Javaエンジニアの年収は?他言語との比較や年収アップの方法を解説

最終更新日:
Javaエンジニア
Javaエンジニアとして働いているけど、自分の年収って適正なの?
Javaエンジニア
雇用形態で年収に差が出ることもあるの?

2022年に発表されたpaizaの調査によると、Javaエンジニアの平均年収は589万円でした。

DAI
ただし、年収は所属する会社の平均給与や、マネジメント経験の有無や、経験年数で大きく変動します。なので、言語ごとの平均年収年収は、あまり参考になりません。

この記事では、Javaエンジニアとしての年収が気になっている方に向けて、

  • 雇用形態ごとの年収(フリーランス / 正社員)
  • 役職ごとの年収
  • 具体的に年収上げる方法

について解説します。

DAI
年収相場を理解することで、自分の市場価値も理解すると、今の給与が本当に適正なのか判断できます。現職での給与アップが妥当なのかや、フリーランスで独立した際に、年収を上げられるのか、判断しやすくなります。

ただ、実際に自分のスキルや経験が、転職市場やフリーランス市場で、どれくらい評価されるべきものなのかピンと来ないという方もいるでしょう。

そんな人はフリーランスエージェントのキャリアコンサルタントに、自分の経歴やスキルセットを評価してもらうのがおすすめです。

フリーランスエージェントとは、フリーランスのエンジニアとプロジェクトにリソースを必要としている企業をつないでくれるサービスです。

エージェントは登録者に対して無料でカウンセリングを実施しており、あなたのスキルをもとにどれぐらいの単価のオファーがあるのか、想定年収がどれぐらいになるのかを、具体的に教えてくれます。

特にレバテックフリーランスのような大手のエージェントであれば、多くの企業へフリーランスの紹介実績があるので、過去の事例や市況をもとに、エンジニアのスキルがどれぐらいの市場価値を持っているのかを熟知しています。

登録者数No.1/利用者の平均年収876万円のレバテックフリーランスがおすすめ

はじめてフリーランスエージェントに登録するなら、まずは登録者数No1のレバテックフリーランスに登録するのがおすすめ。自分の年収が本当に適正か診断してもらいましょう!

DAI
実は今の給与が低すぎるかもしれない、ということに気づけるかもしれませんよ。
  • 登録は1分!もちろん無料
  • 面倒な職務経歴書の作成は不要
  • 情報収集のための相談のみでもOK
とりあえず1分で無料登録してみる

Javaエンジニアの年収は?

paizaの調査によると、Javaエンジニアの平均年収は589万円でした。

平均年収はあくまでも指標であり、個人の年収はさまざまな要素によって、大きく変動します。具体的には以下のようなものです。

  • 職種
  • 経験年数
  • 雇用形態
DAI
他にもありますが、大きく分けると上記の3つが年収を決める大きな要素として関わってきます。

年収は職種によって大きく変わる

あくまでも一例ですが、開発系の職種だけでも以下のように細かく分類があり、より上流の経験があるほど、年収は高い傾向にあります。

  • PM
  • セールスエンジニア
  • システム企画
  • サーバーエンジニア
  • システムエンジニア
  • CTO
  • PdM
  • SRE
DAI
特に上流工程の経験の有無で、年収は大きく変わります。レバテックフリーランスの案件では、PMやPLといった職種の募集が多いので、経験がある方はぜひ登録して自分のスキルがどれくらいの市場価値を持っているのか評価してもらいましょう。

年収は実務経験で大きく変わる

一口にJavaエンジニアの平均年収と言っても、実務経験の長さでも大きく変わります。

※ポテパンフリーランスが提供しているJavaの案件単価のデータをもとに、経験年数に応じた年収を算出すると、以下のような結果になりました(あくまでも一例です。言語やや雇用先・雇用形態によっても変わります)。

実務経験1年〜3年 480万円〜
実務経験3年〜5年 600万円〜
実務経験5年以上 720万円〜

参照:ポテパンフリーランス

DAI
一般的にフリーランスエージェントの案件では、3年程の実務経験が求められる案件が多いので、3年以上の経験がある方は、案件の単価を見てみるのがおすすめです。

年収は雇用形態で大きく変わる

Javaエンジニアの年収は雇用形態でも大きく変わります。具体的には、以下のように分かれています。

  • 正社員
  • 派遣
  • フリーランス

それぞれメリット・デメリットがありますが、もっとも収入が高くなりやすいのはフリーランスです。

参考までに、レバテックフリーランスのJava求人の平均単価と最高単価から、年収を算出してみました。

  • 平均単価:68万円/月(年収換算:816万円)
  • 最高単価:165万円月(年収換算:1980万円)

