最終更新日:2021/08/14

≪DAINOTE編集部推薦!まず登録するべきおすすめのフリーランスエージェント2選≫

【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェントです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

今回はフリーランスについて解説いたします。

どのような仕事があるのか、稼げるのかなど、さまざまな疑問にも答えていきます。

DAI
この記事を参考にして、フリーランスへの第一歩を踏み出してみましょう!

フリーランスって?需要はあるの?

DAI
まずはフリーランスについて解説します。

フリーランスとは?

フリーランスとは、会社や団体に所属せずに個人でクライアントから仕事をもらって生計を立てていく職種のことです。

会社員からフリーランスになる方もいらっしゃいます。

需要はあるの?

DAI
最初に申し上げますと需要はあります。

現在、新型コロナウイルス防止の観点から働き方が変わってきています

リモートワークが増え、そこで浮いた時間を副業やフリーランスとしての時間に充てる方も増えています。

企業から見ても固定費のかからないフリーランスはとても需要があります。

フリーランスの働き方はどんなのがある?

フリーランスの働き方は大きく分けて以下の通りです

  • 独立系
  • 副業系
  • 自由系

独立系

独立系とは個人事業主または1人で法人経営している方です。

例えば税理士や弁護士などの個人事務所を持っている方ですね。

ドラマや映画で度々登場するので憧れを持っている方もいるのではないでしょうか?

副業系

副業系とは会社員などをしながら空いた時間で業務をする方です。

スキマ時間をうまく使い自分に合った働き方を目指せます。

1番ハードルの低いフリーランスとしての働き方ではないでしょうか?

自由系

自由系とは企業との雇用関係がない独立した方です。

例えばブロガーやYouTuberなどですね。

自分の好きなことをできたり、人気のフリーランスではあります。

フリーランスにはどんな種類の仕事があるのか?内容も解説!

ここまでフリーランスについて解説しましたが、ここからはフリーランスの仕事の種類についてお話しします。

まとめると以下の種類の仕事があります。

  • エンジニア系
  • クリエイティブ系
  • マーケティング系

さらに細かく種類があるので

  • 仕事内容
  • 収入
  • 必要なスキル

上記の3つに絞って詳しく解説をしていきます。

DAI
では順番に解説していきます!

フリーランスの仕事①:エンジニア系

エンジニア系はパソコンを使ってアプリやWebサイトの開発などを行います。

専門知識が必要になりますが、単価が高く、案件も多めです。

エンジニアを大まかに分けると以下の通りです。

  • Webディレクター
  • Pythonエンジニア
  • Rubyエンジニア
  • ゲームエンジニア
  • インフラエンジニア
DAI
順番に見ていきましょう!

Webディレクター

DAI
まずはWebディレクターについてご説明します。

Webディレクターの仕事内容は?

Webディレクターとは、Webコンテンツ・アプリ・サイト制作の全体管理するお仕事です。

エンジニアやデザイナーやマーケター、ライターなど、プロジェクトに関わる人すべてとコミュニケーションを取る必要があります。

なので幅広い知識が要求されます。

Webディレクターの収入は?

月単価相場は40万〜60万円ほどです。

年収換算すると480万〜720万円ですね。

中には年収1000万のWebディレクターの方もいるようです。

Webディレクターに必要なスキルは?

Webディレクターはあまり高い専門知識を求められるわけではありません。

  • クライアントやスタッフと円滑なコミニュケーションを取るためのコミュニケーション能力
  • プロジェクトを予定通り進めるスケジュール管理能力
  • プロジェクト内の情報を正確に共有するための総括・整理能力

上記のスキルが必要になってきます。

開発スキルやデザインスキルが直接必要になるわけではありませんが、クライアントとスタッフとの橋渡しとなるので、最低限の知識は必要になってきます。

DAI
Webディレクターは非常に人気の高い職種です。

Pythonエンジニア

DAI
Pythonエンジニアについてご説明します。

Pythonエンジニアの仕事内容は?

