一部の一致点だけでスカウトメールが送信されています。

したがって、転職サイトのスカウト機能に頼りすぎて選考を進めると、書類選考で失敗する可能性もあります。

しかし一部の転職サイトでは、企業が料金を払うことで求職者に直接連絡を取れる、ダイレクトスカウト機能が提供されています。

スカウトを利用して転職を進める場合は、転職サイトのスカウトの質に注目して登録しましょう。

スカウトサイトのメリット

スカウトサイトのメリット

スカウトサイトを使った転職活動には、以下のようなメリットがあります。

  • 求人を検索する手間が省ける
  • 求人を公開していない企業が見つかる
  • キャリの可能性を広げられる
  • 自分の市場価値を正確に測れる
  • 採用の確度が高いケースがある

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

求人を検索する手間が省ける

スカウトを利用して転職する一番のメリットは、転職にかかる手間を大きく省ける点です。

特に大きなメリットは、求人の検索や企業への申込みのフェーズを削減できることです。

スカウトを送る企業やヘッドハンターは、求職者の履歴書や職務経歴書をチェックした後で提案を行います。

そのため、標準的な転職のステップである、書類選考を通過した状態から選考が開始することになります。

企業の求人を見つけて申し込むステップと書類選考をスキップして、転職に掛かる時間を大幅に短縮できます。

現職に就きつつ転職を考える場合、スカウトの活用がおすすめです。

求人を公開していない企業が見つかる

求職者へのスカウトを送信する企業のなかには、一般には公開していない非公開求人をオファーしているケースがあります。

たとえば、広く公開すれば応募が集中しすぎてしまうような求人や、人材の獲得が困難なハイキャリア求人などです。

一般的に、非公開求人には就業条件が優れていたり、年収が高かったりする求人が含まれることがあります。

スカウトサイトへの登録は、転職サイトでは見つけられない求人情報を探すのに便利です。

キャリアの可能性を広げられる

スカウトサイトを利用することで、自分のキャリアを広げられる可能性があります。

すでに解説した通り、スカウト採用を行う企業などは、求職者の職歴や保有スキルを詳しくチェックしたうえでオファーを出します。

したがって経験がない業界や職種でも、職歴やスキルが企業が求める人材とマッチしていればスカウトを受け取れる機会があるのです。

また、一般職から管理職へのキャリアアップなど、上位職への転職が可能なケースも存在します。

転職をきっかけに自分のキャリアを変えたいと思っている方は、企業からのスカウトを受けることも考えてみましょう。

採用の確度が高いケースがある

スカウトは、選考通過の確度が高いこともメリットです。

採用側の企業などは、応募者の情報をある程度をチェックしたうえでスカウトを送信するので、書類選考を通過した状態で面接に進むことが可能です。

書類選考で落とされるのリスクがないため、通常の転職に比べて選考に合格する確率が高いと考えられます。

特にダイレクトスカウトサービスの場合、企業の人事担当者が直接スカウトを実施するので、内定の確度が高くなります。

転職活動をスムーズに進めたいと考えている方は、スカウトを通じてより内定の可能性が高い企業を探すことを検討してみましょう。

自分の市場価値を正確に測れる

スカウトサイトに登録することで、現在の自分の市場価値を正確に測れるというメリットもあります。

例えば、企業から送られるオファーの年収は、自分の市場価値を認識する際の一定の基準となります。

また、スカウトが頻繁に届くということは、それだけ自分が市場での魅力的な人材であるという証拠といえるでしょう。

転職を検討しているのであれば、自分の市場価値を認識しておくことはとても重要です。

スカウトサイトにと登録し、自分がどのレベルのスカウトを獲得できるかを確認してみましょう。

スカウトサイトのデメリット

スカウトサイトの利用にはたくさんメリットがありますが、それと同時に以下のようなデメリットもあります。