上記を見ていただけるとわかりますが、各メディアや調査期間が出しているJavaの平均年収よりも高いです。

レバテックフリーランスに高単価の案件が多いことも理由のひとつですが、単価が高いのはフリーランス側が負うリスクも関係しています。

DAI
フリーランスは突然契約が終了してしまうリスクがあるため、保証的な意味もあり案件の単価は高めです。

企業側も正社員を採用するほどではないけど、育成コストなしで仕事を依頼できるメリットがあるため、今は多くのフリーランスがさまざまなプロジェクトで稼働しています。

DAI
メガベンチャーをはじめ、有名なIT企業の社員であれば、高い年収が期待できるかもしれませんが、それ以外の多くのケースでは、フリーランスになった方が年収が上がることがほとんどです。

まずは自分がフリーランスとしてやっていけるだけのスキルがあるのか、レバテックフリーランスに相談してみましょう。

言語別の年収の比較

paizaの調査によると、Javaエンジニアの平均年収は589.8万円でした。以下で言語別の比較をしているので、他言語との差を見てみましょう。

Scala 682.9万円
TypeScript 667.1万円
Go 659.0万円
Python3 644.7万円
Kotlin 644.1万円
Ruby 638.3万円
C++ 609.6万円
JavaScript 599.4万円
 Java 589.8万円
 Sass 581.2万円
PHP 580.4万円
Objective-C 578.0万円
C# 577.9万円
C 569.5万円
Perl 527.6万円
Visual Basic(VB.NET) 516.6万円

引用元:piaza

DAI
言語によって年収はまちまちですが、全体の平均年収からするとどれも上回っていることがわかります。

Javaエンジニアが年収を上げるには

Javaエンジニアが年収を上げるには、以下のような方法が考えられます。

  • 雇用形態を変える
  • 雇用先を変える
  • 職種を変える
  • 昇進する
  • 年収が高くなる実務経験を積む

それぞれの詳細について、以下で詳しく解説します。

雇用形態を変える

DAI
ある程度経験があるエンジニアが年収を上げたい場合、多くの人にとってもっとも良い方法がフリーランスになることです。

フリーランスになる

手っ取り早く収入を上げるには、フリーランスになるのがもっともおすすめです。

一般的な正社員エンジニアはどんなに成果を出しても、給与アップには限界がありますが、フリーランスになることで、一気に単価を上げられる可能性があります。

なぜ雇用形態が変わるだけで、それほど収入が増えるのかと思うかもしれませんが、これはフリーランスが負うリスクに起因しています。

正社員は一度採用されると、法律的に雇用が守られる存在ですが、フリーランスは悪く言えば、いつでも切れる存在です。

企業側は正社員を雇うリスクを取るよりも、単価が高くてもフリーランスを使おうという判断をすることも多く、現在は多くのプロジェクトでフリーランスが稼働しています。

DAI
システム開発を企業に依頼すれば、1人あたり100万円/月ほどのコストは普通なので、フリーランスの単価が高いのも、納得できるのではないでしょうか?

雇用先を変える

DAI
雇用先を変えることも有効な手段のひとつです。年収に不満を感じていたり、スキルセットが正当に評価されていないと感じたりするのであれば、転職をするのも手です。

オファー金額の高い企業で働く

今よりも想定年収の高い企業で働くことでも、年収アップが期待できます。

あくまでも傾向ですが、ベンチャーよりも大企業の方が高い年収をもらえる可能性は高まります。

大企業は自社サービスから利益を得ていたり、元請けとして案件を受注していたりするので、必然的に利益が大きくなります。

収益は従業員にも還元されやすく、企業の規模に比例してエンジニアの収入も上がりやすいので、大企業への転職も年収をアップする手段として有効です。

DAI
SESやベンチャー企業で働いていて収入に不満がある人は、一度の大企業求人を見てみるのもおすすめです。

複数の口コミサイトを調査してみましたが、メルカリなどの大企業で働くエンジニア年収の中央値は、1,000万円を超えているケースも多かったです。

職種を変える

DAI
広義の意味でのエンジニアは、さまざまな職種に分類されます。より上流工程を担当する職種につくことで年収は上がりやすくなるので、自身のキャリア設計を考えたうえで最適な職種を検討してみましょう。

