全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

注意)この記事はアフィリエイトリンクを含みます。詳しくはアフィリエイトポリシーをご覧ください。

この記事でおすすめの副業紹介サービス(クリックすると別タブで開きます!)
(1)プロの副業:実務経験3年以上、スキルが高い人向けの高単価案件が豊富
(2)Workship:プロジェクト単位の案件で週1から副業できる
(3)シューマツワーカー:平日夜や週末に働ける!副業と本業の両立が心配な人も安心

プロ人材の為の本業を活かした副業紹介サービス
週1日・週2日など案件多数!

社会人・会社員でWebディレクターを本業としている人の中には

  • Webディレクターで副業を始めてお小遣いを稼ぎたい
  • Webディレクターの副業は、どのような案件があるのか知りたい
  • Webディレクターの副業について詳しく知りたい

こんな疑問を持っている人がいると思います。

今回は、Webディレクターの副業について、オススメの副業から副業の始め方まで実際の案件の例を出しながら説明していきたいと思います。

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、Webサイトの作成や改善を、エンジニアやデザイナーやマーケター、ライターなどにディレクションする人のことを言います。

エンジニアやデザイナーやマーケター、ライターなど、一つのプロジェクトに関わる人すべてとコミュニケーションを取らないといけないので、幅広い知識が必要とされます。

Webディレクターが副業するメリット

Webディレクターが副業するメリットは以下の3つあります。

  • 本業に活かせる
  • 一回副業してみることで独立するべきか試せる(Webディレクターは独立しやすい)
  • Webディレクターは副業を選べる

以下、それぞれ解説していきます。

本業に活かせる

Webディレクターとして必要とされる知識や能力はかなり幅広いです。

  • 経営管理やプロジェクトのマネジメント能力
  • WebデザインやUIUX設計の知識
  • プログラミング関係の知識
  • マーケティング関係の知識
  • ライティングの知識

Webディレクターはざっと挙げただけでも上のような知識や能力が必要とされる大変な職種です。

このようにたくさんの知識や能力が必要とされるWebディレクターは、それぞれの知識がなかなか深まらないことが多く、かといって会社だけではなかなか学びづらいということもあると思います。

そこで、Webディレクターの副業を本業に加えてやることでそれらの欠けた知識や能力を補ってスキルアップすることができます。

参考>>Webディレクターの年収は?職種別に徹底解説【結論、実はめちゃくちゃおいしい仕事です!】

一回副業してみることで独立するべきか試せる(Webディレクターは独立しやすい)

Webディレクターは独立してもうまくやっていける可能性の高い職種です。

その理由は、Webディレクターはそもそもマネジメントをする中間管理職的なポジションであるからです。

中間管理職であるWebディレクターは、もともと会社で働いていてもエンジニアやデザイナーやマーケターなどとコミュニケーションをとってそれらの人をマネジメントして一つのプロジェクトをまとめるという仕事です。

もし独立したとしても、一緒に働くエンジニアやデザイナーやマーケターが社外の人になるだけで、特にやることは変わらないのです。

Webディレクターとして独立を考えている人は、いきなり今の仕事を辞めて独立するのはリスクが高いのでまずは今の仕事と副業を両立することをオススメします。

Webディレクターは副業を選べる

Webディレクターは上で書いたように多くの知識や能力が必要とされます。

ですが、裏を返せばWebディレクターは様々な知識や能力を持っているので、やりたい副業を選び放題だということです。

例えば、本業でプログラマーをやっている人が副業をしたいとなった場合にできるのはプログラマーだけですよね。(0から他の知識を勉強して副業を始める場合を除く)

しかし、Webディレクターなら幅広い知識や能力があるので、たくさんある副業の選択肢の中からやりたい副業を選べます。

Webディレクターに向いているオススメ副業3種類

では、Webディレクターに向いているオススメの副業はどんなものがあるのでしょうか?

Webディレクターができるオススメ副業には、以下の3つの副業があります。

  • Webマーケター
  • ライター
  • Webディレクター

Webマーケター

Webディレクターはマーケティング関連の知識が身についているのことが多いと思うので、Webマーケターとしての副業をオススメします。

副業Webマーケターとしての経験がなくても、本業のWebディレクターとして仕事をしていた経験を活かしてWebマーケターとして副業ができる案件もあります。

参考>>【Webマーケターが副業するには?】案件単価や必須スキルを副業・フリーランス求人から一挙紹介!

ライター

Webディレクターは、ライティング経験があったり、SEO周りの知識やマーケティング周りの知識があったりするので、ライターの副業もオススメします。

特にWeb関係で幅広い知識を持つWebディレクターは、ライターとして文字単価円や1記事円としてライティングの仕事を受け持つだけではなく、自分でWebメディアやブログを作り、それを運営することをオススメします。