  • 希望していない条件のスカウトが届く
  • 何通ものスカウトが送られてきて煩わしい
  • 100%採用につながるわけではない

これらの欠点を事前に理解しておき、効果的にスカウトを利用する方法を身につけましょう。

希望していない条件のスカウトが届く

スカウトは、採用側からの求人のオファーが受けられる便利な機能ではありますが、必ずしも自分の希望する条件の求人が送られてくるとは限りません。

企業などの採用側は、求職者のキャリアやスキルを見てスカウトを送ります。

それゆえに、必ずしも希望の条件通りのオファーが送られてくるとは限りません。

自分の希望に合わない職種や業界、ポジションの求人が送られてくることもあります。

具体的な転職先がある場合は、自分から応募することが良いこともあるので注意が必要です。

何通ものスカウトが送られてきて煩わしい

スカウトサイトを利用すれば、採用側からのスカウトが頻繁に送られてくる状況も考えられます。

場合によっては、1日に何十通ものスカウトが届くことがあり、それが面倒に感じることもあるでしょう。

特に転職サイトのスカウト機能は、自分の職業経験やスキルがマッチする企業からのスカウトを自動的に送るため、スカウトの件数が増えることが多いです。

スカウトサイトを利用する場合は、転職活動専用のメールアドレスを設定するなど、前もっての準備が重要です。

また、厳選したスカウトサイトだけに絞って登録するなど、質の高いスカウトを受け取れるようにしましょう。

100%採用につながるわけではない

企業からスカウトをもらったとしても、必ずしも内定がもらえるとはかぎりません。

スカウトは、履歴書や職務経歴書の詳細を見てオファーを出すため、実際の面接におけるギャップが生じることがよくあります。

特に、ヘッドハンターからのスカウトや、転職サイトのスカウト機能を使う際には、このような不一致が生じる可能性が高くなります。

より選考通過の可能性が高いスカウトを利用したい場合は、企業の採用担当者からのスカウトが受けられるダイレクトスカウトや、ヘッドハンターの質が高いスカウトサイトを利用しましょう。

スカウトサイトの選びの基準

ここでは、スカウトサイトの選び方について解説します。

基本的には、転職先の選択肢を増やすためにも、複数登録することがおすすめです。

ただし必要のないスカウトサイトにも登録してしまうと受けるオファーが多くなり、必要な求人が判断できなくなる場合もあります。

そこで、以下の要点を考慮して、必要なすくとサイトに絞って登録することがおすすめです。

  • IT系の案件が多いか
  • クリエイティブ系の案件が多か
  • 転職で希望する条件が叶うかどうか
  • 自分の経歴や職歴にあっているか
  • 求人以外のサポートが受けられるか
  • 登録者の年代があっているか

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

志望する業界の案件が多いか

スカウトサイトに登録する際は、志望する業界の案件が多いかどうかを確認しましょう。

各スカウトサイトは特定の領域に強みを持つケースもあるため、受け取るスカウトの内容にも偏りがあります。

転職を考えている業界がすでに決まっているなら、スカウトサイトにその業界の案件が多いかどうかを確認しましょう。

今回おすすめするスカウトサイトでは、以下のような業界の案件を取り扱っています。(表はスクロールできます

サービス名 公式サイト 得意な業界
IT
Web






















リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
Green https://www.green-japan.com/
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
doda https://doda.jp/
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