PGからSEになる

いちばんわかりやすい例として、プログラマーからSEへと職種を変えることで、年収アップが期待できます。

それぞれを平均年収で比較すると、おおむね以下のような金額です。

  • PGの平均年収:548万円
  • SEの平均年収:627万円

※上記の数値は厚生労働省発表の賃金構造基本統計調査(2019)のデータをもとに「現金給与額×12カ月+年間賞与支給額」で年収を算出しています。

参考:賃金構造基本統計調査 (2019)

プログラマーは、アプリやソフトウェア開発におけるコーディングをすることがメインの業務ですが、SEは企画・設計が主な業務です。

担当領域がより上流になるので、経験を積むことで市場価値が上がり、年収も上がりやすいというメリットがあります。

PdMになる

PdMになることでさらなる年収アップが期待できます。

SEの平均年収が627万円とお伝えしましたが、PdMになるとさらに上がり、平均年収は700万円ほどです。

PdMは製品やサービスの販売戦略までに責任を持ちます。市場のニーズを正確に把握することも求められるので、ビジネス的な視点も欠かせません。

プロダクトの成功に大きな影響を与えるポジションなので、経験者の年収は高額になりやすいのが特徴です。

昇進する

DAI
職種変更とも近いですが、昇進して役職がつくことでも年収は上がります。特にチームマネジメントを担うEMやCTOなどの経験があれば、エンジニアとしての市場価値は上がります。

EMになる

EM(エンジニアリングマネージャー)は技術チームを率いるリーダーで、プロジェクトの計画、実行、監督者としての役割を担います。

高い開発スキルを持つことはもちろん、リソース配分など効率的なオペレーション構築ができることが求められるので、EMの経験者は市場価値が上がりやすく、年収にも直結しやすいといえます。

CTOになる

CTOになることでも年収アップが期待できます。

エンジニアリングチームの構築、カルチャーの形成、技術スタックの選択など、CTOはさまざま役割を担い、それぞれの業務に責任が発生します。

企業の規模や成熟度によってもその役割は変わりますが、特に大企業であれば、高度な意思決定にも携わるため、その市場価値の高さは折り紙つきです。

年収が高くなるような実務経験を積む

年収が高くなるような経験を積むことでも、年収は上がりやすくなります。具体的には上流工程と呼ばれる業務の経験を積むのがおすすめです。

要件定義ができるようになる

実務の観点からは、要件定義や設計の経験を積むことが、一番年収を上げやすい方法です。

要件定義はプロジェクトの方向性を決定する重要なプロセスです。新しいサービスを立ち上げる際に、何が必要で、どのように開発を進めるべきかを定義します。

スキルを身につけてプロジェクトの成功に不可欠な存在となれば、それがあなたの市場価値を高めることにつながります。

チームマネジメントの経験を積む

チームマネジメント経験の有無も年収に直結します。

チームリーダーやマネージャーとして、プロジェクトの進行管理、メンバーの成長支援、目標達成への動機付けができるなど、リーダーシップ能力が評価されれば、年収アップへの道が開けるはずです。

コードレビューの経験を積む

コードレビューはチームのコード品質を高め、結果として製品の安定性を向上させる開発に不可欠なプロセスです。

パフォーマンスに影響する重い処理がないかなど、技術的な観点からコードを評価しますが、これは単なるコードの評価ではなく、フィードバックを通じたコミュニケーションのトレーニングにもなります。

建設的なフィードバックができるエンジニアは、チームのモチベーションを高め、より協力的な文化を築くことができるため、重宝されます。

結果的に年収にも繋がりやすいので、経験を積んでおいて損はありません。

顧客との折衝経験をつむ

技術だけではなく、顧客とのコミュニケーション能力もエンジニアにとっては貴重なスキルです。

特に顧客のニーズを理解し、それを技術的なソリューションに落とし込むことができれば、ビジネスの前線で活躍しやすく、年収アップにもつながる可能性があります。

マーケティングやCSなどのビジネス経験をつむ

マーケティングやカスタマーサクセス(CS)など、ビジネス系の業務経験を積むこともおすすめです。

開発技術だけではなく、製品が市場に受け入れられるためにはどうあるべきか、顧客満足度を高めるには何が必要かなど、ビジネスの視点からプロジェクトに取り組む経験は、あなたの視野を広げ、より大きなチャンスにもつながります。

