全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

この記事は、記事広告(アフィリエイト)です。このブログのアフィリエイト・ポリシーに準じています。

 

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。

「一億総スマホ時代」と呼ばれる昨今、Web・アプリ系コンテンツ市場は大きく拡大しています。同時に、Webデザイナーの需要や市場価値も高まってきました。サイトやアプリのデザインに興味がある未経験の人も増えてきたのでは?

Webデザイナーとしての確かなスキルをつければ、企業に就職ししなくても、在宅で仕事をすることも可能です。

今回は、未経験からWebデザイナーになって在宅で稼ぐために必要な知識を解説していきます。必要な知識からおすすめのWebデザイン・プログラミングスクールまでまとめているので、

  • 未経験だけどWebデザインに興味のある人
  • Webデザインを学んで手に職をつけ、在宅でも仕事ができるようになりたい人
  • Webデザイナーとしてフリーランスで稼ぎたい人

以上のような人々は必見です。

【はじめに】Webデザイナーになるにはどんなスキルが必要?

まず、Webデザイナーとして仕事を得るために必要なスキルを改めて紹介しておきます。

Webデザイナーとして案件を受注している人たちは、以下のような技術を使って「Webデザイン」していきます。

  • Photoshop(通称:フォトショ)
  • Illustrator(通称:イラレ)
  • Adobe XD
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Bootstrap
  • PHP
  • WordPress

Adobeのフォトショ、イラレはWebデザインの基本のキ

フォトショやイラレといった言葉は、初心者の人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。Adobe社の「Photoshop」「Illustrator」「XD」は、Webデザイナーになるならまずマスターすべき基本的なスキルです。

それぞれのツールでできることは微妙に異なります。

Photoshop(フォトショップ)では、写真や画像など、Webサイトやアプリ内で使用するクリエイティブの編集を行います。

Illustrator(イラストレーター)では、チラシやフライヤー、アイキャッチ画像、アイコン、ファビコンなど、あらゆる画像系のクリエイティブを美しく製作します。

XD(エックスディー)では、アプリやWebサイト内のビジュアルをデザインし、実際のサイトのようにボタンの動きなどをつけて構成を表現します。XDは、いわゆる「プロトタイプ」を作る「プロトタイピング」ツールです。

WebデザイナーはHTML、CSS、JavaScriptで「コーディング」する

Webデザイナーの仕事は、図形や文字配置を調整しながらデザインを考えるだけにとどまりません。作ったデザインを実際に「動く」ものにする技術があると、在宅でもしっかり稼げるようになります。

デザインを「動かす」作業を一般的に「コーディング」と呼びます。コーディングとは、もっと具体的に言えば、HTMLCSSJavaScriptなどのコンピュータ言語を記述し、プログラムすること。

HTMLを使って文字や画像を配置し、CSSを使ってそれらの配置・構成を決め、画面上に整理します。JavaScriptでポップアップウィンドウや検索・ソート機能をつければ、立派なWebサイトやアプリのフロント部分が完成します。

在宅で仕事を受注できるWebデザイナーは、HTML・CSS・JavaScriptといった基本的なデザイン系プログラミングテクニックを身につけ、フロントコーディング工程まで請け負います。在宅でも確実に仕事を得るには、是非会得しておきたいWebデザインスキルです。

コーディングスキルから派生して、jQueryBootstrapを知っていると、より効率的に美しいWebサイト・アプリが作れるようになります。プログラミング言語のひとつ「PHP」も、Webサイト・アプリの機能拡張には欠かせない主要言語のひとつ。網羅的に学んでおきたいですね。

「WordPress」を知っていることもWebデザイナーの大切な条件

WordPress(ワードプレス)はCMS(コンテンツ管理システム)の一つで、Webサイトの内容を管理するのに使用します。このブログのコンテンツ管理にもWordPressを使っています。

WordPressを覚えるのは、初心者でも簡単。WordPressのUIを理解しておくだけで、HTMLやCSSなどのコードが書けなくても、ブログのコンテンツ管理や記事作成などを簡単にできます。

Webデザイナーとして色々な案件に関わると、WordPressでコンテンツを編集することもあるはず。初心者でも比較的すぐに覚えられると思うので、まずは練習でブログを開設したりすると、実際に触ってみることができますよ。

Webデザイナーのスキルについてもっと詳しく知る

それぞれのスキルについて、もう少し詳しく知りたいという人は、こちらの関連記事も合わせて見てみてください。より細かく内容を解説しています。

関連記事【体験談あり】Webデザインを学べるプログラミングスクール5選

Webデザイナーのスキルがあれば在宅で●●円稼げる!