簡単に言うと2種類あります。

  • Pythonを使ったシステムの設計やプログラミングを行うプログラマー
  • Pythonを用いたビッグデータ分析などの大規模な統計解析、データアナリティクスなどのデータサイエンティスト

どちらも需要があり、企業からも求められている職種です。

Pythonエンジニアの収入は?

フリーランスのPythonエンジニアの年収平均は約600万円ほどです。

とはいえ年収には幅があるので中には年1200万円稼ぐ方もいるそうです。

DAI
Pythonエンジニアは希少性が高く、将来的には収入アップも見込めます。

Pythonエンジニアに必要なスキルは?

基本的には以下の知識が必要になります。

  • Python
  • SQL
  • 機械学習・深層学習
  • 統計学

しかし案件を獲得するためには+αでスキルがあると良いでしょう。

分散処理ライブラリHadoopなどを活用した開発やデータ処理、マーケティング領域の知見があれば案件獲得に期待ができます。

Rubyエンジニア

DAI
次はRubyエンジニアを見ていきましょう。

Rubyエンジニアの仕事内容は?

Rubyエンジニアのお仕事は、Rubyを使ったWebサイト開発・SNS開発・アプリ開発です。

Rubyは日本人の方が開発したということで人気の言語です。

手軽に開発できる面からスタートアップ企業などで使われています。

Rubyエンジニアの収入は?

単価相場は月70万円~100万円ほどです。

年収に換算すると840万円~1200万円ほどになります。

また、単価が徐々に上がっているので需要が増している証拠です。

Rubyエンジニアに必要なスキルは?

Rubyを使ったシステム設計ができなくてはいけません。

また、Rubyは新規事業に用いられることが多く、プロジェクトマネージャーという管理職レベルの案件獲得の可能性があります。

そのためには、マネジメント能力&コミュニケーション能力チームワーク力などのスキルがあると良いです。

DAI
Rubyは人気が上がっている言語なので案件獲得のチャンスも多いです。

ゲームエンジニア

DAI
ゲームエンジニアについて説明します。

ゲームエンジニアの仕事内容は?

ゲームエンジニアは企業から提示された仕様書などに沿ってゲームを制作していきます。

ゲームクリエイターと打ち合わせをしながら一緒にゲームを制作する場合もあります。

ゲームエンジニアの収入は?

月の単価相場はだいたい30万~65万円ほどです。

年収でいうと360万円~780万円くらいです。

開発したゲームがヒットすればボーナスがもらえることが多いようです。

ゲームエンジニアに必要なスキルは?

制作するゲームによってプログラミング言語が違います

なので全ての言語をマスターするのではなく、どれか1つをマスターし自分の強みにすると良いでしょう。

他にも企業やゲームクリエイターとコミュニケーションを取るためのコミュニケーション能力。

また高負荷対策の経験があるとかなり有利になります。

DAI
高負荷対策経験のあるエンジニアは非常に需要があります。

インフラエンジニア

DAI
インフラエンジニアについてご説明します。

インフラエンジニアの仕事内容は?

インフラエンジニアのお仕事は3つに分かれています。

  • 設計
  • 構築
  • 運用

様々な仕事があり、これに加えて保守・監視がある場合もあります。

インフラエンジニアの収入は?

月単価相場は25万円〜80万円ほどで、経験年数によって左右される傾向にあります。

経験や年数を積んでいけば単価も高くなり、年収1000万円を目指すこともできます。

インフラエンジニアに必要なスキルは?

ネットワークやサーバー全般のスキルが必要になってきます。クライアントによって扱うOSが違うので全てを熟知しろとはいいませんが、主流であるWindows、Linux、UnixはUnixはおさえておいたほうが無難でしょう。

また最近はインフラをクラウド上に構築する設計も多いので、クラウド関連の知識もあると良いでしょう。

フリーランスの仕事②:クリエイティブ系

クリエイティブ系はデザイナーやカメラマンなどのクリエイターです。

ハードルは比較的低めで、収入アップも見込めます。

具体的には以下のようなお仕事があります。

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • カメラマン
  • インスタグラマー
DAI
順にご説明していきますね!