エンジニアに限ったことではありませんが、ビジネスを推進してプロジェクトを成功に導くことができる人の市場価値は非常に高いです。

Javaエンジニアの年収アップにはフリーランスがおすすめ

年収アップの観点から見ると、Javaエンジニアはフリーランスになるのが、もっともおすすめの方法です。

企業にとって、フリーランスは雇用期間の定めがなく、プロジェクト単位での依頼ができる存在のため、採用リスクが少ないというメリットがあります。

フリーランス側からすると、いきなり契約が終了するリスクもありますが、負ったリスクのぶんは単価として反映されやすく、正社員と比較しても年収が上がりやすい傾向があります。

自己管理能力と専門性を持っていることが前提ですが、それに見合った収入とキャリアの自由度を手に入れられるのが、フリーランスの最大の魅力です。

DAI
とはいえ、同じプロジェクトしか経験していなかったり、1社でしか働いていなかったりしたら、自分にフリーランスとしてやれるだけのスキルが備わっているかわからないですよね?

そんな人こそ、まずはフリーランスエージェントのキャリアコンサルタントに自分のスキルセットを評価してもらうのがおすすめです。

登録者数No.1/利用者の平均年収876万円のレバテックフリーランスがおすすめ

はじめてフリーランスエージェントに登録するなら、まずは登録者数No1のレバテックフリーランスに登録するのがおすすめ。自分の年収が本当に適正か診断してもらいましょう!

DAI
実は今の給与が低すぎるかもしれない、ということに気づけるかもしれませんよ。
  • 登録は1分!もちろん無料
  • 面倒な職務経歴書の作成は不要
  • 情報収集のための相談のみでもOK
とりあえず1分で無料登録してみる

Javaのフリーランス案件例

エンジニア
実際の案件を見てみないと、年収の話をされてもあまりピンとこないな。

エージェントに登録することを迷っている人のために、実際の案件も紹介していきます。

以下に2つほど案件例を掲載しますので、自分にも対応できそうかなど、ぜひ参考にしてみてください。

案件例1

案件名 【Java/フルリモート】ECサイト開発の求人・案件
月単価 〜65万円
職務内容 ・ECサイト開発案件に携わっていただきます
・主にJavaを使用して要件定義からテストまでご担当いただく予定です
・具体的な作業は以下の通りです
– ECサイトの新規開発及び保守
– スマートフォン・タブレットアプリ開発
求めるスキル ◎求めるスキル
・Javaでの開発経験5年以上
・Springのご経験
◎歓迎スキル
・ECサイト案件のご経験
・Objective-C、C#のご経験
・Oracle、Redis、Hbase、Solr、MariaDBのご経験

案件例2

案件名 【Java】EC基盤データ統合開発案件
月単価 〜60万円
職務内容 ・某繊維会社向けプロジェクトです。
・共通基盤に約200本アプリがあり、Oracle環境からAWS環境への移行と統合をしております。
・想定している作業は下記です。
-認証方式変更
-複数チームに分かれてのWF開発
-Javaでの詳細設計~開発
-リファクタリング
-パフォーマンスチューニング
求めるスキル ◎求めるスキル
・SEもしくはPGの経験3年以上
・Javaでの詳細設計~開発の経験2年以上
・Web開発経験2年以上
・Oracleでのテーブル参照、作成経験
◎歓迎スキル
・SpringBoot、Struts 、Seasar2のいずれかを用いた開発経験
・オンプレミスからクラウドへの移行経験 ・DB設計経験
DAI
仮に上記の案件には対応できなそうでも、フリーランスエージェントは大量の非公開案件を保有しているので、まずはエージェントに登録してどんな案件があるか見てみるのがおすすめです。

Javaエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント

フリーランスエージェントのカウンセリングを受けることで、あなたがフリーランスになると、どれぐらいの年収がもらえるのか診断してくれます。

結論、まずはレバテックフリーランスに登録するのがおすすめです。

レバテックフリーランスは業界最大手のエージェントで、公開・非公開含め、大量の案件を保有しています。

DAI
エージェントは多くのフリーランスと企業の情報を持っているので、あなたのスキルがどれくらいの市場価値を持っているのか、どのような案件を受注しやすいのかをはっきりと教えてくれます。