Webデザイナーってぶっちゃけどのくらいお金になるのでしょうか。とくに在宅なんて条件では、実際のところ稼げるか心配……という人もいそうなので、一度相場を確認しておきましょう。

在宅でWebデザイナーと一口に言っても、収入相場を分けるパターンがいくつかあります。ざっと整理してみました。

  • 一攫千金タイプ:コンペで勝てば報酬をもらえるタイプ
  • 安定就職タイプ:在宅Webデザイナーとして採用されて安定的に仕事をするタイプ
  • フリーランスタイプ:フリーのWebデザイナーとして案件を受注するタイプ

それぞれ、同じ在宅のWebデザイナーでも状況が異なり、もちろん収入相場も違います。

まず、コンペに勝てば報酬を得られる一攫千金タイプのWebデザイナーは、勝てば一度で数万円程度もらえますが、負ければゼロ円の世界。調子が良い時なら、収入を跳ね上げることもできるかもしれませんが、とにかく安定性に欠けます。

在宅でも企業と契約するタイプのWebデザイナーは、スキルや経験によりけりですが、月収20万円程度もらえる場合が多いです。もちろん、一歩進んだテクニックがあればもっと多くの収入も見込めます。在宅でありながら、一般的な会社員程度の収入を安定的に得られる働き方かもしれません。

実力さえあれば一番儲かるのは、フリーランスタイプのWebデザイナーではないでしょうか。たくさん経験を積んで、魅力的なポートフォリオを用意できるようになると、フリーランスのWebデザイナーとして月収50万規模の案件を受注することも夢ではありません。もちろん、初心者や駆け出しのWebデザイナーがすぐにフリーランスで成功するのは難しいですが、コツコツ経験を積んで行けば大丈夫。

このように、在宅でWebデザイナーとして働くにしても年収相場は経験によりけり。Webデザインスキルを勉強したての初心者は、まずは色々な案件をこなして経験を積むことを優先に考えたいところですね。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使うと、色々な案件を受注してスキルを磨くことはできるかもしれません。低単価の案件も多いですが、少しでも多く数をこなしたいという人はとりあえず登録してみてもいいと思います。

未経験から在宅Webデザイナーになるために必要なことは?

未経験者でも、在宅で稼げるWebデザイナーになれます。

未経験からWebデザイナーになって在宅で収入を得るために必要なのは、確実なスキル・技術を身につけること。そのために大切なのは

  • デザイン学習を計画立てて実行する
  • 評判のよいプログラミングスクールを利用する

以上二つです。とてもシンプルなので、ポイントを抑えれば大丈夫です。

デザイン学習を計画立てて実行するために:目標と期限を設定する

未経験者がWebデザイナーになるためには、上で紹介したようなスキルを学ばなければなりません。まずは、「いつまでに何ができるようになるのか」を明確に設定しましょう。

「冬のボーナスが出たら会社を辞めたいから、それまでにAdobe製品を使えるようになる!」

「HTMLやCSSなどのコーディングスキルを身につけて、1年後までに自分でWebサイトを作ってみる!」

など、目標と期限を設定してみてください。締め切りと内容がわかれば、あとは毎日のTO DOレベルにブレイクダウンしていけば、自ずと学習計画は見えてきます。

スクールに課金する目的を明確にしてから評判のよいプログラミングスクールを探す

Webデザインやプログラミングを勉強する場合、必ずしもスクールに通う必要は正直ないと思っています。が、プログラミングスクールに通うメリットは確かにたくさんあります。

  • 客観的な評価・レビューを受けながらスキルを学べる
  • 実際にエンジニアとして働いている人から生の話が聞ける
  • モチベーション管理や、学習リズムの管理がしやすい

以上のように、完全に独学では得られないメリットも色々あるのです。

とはいえ、なんとなくプログラミングスクールに課金して惰性で通うことには、ほとんど意味がありません。「スクールでプロからの指導を受けるぞ!」「3ヶ月で確実にモノにするぞ!」というように、プログラミングスクールを利用する明確な目標があって初めて、スクールでの学びが意味あるものになります。

Webデザインを学べるプログラミングスクールも、正直のところ玉石混交。安いだけあって講師の質が低かったり、学習サポートが不十分だったりします。

在宅でも稼げるような確実なスキルを身につけたければ、質の高いメンター・講師のもとで、万全のバックアップを受けながら勉強できるプログラミングスクールを選んでください。

スクール名で評判を検索してみたり、TwitterなどのSNSで口コミを調べてみると、客観的なスクールの評価を見ることができます。気になるスクールがあればまず調べてみるといいでしょう。

失敗しないプログラミングスクール選びについては、以下の記事にまとめています。興味のある人はぜひこちらも参考にしてください。

関連記事:【なぜ】プログラミングスクールに行っても独立や転職に失敗する人の特徴をまとめてみた

在宅Webデザイナーになるためのおすすめプログラミングスクール【3選】

初心者・未経験者でも在宅Webデザイナーを目指せる、おすすめのプログラミングスクールを紹介しましょう。

「在宅」Webデザイナーを目指す、という条件にこだわって、ここなら間違いないという3つにフォーカスしました。

  • CodeCamp(コードキャンプ)
  • TechAcademy(テックアカデミー)
  • デジタルハリウッドstudio by LIG(デジタルハリウッドスタジオバイリグ)

体験記事を交えてご紹介していきます!