出典:各社公式サイトから引用

転職で叶えたい条件の案件があるか

転職によって叶えたい条件がある場合は、希望条件にそった案件が多いかどうかも確認しておきましょう。

たとえば、一般職から管理職へのキャリアアップを望むなら、ハイクラス案件を多く扱っているスカウトサイトがおすすめです。

また、転職を考える際には、以下の条件も考慮しましょう。

  • 勤務地
  • 年収
  • 休日数
  • 残業時間
  • リモートワークの可否

当然ながら、このような条件は各企業の求人によって大きく違います。

しかし、年収や勤務地などは、スカウトサイトごとに登録している企業に偏りがあるため、ある程度は条件面の参考にできます。

スカウトサイトでは、提携企業の求人情報を載せているので、自分の要望に合う求人が多いサイトを利用することをおすすめします。

自分の経歴や職歴にあっているか

自分の職歴や保有スキルにあったスカウトサイトへの登録も大切なポイントです。

企業は求める人材のタイプによって、使うスカウトサイトを使い分けることがあります。

例えば、管理者や経営に関する人材は、ビジネスに大きな影響をもたらす可能性があるため、ハイクラス人材専門のスカウトサイトを用います。

実務経験がが少ない状態では、このようなハイクラス人材のスカウトサイトに参加しても、オファーを受けるのは難しいです。

そのため、自分の経歴や職歴と希望するキャリアを考えたうえで、似た条件の求人が多いスカウトサイトに登録することがおすすめです。

登録者の年代があっているか

スカウトサイトには、登録者の年代にも差があります。

一般的には、年齢層が高くなるほど管理職や経営などのハイクラス向けの求人が多くなります。

そのため、スカウトサイトに登録している年齢層が、自分にあっているかどうかを確認することも一つの選定基準です。

とはいえ、職務経歴やスキルが企業の要求に適合していれば、年齢にかかわらずオファーを受けられる可能性があります。

そのため、どのスカウトサイトを優先的に登録すべきかの、一応の基準程度として考えておくようにしましょう。

各スカウトサイトにおける、登録者の年代は以下の通りです。(表はスクロールできます

サービス名 公式サイト 登録者の年代
20
30
40
50
リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/
Green https://www.green-japan.com/
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/
doda https://doda.jp/
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

出典:各社公式サイトから引用

求人以外のサポートが受けられるか

スカウトサイトでは、求人以外のサポートも利用できるケースがあります。

転職のサポートは、キャリアアップを検討するうえで心強い味方です。

スムーズに転職を成功させるためにも、スカウトサイトの支援内容をしっかりと確認しておきましょう。(表はスクロールできます

サービス名 公式サイト 転職サポート
リクルート
ダイレクトスカウト
https://directscout.recruit.co.jp/  –
ビズリーチ https://www.bizreach.jp/ ・非公開求人の提案
・履歴書や職務経歴書の執筆サポート
・面接日時の調整や面接対策
・年収などの条件交渉や入社日調整
※上記は、ヘッドハンターを利用する場合のサポートです
Green https://www.green-japan.com/  –
JAC
リクルートメント
https://www.jac-recruitment.jp/ ・履歴書/職務経歴書の添削(英語レジュメの添削も可能)
・面接のサポート
・条件交渉や入社後のフォローも充実。クラウドエンジニアの転職におすすめのスカウトサイト
レバテックキャリア https://career.levtech.jp/ ・転職エージェントからの企業紹介
・履歴書や職務経歴書の添削サポート
・面接の詳細情報の提示や模擬面接対策
・年収交渉・入社日調整などの入社前の調整
doda https://doda.jp/ ・転職エージェントからの企業紹介
・履歴書や職務経歴書の添削サポート
・面接の詳細情報の提示や模擬面接対策
・年収交渉・入社日調整などの入社前の調整
リクナビNEXT https://next.rikunabi.com/