レバテックフリーランス以外では、以下のようなエージェントがおすすめです。

  • ITプロパートナーズ
  • HiPro Tech

それぞれの特徴を表にまとめているので、どんな案件があるか気になる人は参照してみてください(表は左右にスクロールできます)。

公式サイト 稼働日数
(目安)
特徴
レバテックフリーランス https://freelance.levtech.jp/ 週4〜5日 ・エンジニア系案件に特化
専門性が高く、技術やキャリア相談もOK
案件数が多く、単価水準も高い
ITプロパートナーズ https://itpropartners.com/ 週1〜5日
平日夜・土日
週1日〜など稼働日数の少ない案件あり
副業できる在宅案件を探している人向け
HiPro Tech https://tech.hipro-job.jp/ 週3~5日 週3日~の案件多数
・大手企業が運営しているので安心感がある

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスHP

公式サイト:https://freelance.levtech.jp/

運営会社
レバテック株式会社
公開求人数
(現在募集中の案件)
58661件 (2023年12月17日現在)
Javaの
公開求人数
12040件 (2023年12月17日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
強み・週4日~稼働の案件、リモート案件多数
(週3日以内の案件はハイスキルが必要)
・カウンセラーの専門性が高く、幅広く相談に乗ってくれる
・高単価な案件が多い
公式https://freelance.levtech.jp/

DAI
レバテックフリーランスは高単価の案件を受注したい方、必見のエージェントです。

レバテックフリーランスの主な特徴としては、以下の3つがあります。

  1. 業界最高水準の案件単価
  2. キャリアコンサルタントによる手厚いサポート
  3. 案件数が多い

業界最高水準の案件単価

レバテックフリーランスは、高単価案件を数多く取り揃えています。そして、そのほとんどが中間業者を挟まない「直請案件」です。

DAI
中間業者に余計なマージンを取られずにフリーランスに還元することで、高単価な案件を実現しています。

キャリアコンサルタントによる手厚いサポート

※レバテックフリーランス公式サイトより引用(公式:https://freelance.levtech.jp)

IT人材サービスを多く手掛けるレバテックだからこそ、IT業界に精通したプロのエージェントによるサポートを受けられます。

DAI
誰がどの案件をサポートしているかも一目でわかるので、安心して相談できますよ。

案件数が多い

レバテックフリーランスでは、エンジニアの案件を数多く取り扱っています。

幅広い業種の案件や、高単価の案件を受注したい方は、レバテックフリーランスの活用を検討してみましょう。

注意:レバテックフリーランスは、経験者向けの週4日以上稼働案件を多く取り扱っています。週に3日以下稼働の副業可能な案件については、高いスキルと実務経験が必須です。エンジニア未経験の方や現在会社員の方への副業は紹介できないのでご注意ください。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

ITプロパートナーズ

公式サイト:https://itpropartners.com/

運営会社
株式会社Hajimari
公開求人数4396件 (2024年05月20日現在)
Javaの
公開求人数
857件 (2024年05月20日現在)
マージン率非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
働き方週2-3案件、リモート案件多数
公式https://itpropartners.com/

DAI
『ITプロパートナーズ』は、リモートワークの働き方に興味があり、特にベンチャー企業やスタートアップで働きたいという人におすすめです!

ITプロパートナーズの主な特徴として、以下の2つがあります。

  1. 『直請案件』だからこその高単価
  2. リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

『直請案件』だからこその高単価

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズで取り扱っている案件は『直請案件』が多く、他のエージェントよりもその比率が高い傾向にあります。