Webデザイナー

DAI
まずはWebデザイナーについてご説明します。

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーはクライアントから依頼されたWeb制作のデザインをします。

DAI
いかにクライアントのイメージ通りにWebをデザインしていくかが、腕の見せどころですね。

Webデザイナーの収入は?

月単価は20万~35万円ほどです。

少し低いと感じるかもしれませんが、続けていくことで収入アップしやすい職種ではあります。

Webデザイナーに必要なスキルは?

Webデザイナーはデザインについての知識はもちろんデザインツールを使いこなす必要があります。

最低限IllustratorPhotoshopは使えるようにしておきましょう。

また、プログラミングの知識があると良いでしょう。

プログラミングの知識があることによってWebデザインの表現の幅が非常に広がります

DAI
長く続けることで収入もキャリアもアップが見込めますね!

グラフィックデザイナー

DAI
次にグラフィックデザイナーについて説明します。

グラフィックデザイナーの仕事内容は?

クライアントから提示されたイメージをもとにデザインを生み出していきます。

広告やポスターパッケージメニュー表など様々なものがあります。

グラフィックデザイナーの収入は?

単価があまり高くないので年収はだいたい300万〜400万円ほどです。

しかしグラフィックデザイナーとして活躍し名をあげることができれば、1000万超えの年収も夢ではありません。

グラフィックデザイナーに必要なスキルは?

まずはデザインアプリケーションを使いこなすことです。

Adobe社のIllustratorPhotoshopは基本です。

他にもデザイン能力や美的センス書体やフォントに関する知識もあると表現できる幅が広がりますね。

カメラマン

DAI
次にカメラマンについてご説明しますね。

カメラマンの仕事内容は?

カメラマンの仕事は写真を撮ることはもちろんですが、内容は多岐に渡ります。

結婚式広告スポーツグラビアなどたくさんの種類があります。

カメラマンの収入は?

カメラマンの収入は月25万~66万円ほどです。

年収に換算するとだいたい300万~800万円くらいになります。

クライアントの専属カメラマンになると安定して収入を得ることができます。

カメラマンに必要なスキルは?

必要なスキルは写真を撮ることだけではありません。

クライアントが求めている理想通りに写真を撮らなければなりません。

そのためには自分で得意分野を作ると良いでしょう。

得意分野を作ることで実力をつけることができ、クライアント確保にも繋がりやすくなります。

インスタグラマー

DAI
最後にインスタグラマーについてご説明します。

インスタグラマーの仕事内容は?

インスタグラマーの仕事内容は、企業からのPR案件や撮影案件などです。

商品やサービスなどをフォロワーなどに紹介することで、企業の製品やサービスのCMになります。

インスタグラマーの収入は?

案件単価は1万〜5万ほどです。

少し低いと感じるかもしれませんが、案件を多く獲得することで年収100万〜400万ほどになります。

また、フォロワーの数が多ければ多いほど単価も上昇します。

フォロワーが多い場合、年収1000万ほどの方もいるようです。

インスタグラマーに必要なスキルは?

基本は影響力です。影響力はフォロワー数に比例するので、まずは地道にフォロワーを増やす必要があります。

また、映える写真を撮る技術も必要ですね。

フリーランスの仕事③:マーケティング系

マーケティング系はフリーランスとして独立しやすく、他と比べて案件の獲得もしやすい傾向にあります。

具体的には以下のようなお仕事です。

  • Webライター
  • ブロガー
  • データサイエンティスト
DAI
順に解説していきます!

Webライター

DAI
まずはWebライターについて解説していきます。

Webライターの仕事内容は?