出典:各社公式サイトから引用

クラウドエンジニアにおすすめなスカウトサイト7選

ここでは、クラウドエンジニアの転職におすすめなスカウトサイトを紹介します。

自分に最適なスカウトサイトに登録するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

今回紹介するスカウトサイトをまとめると、以下のようになります。

自分にマッチするスカウトサイトに登録するために、各サイトの特色をしっかりと確認しておきましょう

リクルートダイレクトスカウト

出典:リクルートダイレクトスカウト公式サイト

リクルートダイレクトスカウトは、企業から直接スカウトを受け取れるダイレクトスカウトサービスです。

年収800万〜2000万円の求人案件を豊富に揃える、ハイキャリア求人を専門としています

登録するだけで企業からのオファーを受け取れるので、スカウトを利用して転職をしたいクラウドエンジニアにおすすめです。

運営会社

株式会社リクルート

登録年代

30~50代

得意な業界・ジャンル

IT/Web業界を中心に幅広い業界に対応

転職サポート

公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

出典:リクルートダイレクトスカウト公式サイト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

リクルートダイレクトスカウトには、以下のような特徴があります。

  • 非公開求人を含むハイクラス案件を多く保有
  • IT業界を中心に幅広い業種の求人を保有
  • 年収800万〜2000万円の案件を多数保有

リクルートダイレクトスカウトは、企業から直接スカウトを受けられるダイレクトスカウトのサービスです。

転職業界の最大大手を誇るリクルートが運営し、幅広い業界や業種に対応していることがポイントです。

また、ハイクラス人材向けの求人も扱っており、国内大手の企業からのスカウトも届きます。

非公開求人も豊富で、普通の転職では探し出せない求人もあります。

スカウトを利用して転職の範囲を広げたいと望んでいる方におすすめのサービスです。

リクルートダイレクトスカウトのスカウト

リクルートダイレクトスカウトでは、企業から直接スカウトを受けられるダイレクトスカウトサービスのほか、ヘッドハンターからのスカウトも実施しています。

登録した希望条件に基づき、ヘッドハンターが最適な求人を紹介してくれるので、転職先の探索がほぼ自動化できます。

また、ヘッドハンターからのオファーには非公開求人も含まれ、好条件な求人や大手企業の求人を紹介してもらえます。

無料で登録するだけでオファーを受けられるようになるため、スカウトを利用して転職したいクラウドエンジニアは登録だけ済ませておくことをおすすめします。

【リクルートダイレクト】ハイクラスなオファーを受けられる
登録だけで国内の大手企業や上場企業からのスカウトを受けられる

ビズリーチ

出典:ビズリーチ公式サイト

ビズリーチは、即戦力人材向けのダイレクトスカウトサービスです。

ハイクラス向けの転職サイトで、年収600万円以上の求人が豊富に用意されています。

ヘッドハンターを通じた転職も可能で、転職エージェントと同様の支援が受けられる点もポイントです。

運営会社

株式会社ビズリーチ

登録年代

30~40代

得意な業界・ジャンル

IT/Web業界、コンサルティング

転職サポート

ヘッドハンターを利用する場合、以下のサポートが受けられます。

・非公開求人の提案
・履歴書や職務経歴書の執筆サポート
・面接日時の調整や面接対策
・年収などの条件交渉や入社日調整

公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

出典:ビズリーチ公式サイト

ビズリーチの特徴

ビズリーチには、以下のような特徴があります。

  • 即戦力限定のハイクラスな求人を多く保有
  • 金融系やコンサル系、外資系企業の案件も豊富
  • 大手企業や目がベンチャーの求人も多い

ビズリーチは、30代から40代のハイクラス向け転職サイトです。

基本的に即戦力の採用を基本としていて、質の高い案件を多数保有しています。

登録には審査が必要ですが、それに見合ったハイクラス転職の実現が可能です。

特にIT業界や金融、コンサルティング業界に力を入れており、高い年収が期待できます。

転職でキャリアアップを目指している方におすすめのサービスです。

ビズリーチのスカウト

ビズリーチでは、ヘッドハンターからのスカウトや、企業からのダイレクトスカウトが受け取れます。

通常のスカウト以外にも、プラチナスカウトという特別なスカウトが受けられる点が特徴です。

プラチナスカウトは、企業の採用担当者やヘッドハンターが、求職者の履歴書や職務経歴書を詳細に読み込んだうえでオファーを出す、高品質なスカウトです。

ヘッドハンターからのスカウトを利用すると、転職エージェントと同じレベルのサポートが受けられる点も魅力です。

非公開求人の提供や履歴書、職務経歴書の作成サポート、入社前の条件調整などの全面的なサポートを提供しているので、転職を真剣に考えている方にはぴったりのサービスです。

【ビズリーチ】
高収入(年収600万円〜)の方の転職に特化した転職サイト。

Green

Green

出典:Green公式サイト

Greenは、IT/Web業界の経験者向け転職サイトです。

20代から30代の登録者が多いことが特徴的で、若手エンジニアの転職に適しているサイトといえます。

Greenでは、「転職をもっとカジュアルに」を掲げていて、企業と求職者をつなぐ仕組みが充実している点が特徴です。

特に、会社の雰囲気を理解しやすいというメリットがあるので、転職先の情報を知りたいと思っている人にいおすすめです。

運営会社

株式会社アトラエ

登録年代

20~30代

得意な業界・ジャンル

IT/Web業界

転職サポート
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

Greenの特徴

Greenには、以下のような特徴があります。

  • 「アプローチ」「スカウト」で企業との双方向的なコミュニケーションが可能
  • IT・Web系の求人に特化している
  • カジュアル面談で選考の前に企業の話が聞ける
  • スタートアップやベンチャー企業の求人が豊富