※直請案件とは、間に仲介会社を挟まず、直接クライアントと契約している案件のことを指します。

DAI
正直、ほとんどのフリーランスエージェントがマージン率を公開していないため、フリーランスの取り分や、単価がいいのかを事前に知ることが難しいのが現状です。

『直請案件』が多いかどうかは、高単価な案件を取り扱っているのかどうかの指標になります。

マージン率が非公開でブラックボックス化しているからこそ、過剰な報酬の中抜きが発生していないという点は魅力です。

リモート、週1~2日から稼働OKの案件多数

ITプロパートナーズ公式サイトより引用(公式:https://itpropartners.com/

ITプロパートナーズの大きな魅力として、週1~2日から稼働OKの案件が多いという点があります。

他のフリーランスエージェントでは、最低稼働日数は週3・4日〜の案件が一般的で、その多くは常駐案件です。

一方のITプロパートナーズは、リモート案件も多いので、ライフスタイルに合わせた稼働がしやすく、副業的に働きたいという方との相性が良いエージェントです。

DAI
また直請け案件ならではの高単価も大きな魅力です!メインの仕事で自分のやりたいことを優先して、ITプロパートナーズ経由で生活費を稼ぐという働き方もアリですね。

注意:ITプロパートナーズは週1日から稼働可能な案件の紹介が可能なものの、会社員の方への副業は紹介できません。

HiPro Tech

画像は公式サイト(https://tech.hipro-job.jp/  )より引用

運営会社
パーソルキャリア株式会社
公開求人数3673件 (2024年05月21日現在)
Javaの
公開求人数
537件 (2024年05月21日現在)
フルリモート可能な
公開求人数
1663件 (2024年05月21日現在)
マージン率非公開
対応地域首都圏中心
特徴週3日から稼働OK、リモートOK案件多数
公式https://tech.hipro-job.jp/

DAI
HiPro Techは、高単価な上場企業やメガベンチャーの案件が豊富なエンジニア特化型エージェントです。

HiPro Techではエンジニア向けの案件を多く扱っており、特に大企業の高単価案件を多数扱っているのが特徴です。

DAI
案件のほとんどが直請けなので、余分なマージン(手数料)もなし。エンジニアに特化しているからこそIT業界の理解が深く、案件のミスマッチが起こりにくい点も大きな魅力です!

公開求人数は少ないものの、リモート・週3案件の比率も高めです。「できるだけ高単価な案件が欲しい」「柔軟な働き方をしたい」というエンジニアはぜひ登録しておきましょう。

DAI
ただし、保険・税務などの福利厚生サービスはないので、「レバテックフリーランス」など他のエンジニア向けエージェントと複数登録するのがおすすめです!

よくある質問

Javaエンジニアの年収に関する、質問をまとめました。

記事内で紹介している内容もありますが、改めて確認しておきましょう。

Javaエンジニアとしての年収が低い・上がらない理由は?

SESやベンチャー企業で働いている方で、今の年収が低くて不満があるという人もいるのではないでしょうか。

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、開発リソースが必要なクライアント企業にエンジニアを派遣するサービスです。

SESはそのビジネスモデル上、IT業界特有の多重請負構造に巻き込まれやすく、下流にいくほど中間マージンの中抜きの比率が大きくなります。

元請けに近いところで、仕事ができているのであれば影響は少ないかもしれませんが、特に2次請け、3次請けのSESから派遣されるエンジニアの給与は低くなりがちです。

Javaエンジニアとして年収1,000万円を目指せる?

IT業界におけるJavaエンジニアの年収は、以下のような項目によって決まります。

  • スキルセット
  • 経験
  • 役割
  • 働く企業
  • 雇用形態
  • 市場状況

年収1,000万円を目指すことは決して不可能ではありませんが、そのためには上記のどの視点を重視するか、自分のキャリアプランを考慮したうえで決めましょう。

まとめ:Javaエンジニアとして年収を上げたいなら

Javaエンジニアとして年収を上げたいのであれば、まずは自分の市場価値を知っておきましょう。

レバテックフリーランスに登録してカウンセリングを受ければ、フリーランスになるとどれぐらいの年収がもらえるのかがわかります。

職務経歴書など面倒な書類の作成も不要なので、まずは気軽に登録してみましょう。

登録者数No.1/利用者の平均年収876万円のレバテックフリーランスがおすすめ

はじめてフリーランスエージェントに登録するなら、まずは登録者数No1のレバテックフリーランスに登録するのがおすすめ。自分の年収が本当に適正か診断してもらいましょう!

DAI
実は今の給与が低すぎるかもしれない、ということに気づけるかもしれませんよ。
  • 登録は1分!もちろん無料
  • 面倒な職務経歴書の作成は不要
  • 情報収集のための相談のみでもOK
とりあえず1分で無料登録してみる