在宅Webデザイナーを目指せるプログラミングスクール①:CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は、完全オンライン(自宅学習型)のプログラミングスクールです。

  • Future Architectの子会社である
  • 東証一部上場企業にもCodeCampのコースが研修に利用されている
  • NHKや日経などに取り上げられるなどのメディア実績がある

導入実績や知名度に関しては申し分ないことがわかりますね。

オンラインスクールの魅力は、時間や場所を選ばず自分のペースで勉強できることです。教室に通う必要がないので、会社や学校、子育てや家事とも両立しやすいでしょう。

アドバイスやレクチャーを行う講師は、採用突破率10%の難関を切り抜けたエンジニア。技術があるだけでなく教えるのも上手いので安心です。

また、Webデザイン・プログラミングの技術的な話だけでなく、副業や案件受注の方法についても相談に乗ってくれます。在宅で稼ぐことを考えている人にとっては知っておきたい内容ですよね。

Webデザインを学べるCodeCampの「デザインマスターコース」で勉強できるのは

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • Bootstrap
  • Photoshop
  • Illustrator

こんな内容です。Webデザイナーとして在宅で稼いでいきたい人でも十分なスキルを学ぶことができます。

料金は、受講期間やコースによって異なります。短期間のコースを選べば、月額148,000円で始められます。他の条件やコース内容について、細かいことはホームページに掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。ホームページから無料体験も予約できますよ。

CodeCampのコースを詳しく見てみる

ちなみに、デザインコースではありませんが僕もCodeCampでのオンライン学習を体験してきました。

その時の記事はこちらです。CodeCampについて、メリット・デメリットに至るまでもっと細かく書いているので、気になる人は合わせてどうぞ。

関連記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

在宅Webデザイナーを目指せるプログラミングスクール②:TechAcademy

お次に紹介するTechAcademyは、最短4週間でプロを目指せるオンラインスクール。プログラミングやWebデザインに関して、コースが豊富なのが特徴です。

TechAcademyのWebデザイン系のコースは4つ

  • Webデザインコース
  • UI/UXデザインコース
  • 動画編集コース
  • WordPressコース

まずは自分が何を勉強したいかよく考えて、興味のあるコース内容を見てみましょう。

お得なセット割もあります。Webアプリ+フロントエンド+Webデザインセットを受講すれば、Webデザイナーとして必要なスキルを網羅的に勉強できる上に、やや割安なのでおすすめです。

TechAcademyは、教材の質が高く、メンターのレスポンスが早いのが魅力。Webデザインの勉強をしていて、わからないことや詰まったことがあればガンガン相談できます。素早く返信があれば、その分学習も捗るものです。

どんなものかと気になる人は、無料体験を申し込んでみるとよいでしょう。無料体験して、自分に合うか確認できるので安心ですね!

TechAcademyの無料体験をチェックしてみる

実際にTechAcademyの「Javaコース」を受講した人にインタビューした記事があります。こちらもチェックしてみてください。

関連記事:【体験談】TechAcademyの評判を確かめにエンジニアに転職された卒業生にインタビュー【PR】

在宅Webデザイナーを目指せるプログラミングスクール③:デジタルハリウッドstudio by LIG

最後にご紹介するのは、デジタルハリウッドStudio by LIG。大きな特徴は、女性のキャリアや働き方、プライベートにフォーカスし、独自のカリキュラムを展開していること。主婦・ママ限定の特別クラスや、子連れで通学しても安心の子供スペースの提供など、他のスクールにはない取り組みが有名です。

Webデザイナーとして在宅で働くことを考えている人の中には、子育て中のママさんや主婦の方もいることでしょう。そんな人には間違いなくおすすめです。

ホームページを見てみると、「29歳主婦/フリーランスWebデザイナー」「29歳女性/Web制作会社ディレクター」「32歳ママ/デザイン製作会社」といったコピーが並びます。デザインの基礎からはじめ、現場で役立つ実践スキルまで学ぶ環境が整っているからこその実績ですよね。

無料体験はありませんが、ホームページから資料請求や説明会の申し込みができます。Webデザイナー志望の女性たちがいかにして成功したのかも掲載されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

デジタルハリウッドStudio by LIGを見てみる

【まとめ】在宅Webデザイナーになるなら「急がば回れ」

Webデザイナーとして在宅で働くならば、まずは確実なスキルをつけることが必要。未経験・初心者であれば、評判のよいプログラミングスクール・Webデザインスクールを利用するのが一番早いと思います。

僕がおすすめするプログラミングスクールは、

  • CodeCamp:講師のレベルが高く上場企業からの支持も厚い
  • TechAcademy:豊富なコース数の中から選べる
  • デジタルハリウッドStudio by LIG:忙しい女性におすすめ

以上の3つ。Webデザイナーを目指す場合は、ぜひ検討してください!

Webデザイナーを目指す人には、こちらの記事もおすすめです。ぜひチェックしてください。

関連記事:【体験談あり】Webデザインを学べるプログラミングスクール5選