Webライターのお仕事は、企業HP掲載のコラム記事や商品の説明文の執筆です。

比較的難易度も低く、挑戦しやすい職種です。

Webライターの収入は?

Webライターは経験年数によって単価が変わります。

初めての場合ですと1案件あたり1000円ほどです。

しかし経験年数が上がりハイレベルな内容になると、1案件5万〜20万ほどになります。

しっかりと経験を積むことが重要です。

Webライターに必要なスキルは?

Webライターは物事を正確に伝える必要があります。

なのでまずはクライアントが何を伝えたいのかを正確に読み取る力が必要になります。

ターゲットを決め、その人にきちんと届けたいという気持ちが大事です。

ブロガー

DAI
次にブロガーについて説明していきます。

ブロガーの仕事内容は?

ブロガーは自分の詳しい分野の記事を執筆します。

そして、そこに載せた広告から収入を得ます。

ブロガーの収入は?

自分のサイトに載せた広告から収入を得るので、自分の実力次第です。

年収200万〜400万円ほどの人もいれば、年収1000万円ほど稼ぐ方もいます。

またブロガーで成功すると、セミナーや本の出版などの依頼も発生する場合があるので、その場合はもっと収入アップを見込めます。

ブロガーに必要なスキルは?

特に必須スキルはありません。

しかし、ライティングスキルやWebマーケティングスキルはあったほうが良いでしょう。

データサイエンティスト

DAI
最後にデータサイエンティストについてご説明します。

データサイエンティストの仕事内容は?

ビジネスでの課題を見つけ、解決への情報収集・分析を行うお仕事です。

また、分析結果をもとに課題解決への立案なども行います。

データサイエンティストの収入は?

1案件あたり50万〜150万と高めです。

年収は1000万円を超えるケースがほとんどです。

データサイエンティストに必要なスキルは?

まずはデータを収集し、まとめるアナリストとしての技術です。

これに加えてITスキルやデータベース・クラウドに関する知識も必要になってきます。

フリーランスになる前に

ここまで長くフリーランスについてご説明してきました。

しかし今すぐフリーランスとして活躍できるわけではありません。

きちんと自分の目標を持つことが、フリーランスとして成功させる近道でもあります。

  • 将来自分がどうなりたいか?
  • どうやってフリーランスとして始めるか?

フリーランスになる前に上記のことを考えておきましょう。

将来自分がどうなりたいか?

闇雲にフリーランスになるのはいけません。

「自分が将来〇〇になりたいから、今は××をして△△をできるようになろう」

という風に自分が今何をするのかを明確にしておきましょう。

DAI
目標を持っておいた方が将来キャリアアップや収入アップをする可能性が高いです。

どうやってフリーランスとして始めるか?

まずは今のお仕事を続けながら副業としてやってみるのがおすすめです。

実際にやってみると意外と大変さが見えてきます。

諦めたとしても副業としてやっていれば、今まで通り会社員に戻ることができます。

もちろんリスクはありますが、初めからフリーランスになるという選択肢もあります。

DAI
上記のことを考えながらフリーランスのスタート方法を決めましょう!

フリーランスのメリット・デメリット

次はフリーランスのメリットとデメリットについてお話しします。

ここは気になる人も多いのではないでしょうか?

詳しく解説していきます。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは以下の通りです。

  • 収入アップを期待できる
  • ワークスタイルを自由に決められる
  • 仕事を選べる
  • 時間を効率的に使える
DAI
詳しく説明していきます!

収入アップを期待できる

会社員の給料の中には各種税金が含まれています。

フリーランスの場合はそれらの税金がありません。

なので単純に収入が増えます

また、自分の実力に伴って単価が上がるので、収入アップを期待できます。

DAI
頑張ってスキルアップした分だけ収入アップが見込めます!