Greenは、ITやWeb業界のエンジニアに対して豊富な求人を提供する転職サイトです。

特にスタートアップやベンチャー企業の求人が豊富で、企業も積極的に雇用を行っています。

また、企業と求職者の双方向的なコミュニケーションができる点もポイントです。

「気になる」をクリックして、自ら企業に対してアプローチできます。

さらに、気になる企業に対してカジュアル面談を申し込むことができ、会社のい雰囲気を把握しやすい点も大きな特徴です。

Greenのスカウト

Greenは、企業と求職者の双方からアプローチできる点が特徴です。

「気になる」を双方で送ることにより、企業と求職者がお互いにオファーを出せ、気軽に接点を作れます。

また、もともとエンジニア採用に強みを持つ転職サイトのため、クラウドエンジニアエンジニアの転職にも利用しやすい点がメリットです。

さらに、スカウトが届いた企業とのカジュアル面談機能も搭載されており、転職先の環境を理解しやすくなります。

転職後のミスマッチを減らしつつ、転職をスムーズに進めたい方におすすめです。

【Green】株式会社アトラエが運営する、IT業界に特化した転職サイト。
ベンチャー気質のある企業が比較的多く掲載。未経験でもOKな求人も多く保有。

JACリクルートメント

出典:JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントは、ハイキャリア・高年収の方向けの転職エージェントです。

外資系や海外企業、国内の主要企業を中心に、ハイキャリアを目指せる求人を豊富に取り揃えています。

ハイクラス転職を検討している方は、まずはこちらのエージェントへの登録をおすすめします。

運営会社

株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント

登録年代

30~40代を中心にハイクラス人材が多く登録

得意な業界・ジャンル

外資系・海外進出企業・国内大手企業

転職サポート

・履歴書/職務経歴書の添削(英語レジュメの添削も可能)
・面接のサポート
・条件交渉や入社後のフォローも充実。

公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

出典:JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメントには、以下のような特徴があります。

  • マネジメント・役職経験向けの求人が豊富
  • 幅広い業界に対応し、新しい業界で経験を活かせる
  • 企業と求職者を1人のアドバイザーが担当し、的確なアドバイスをもらえる

JACリクルートメントの一番の特徴は、年収の高いハイクラス求人を多く扱っている点です。

国内の大手企業や外資系企業に加えて、海外転職も支援しています。

さらにJACリクルートメントは、取り扱う求人とコンサルタントのサポートの質が高いことも特徴です。

手厚いサポートを受けられるので、現在よりももっと上の職を目指している場合でも、安心して転職活動をができます。

JACリクルートメントのスカウト

JACリクルートメントでは、転職エージェントを通して企業の紹介が受けられます。

JACリクルートメントへの登録すると、転職エージェントとの面談が行われます。

この面談の内容に基づいて、求職者の希望する求人を紹介されるのがポイントです。

非公開求人を多く保有しているので、一般には出回らないハイクラスな求人の紹介も受けられ、求人の質が高いことも特徴です。

選考を受ける企業の情報提供から、履歴書や職務経歴書の添削サポートも行っており、有益なサポートが受けられます。

レバテックキャリア

出典:レバテックキャリア公式サイト

レバテックキャリアは、ITエンジニアやクリエイター向けの求人を専門に取り扱う転職エージェントです。

IT領域を中心に、エンジニアやクリエイティブの経験を持つ人の転職を支援しています。

ほかの転職サイトに比べると、エンジニアやクリエイター案件を集中的に探せるので、クラウドエンジニアにおすすめの転職エージェントといえます。

運営会社

レバテック株式会社

登録年代

30~40代のエンジニア・クリエイター経験者

得意な業界・ジャンル

IT・Web業界を中心にエンジニア・クリエイター案件を保有

転職サポート

・転職エージェントからの企業紹介
・履歴書や職務経歴書の添削サポート
・面接の詳細情報の提示や模擬面接対策
・年収交渉・入社日調整などの入社前の調整

公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

出典:レバテックキャリア公式サイト

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアの特徴は以下の通りです。

  • IT・Web業界に特化したエージェントからのサポート
  • エンジニア・クリエイター向けの案件を豊富に保有
  • エージェントのサポートによる高い内定率

レバテックキャリアは、IT・Web業界を中心にエンジニア・クリエイター案件を保有する転職エージェントです。

転職エージェントも、業界や職種の背景に精通していて、適切な提案やアドバイスを得られます。

また、選考に必要な情報の提供や履歴書の添削、面接対策まで、手厚いサポートを受けることもでき、それが内定獲得に活かすことも可能です。

クラウドエンジニアとしての転職を検討している方は、エンジニアやクリエイター向けの案件に特化しているレバテックキャリアの利用がおすすめです。

レバテックキャリアのスカウト

レバテックキャリアはでは、スカウトサービスの提供をしていません。

ただし、レバテックキャリアの登録情報を利用して、スカウトサービスのレバテックダイレクトが利用できます。

レバテックダイレクトは、企業から直接オファーを受けられるダイレクトスカウトサービスです。

直接レバテックダイレクトに登録することもできますが、余裕があればレバテックキャリアと一緒に登録することをおすすめします。

なぜなら、レバッテクキャリアを活用すれば、履歴書や職務経歴書のアドバイスを得ることができ、スカウトを引きつけやすいプロフィールを作成できるからです。

また、レバテックキャリアとレバテックダイレクトを併せて利用することで、転職の選択肢を増やすこともできます。

クラウドエンジニアとしての転職を検討している方は、ぜひレバテックキャリアとレバテックダイレクトを利用してみましょう。

【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

doda

出典;doda公式サイト

dodaは、パーソルキャリアが運営する業界大手の転職サービスです。

リクルートに次ぐ第2位の求人数を誇っており、幅広い業界の求人に対応しています。

また、転職エージェントとスカウト機能を使用でき、さまざまな転職ニーズに対応しているという点もこのサービスの強みです。

運営会社

パーソルキャリア株式会社

登録年代

20~30代

得意な業界・ジャンル

業界/業種・職種ともに幅広いジャンルを掲載

転職サポート

・転職エージェントからの企業紹介
・履歴書や職務経歴書の添削サポート
・面接の詳細情報の提示や模擬面接対策
・年収交渉・入社日調整などの入社前の調整

公式サイト https://doda.jp/

dodaの特徴

dodaには、以下のような特徴があります。

  • 幅広い業界の求人を保有している
  • 対応地域が広く全国で利用できる
  • 業界有数の求人数の多さ

dodaは、業界大手の転職サイトです。

業界・職種ともに幅広いジャンルの求人を扱っていて、希望の転職先を探しやすい点がメリットです。

また、エージェントサービスを通して非公開の紹介も行っており、好条件な求人を見つけられます。

さらに、全国各地の案件を扱っているので、都心だけでなく地方でも求人を探しやすいという特徴があります。

扱う求人が多いので、転職先の選択肢を増やしたい方や、地方での転職を目指す方におすすめのサービスです。

dodaのスカウト

dodaには、企業から直接スカウトを受け取れるダイレクトスカウト機能が備わっています。

一般的な求人サイトが特定の条件を満たした求職者にマッチングを送信していることに対し、dodaではダイレクトスカウトが採用されているのが特徴です。

直接企業の採用担当者からオファーが来るので、優れたスカウトを受けられます。

また一部のスカウトでは、面接の保障や書類選考の省略という特典がついていることがあります。

内定を獲得しやすいオファーがもらえるので、転職をスムーズに行いたい方にはこのサービスがおすすめです。

【doda】利用者満足度が高く、顧客サポートが手厚い総合型転職エージェント
キャリアコンサルタントの質にこだわりたいという方必見!業界トップクラスの求人数であなたの転職を徹底サポート。