ワークスタイルを自由に決められる

会社員には固定のオフィスがある場合がほとんどです。

しかしフリーランスならば場所に気を取られることもありません。

自分のお気に入りの場所で仕事をすることができます。

DAI
通勤に時間を取られないというのは非常にメリットです。

仕事を選べる

会社員の場合は苦手な仕事をしなくてはいけない場合も多々あります。

しかしフリーランスはそんなことありません。

自分の好きな仕事や得意な仕事を選べます

自分の得意な仕事を選ぶことでキャリアアップにも繋がりやすくなります。

時間を効率的に使える

フリーランスは勤務時間や休憩時間にルールはありません

自分のパフォーマンスが低い時に無理に仕事をしても効率は上がりません。

気分転換にランニングや音楽鑑賞など、思いのままに時間を使うことができます。

自分の時間を自ら管理することで、時間を無駄なく効率的に使えます。

フリーランスのデメリット

フリーランスにはもちろんデメリットもあります。

  • 収入が安定しない
  • 福利厚生や健康保険・社会保険が不安
  • 確定申告をする必要がある

以上のようなデメリットが挙げられます。

DAI
具体的な回避策とともに説明していきます。

収入が安定しない

フリーランスは自分で営業をして、案件を獲得しなくてはいけません。

そのため案件が獲得出来なければ収入は低下します。

自分の仕事が収入に直結しますので、収入は不安定になってしまう場合もあります。

しかし、きちんと営業力をつけ安定的に案件を獲得することができれば収入は安定してきます。

DAI
まずは安定して案件を獲得できるようにしましょう!

福利厚生や健康保険・社会保険が不安

福利厚生や健康保険・社会保険は会社員にとっては当たり前と考える方も多いかと思います。

フリーランスには福利厚生はありません

また、健康保険や社会保険は自分で手続きをする必要があります。

この手続きはかなり大変です。

しかしこれにも回避策があります。

福利厚生や健康保険・社会保険の手厚いフリーランスエージェントがあります。

それらをうまく活用することで、会社員に近い待遇を受けられる場合もあります。

確定申告をする必要がある

会社員は給料から所得税などが引かれているのでほとんどの場合確定申告をする必要はありません。

しかしフリーランスはそれらの手続きも自分でやる必要があります。

確定申告の手続きは非常に複雑で大変です。

フリーランスエージェントを利用すればそれらの大変な手続きも手厚くサポートしてくれます。

DAI
サポートの手厚いフリーランスエージェントも最後に紹介しています!

フリーランスって稼げるの?

フリーランスは稼げるのか?

こちらについてははっきりお答えすることはできません。

ひとつ例を見てみましょう。

フリーランスエンジニア 会社員エンジニア
単価  70万円  55万円
年収 840万円

660万円

こちらはあくまで例となりますが、フリーランスの方が高い傾向にあります。

しかし先ほどデメリットをお話ししたように一概に稼げるとは断言できません。

自分のスキルをアップさせていくことでより安定して稼げるようになります。

フリーランスに必要なスキルはある?

先ほど職種ごとに必要なスキルをお話ししました。

職種に関わらずフリーランス全てに必要なスキルはあります。

  • 営業力
  • コミュニケーション能力
  • 忍耐力
  • それぞれの職種の専門知識

以上の内容はフリーランスとして活躍する場合に必要なスキルになるでしょう。

営業力とコミュニケーション能力は案件を獲得する際に必ず必要になります。

DAI
営業力とコミュニケーション能力の差で獲得する案件の量も変わってきます!

フリーランスというのは非常に孤独なものです。

同僚なんてものはなく、孤独を感じやすいので忍耐力が必要になります。

またフリーランスとして仕事する上で最低限の専門知識は必要になります。

自分がつきたい職種の必須スキルはマスターしておきましょう。

フリーランスの仕事を獲得するコツとは?