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT公式サイト

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する転職求人サイトです。

業界内で最大規模の求人数を誇り、多岐にわたる業界や職種に対応しているのが特色です。

リクナビNEXTには、登録情報を基にスカウトを受け取ることができる機能が設けられています。

20代から30代の転職におすすめのサイトです。

運営会社

株式会社リクルート

登録年代

20~30代

得意な業界・ジャンル

業界/業種・職種ともに幅広いジャンルを掲載

転職サポート

なし

公式サイト https://next.rikunabi.com/

リクナビネクストは、20代~50代の幅広い年代の求人を扱う転職サイトです。

業界トップクラスの案件数を有し、広範囲な業界・業種の転職をサポートしています。

求人検索サイトのため、エージェントのようなサポートは受けられませんが、スカウト機能を利用してスムーズに案件探しができる点がポイントです。

リクナビNEXTの特徴

リクナビNEXTには、以下のような特徴があります。

  • 転職サイトで最大規模の案件保有数
  • 年代や業種、職種などの取り扱いの幅が広い

リクナビNEXTは、業界最大規模の求人数を誇る転職サイトです。

さまざまな業界や職種をカバーしており、理想の条件を満たす転職先を見つけやすいというメリットがあります。

また、エージェントサービスのように転職をせかされる心配もないので、自分のペースで転職を進めたい方におすすめです。

今すぐ転職を考えていない人や、自分の市場価値を把握したい人は、登録だけしておくことをおすすめします。

リクナビNEXTのスカウト

リクナビNEXTには、履歴書や職務経歴書を登録することで、スカウトを受け取れる機能があります。

スカウトには、一定の条件が合致すると発信されるタイプと、企業が慎重に選んでオファーを送るプライベートスカウトがあります。

プライベートスカウトは、企業からのオファーの質が優れており、内定の可能性が高いという特徴があります。

さらに、転職エージェントからのスカウトも利用できるため、転職活動を本格化する際にもすぐに行動できます。

より質の高いスカウトを受け取るための方法

ここからは、より質の高いスカウトを受け取るための方法について解説します。

次のポイントを抑えることで、良質なスカウトを得るのが可能になります。

  • ダイレクトスカウトやエージェントのスカウトを利用する
  • 職務経歴やスキルの入力を充実させる
  • 希望する業種や職種を明確にする

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

ダイレクトスカウトやヘッドハンターを優先して利用する

スカウトサイトを利用する際は、ダイレクトスカウトやヘッドハンターによるスカウトが受けられるサイトを利用しましょう。

転職サイトのマッチング機能は、職務経歴やスキルが一致した場合、自動的にスカウトメッセージを送信することがあります。

自動的に送られるスカウトは、採用マネージャーがチェックしていないため、選考をクリアする可能性が低くなるというデメリットがあります。

一部の転職サイトでは、企業が直接スカウトメールを送る機能を持つ場合もあるのですが、自動で送られてくるスカウトとの区別が大変です。

したがって、企業の採用担当者から直接スカウトを受けられるダイレクトスカウト、もしくはヘッドハンターからのオファーを受け取れるスカウトサイトに優先的に登録することを強くおすすめします。

職務経歴やスキルの記載を充実させる

スカウトサイトを利用する場合は、職務経歴や所有スキルの記載を充実させることが重要です。

企業の採用担当者やヘッドハンターは、スカウトサイトに登録された求職者の情報を見ててスカウトを送ります。

つまり、履歴書や職務経歴書に書かれている情報が魅力的であれば、スカウトを受け取れる可能性が高くなるということになります。

そのため、スカウトサイトへの登録前に自分の仕事の経験や能力を整理しておき、情報欄を充実させることがおすすめです。

転職の希望条件を明確にする

転職における希望条件を明確にしておくことも、質の良いスカウトを受け取るために重要なポイントです。

自分が希望をする条件を入力しておくことで、不要なスカウトが送られてくることを防げます。

特に、目指す業界や職種、求める年収などをしっかりと設定しておくことをおすすめします。

ただし、望む条件を設定していても、それに合わないスカウトが採用側から送られてくる場合があります。

このようなスカウトは、企業側が求職者に対して選考を検討してもらえないかを打診しているケースが多く、ほかのスカウトに比べて温度感の高いものといえます。

希望する転職条件を設定しておくことで、このように企業の温度感も把握できますので、職務経歴や保有スキルと合わせて確実に登録しておきましょう。

スカウトサイトの利用でよくある質問

最後に、スカウトサイトを利用する際に、よくある質問についてまとめました。

スカウトサイトへの登録を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スカウトを受けた方が採用率が上がるのか

通常、スカウトの利用者は選考をクリアする可能性が高くなります。

求人企業は、求職者が登録した情報を元にオファーを行うので、書類選考は終了した状態と考えられます。

一般的に転職活動に比べると、書類選考で足切りにある確率が低くなるため、スカウトの方が先行の通過率が高いといえるでしょう。

ダイレクトスカウトとヘッドハンターからのスカウトの違いは?

ダイレクトスカウトは、採用担当者が直接求職者にオファーを送るという方式です。

採用担当者からのオファーは、他のスカウト方法よりも採用の可能性が高いオファーと言えます。

一方で、スカウトハンターからのスカウトとは、企業から任命されたヘッドハンターが発信するオファーを指すのです。

企業からスカウト業務を委託されているプロによるスカウトですので、ダイレクトスカウトに比べるとやや採用の確度は下がるものの、質の高いオファーを受けることもできます。

ただし、ヘッドハンターの質によって、選考通過の確度が下がることもありますので、より信頼性の高いヘッドハンターが所属するスカウトサイトの利用がおすすめです。

職種・業種未経験でもスカウトを利用できますか?

未経験の職種や業界でも、スカウトサイトの利用には何の問題もありません。

しかし、スカウトを受け取る機会が大きく減ることを覚えておきましょう。

企業はあくまでも即戦力のスカウトを目標にしているケースが多く、未経験から育成していくことは考えにくいです。

特に、スカウトを駆使した初めての職種への転職は、かなり難度が高いと思われます。

一方で、前職の経験や持っているスキルが、特定の職業や業界と相性が良い場合、未経験でもスカウトが来る可能性があります。

スカウトでも不採用になることはありますか?

スカウトから選考に進んだ場合でも、採用されないケースもあります。

スカウトはあくまで登録した情報に基づいてオファーをするため、審査の過程で要求する能力と違うと判断された場合、採用されない可能性があることは覚えておきましょう。

現職の企業に転職がバレるますか?

一部のスカウトサービスでは、現在の職場への転職が発覚するケースもあります。

ほんとんどの場合は、氏名や住所などの個人情報は公開されません。

しかし、学歴情報や職歴などで、転職活用がばれてしまう可能性もあります。

現職企業に転職をしていることがバレないためには、特定の企業をブロックする機能を活用することがおすすめです。

また、個人が特定されないように、職務経歴等を抽象化して記述することもポイントです。

まとめ

今回は、転職を目指すクラウドエンジニアに向けて、スカウトサービスの選び方や、より質の高いスカウトを受け取るためのポイントについて解説しました。

転職をスカウトを利用して進める際、自分の条件にぴったりの高品質なスカウトを得ることが大切です。

今回ご紹介したスカウトサイトの選び方の基準を参考に、ぜひ転職に利用してみてください。

クラウドエンジニアの転職におすすめなスカウトサービス3選
【第1位】リクルートダイレクトスカウト(公式:https://directscout.recruit.co.jp/ 
企業からのスカウトを直接受け取れるダイレクトスカウトサービス
ハイキャリアにも対応し、若手からベテランまでの幅広い年代の転職をサポート。
【第2位】ビズリーチ(公式:https://www.bizreach.jp/
企業やヘッドハンターから良質なスカウトを受け取れるハイクラス向けスカウト
30代から50代が多く、経営幹部や管理職、プロフェッショナル人材向けの案件を多数保有。
【第3位】Green(公式:https://www.green-japan.com/
企業と直接コンタクトをとれるアプローチ機能を持つ転職エージェント。
企業の話を気軽に聞けるカジュアル面談で、転職先の雰囲気を把握しやすい。