フリーランスは案件を獲得しなければ仕事はできません

では実際に案件を獲得するコツはあるのか?お話ししてきます。

  • 1つの企業で長期的に案件を受ける
  • 相性の良いエージェントを見つける

上記が案件獲得のコツです。

1つの企業で長期的に案件を受ける

短期的に案件を繰り返していると企業からはこんな風に思われてしまいます。

「短期的な案件を繰り返しているから、長期的なプロジェクトは放り出されてしまうのでは?」

「スキルが足りなくて、切られているのでは?」

このような認識を持たれては営業活動が極めて不利になってしまいます。

このような状態にならないように長期的な案件にも挑戦してきましょう。

相性の良いエージェントを見つける

フリーランスとして活動していくならば、エージェントを活用していきましょう

しかしエージェントならなんでもいい!というわけではありません。

自分に合った相性の良いエージェントを見つける必要があります。

  • サポートの手厚さ
  • 自分のやりたい職種の案件が豊富か

まずは上記の2点を見ながらエージェントを選びましょう。

見極める方法としては、面談時に自分のスキルセットで相性の良い企業を何件か挙げてもらいましょう。

相性がいい場合はその場でサラッと出てくることがほとんどです。

DAI
コツを掴んで案件を安定して獲得しましょう!

フリーランスで仕事をする前に準備することある?

フリーランスで活躍する前に準備をしなくてはなりません。

準備をしておくといざという時に役立ちます。

  • 保険内容の確認
  • 書類手続き
  • 仕事用の口座開設

上記の3つほどが必要な準備になります。

保険内容の確認

会社を退職してフリーランスになる場合は健康保険・年金の手続きが必要になります。

会社の任意保険を継続するか、国民健康保険にするか、どちらに加入した方が良いのか1度確認しましょう。

会社では厚生年金だったものを脱退し、国民年金に加入する必要があります。

こちらの手続きも忘れないようにしましょう。

書類手続き

フリーランスとして活躍していく上で青色申告を考えているのであれば「開業届」を提出しましょう。

青色申告の方が控除額が高く、30万円未満は経費にできるなどメリットがあります。

開業届を出していないと青色申告をすることができないので気をつけましょう。

仕事用の口座開設

必ずプライベート用と事業用の口座は分けるようにしましょう。

分けておくと購入したものがプライベート用なのか事業用なのか帳簿付けで迷う心配もありません。

後から見返した時にわかりやすいので、必ず口座は分けるようにしましょう。

フリーランスになるリスクはある?

フリーランスになる上でやはり気になるのはリスクですね。

もちろんフリーランスはノーリスクではありません

デメリットの点でもお話ししたように安定して案件獲得、収入を得るには努力が必要です。

しかしフリーランスになることで収入アップやスキルアップを見込めます。

全てはあなた次第です。

フリーランスで仕事・案件を獲得するのにおすすめなエージェント

フリーランスとして活躍する上で欠かす事のできないのはエージェントです。

エージェントをうまく利用することで案件が獲得しやすくなり、収入アップ・キャリアアップを見込めます。

≪DAINOTE編集部推薦!まず登録するべきおすすめのフリーランスエージェント2選≫

【第1位】レバテックフリーランス(公式:https://freelance.levtech.jp/
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ!
【第2位】Midworks(公式:https://mid-works.com/
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェントです。

【レバテックフリーランス】案件数が豊富なフリーランスエージェントサービス
案件数が豊富なIT向けフリーランスエージェント。業界最高水準の案件単価!高額案件・高収入を目指すならここ

【Midworks】ITフリーランスとして独立するなら!
福利厚生の支援が厚く、低マージン+単価公開でクリアな契約が可能!フリーランスとして働くことを少しでも不安を抱えているなら、まずは相談するのがおすすめのエージェント。

DAI
上記のエージェントを上手く利用してフリーランスとして活躍しましょう!

まとめ

この記事ではフリーランスについて解説してきました。

ここで紹介したフリーランス以外にもたくさんの職種があります。

この記事を参考にしてフリーランスとしての一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?