なぜなら、Webディレクターとしてこれまで培ってきた知識であるSEOやマーケティング、ライティングの能力を総動員して活かすことができるからです。

もちろん、ただ文章を書くのが好きだという方はライティングのみの副業もあるのでオススメです。

Webディレクター

本業であるWebディレクターとして副業をすることももちろんできますし、これが一番オススメです。

これまでWebディレクターとして仕事をしてきたので、Webディレクターの副業は仕事と同じでとても始めやすいですよね。

Webディレクターの副業

というわけで、これからはWebディレクターとしての副業について説明していきたいと思います。

Webデイレクターの副業のために必要な実務経験

Webディレクターが副業する場合の実務経験の目安はどうなっているのでしょうか。

実際に副業紹介エージェントの「プロの副業」でWebディレクターの副業案件で求められる実務経験を見てみると、

  • サイト構築経験者
  • Webサイトのリニューアル経験者
  • Web制作会社などでのプロデュース/ディレクション経験
  • EC事業経験者

などがありました。

やはり、実務経験でのWebサイト構築や改善などの経験は必須事項となっていますね。

Webディレクターの副業をするためのスキルセット

では、Webディレクターが副業する場合のスキルセットの目安はどうなっているのでしょうか。

実際に「プロの副業」でWebディレクターの副業案件で求められるスキルセット

を見てみると、

  • 業務にてマイクロソフト・ワード、エクセル、パワーポイントを活用できる方
  • 業務上で必要となるコミュニケーションスキルを備えている方
  • マーケティングやインターネット広告などに関する知識
  • アクセス解析やデータ分析のスキル

などがありました。

案件によって多少の差異はありますが、基本的にはWebディレクターを2~3年やっている人なら満たせるスキルセットが多いと思います。

Webディレクターの副業するなら週何日からできる?

Webディレクターが副業する場合、最低稼働日数はどうなっているのでしょうか。

実際に「プロの副業」でWebディレクターの副業案件の期間や頻度を見てみると、「週2〜3日」または「要相談」が多い印象でした。

リモートワークOKのところもあったので、本業がある程度忙しい方も仕事の合間に副業としてやることもできそうだと思います。

Webディレクターの副業案件ってどうやって探すの?

では、実際にWebディレクターの副業案件はどうやって探したら良いのでしょうか?

Webディレクターにオススメの副業案件の探し方は以下の3つになります。

  • 人の紹介を頼る
  • クラウドソーシングサービスを利用して探す
  • フリーランス・副業向けのエージェントを利用して探す

人の紹介を頼る

Webディレクターが副業を探すとき、人の紹介を頼って探すこともできます。

クラウドソーシングサービスやエージェントを通さない分、ある程度の関係値から仕事を始めることができるのでお互い信頼感を持って仕事をすることができます。

一方で、

  • 知り合いだからといって口頭契約で済ますのではなくしっかり書面で雇用の契約を結ぶ必要がある
  • 知り合いだから低単価で仕事を依頼されていないか相場を見て調べる

などの注意点があります。

クラウドソーシングサービスを利用して探す

Webディレクターの副業の探し方にはクラウドソーシングサービスを利用して探す方法もあります。

クラウドソーシングサービスでは、ある案件に対して自分が応募するという形だけではなく、自分の能力をプロフィールに書いておき、その能力に応じてクライアントが自分を選んで案件を契約するという形もあるので、後者の場合は難易度やハードルが低くなっています。

オススメのクラウドソーシングサービスとしては

・クラウドワークス
・ランサーズ
・ココナラ

などがあります。

フリーランス・副業向けのエージェントを利用して探す

Webディレクターの副業の中で、高収入が得られるのは、フリーランス・副業向けのエージェントを利用してクライアントを探し、業務委託案件で月額で稼ぐ方法です。
稼働条件が決まっている場合がある、実務経験やスキルがないと案件を受託できない場合がある、等のデメリットもありますが、メリットとしては

・単価が高い(例:週2で40万円)
・仕事の仲介にエージェントが入ってくれる
・クライアントの募集要項が明確

といった点があるため、ある程度広告運用の経験や、Webディレクターとしての実務経験がある場合は、エージェントを利用するのがおすすめです。

Webディレクターで副業するならおすすめのエージェント

Webディレクターが副業する際の副業案件の探し方について解説しましたが、ここからは実際の案件に触れながら、おすすめのエージェントを紹介していきたいと思います。

プロの副業

プロの副業とは、株式会社ホールハートが運営する、副業紹介エージェントです。自身のライフスタイルに合わせて、週に1回から仕事を受けることができるサービスとなっています。Webディレクターの実務経験2~3年以上が目安となっており、スキルが高い人向け・高単価案件が多い点が特徴です。

例:Webディレクター
仕事
サイトの大幅リニューアル。

必要業務条件

  • サイト構築経験者
  • WEBサイトのリニューアルを経験されている方
  • WEBのトレンドなど情報に敏感な方

働き方
形態:業務委託
期間:応用相談
頻度:方相談
場所:横浜市

報酬
月額応相談
※厳密にはスキルや働き方により調整後確定となります。

プロ人材の為の本業を活かした副業紹介サービス

ワークシップ(workship)

Workshipとは、株式会社GIGが運営する、副業紹介サービスです。エンジニア、デザイナー、マーケター、人事、広報など求人の幅が広い点が特徴で、Webディレクターの求人・副業案件も充実しています。案件はプロジェクト単位のものが多く、週1日から3日などの柔軟な働き方ができます。また、技術セミナーやマーケティング勉強会なども開催しており、スキルアップ支援をしてくれるのも特徴の一つです。

例:LPディレクター募集!

【歓迎するスキル・経験】
・Web、IT、テクノロジー、マーケティングに関心がある方
・ライティング経験のある方
・SEOに関する興味・知識のある方
・Microsoftオフィスが使える方

募集している職種
職種 ディレクション
時給 3,000円 〜
※ こちらの金額は目安の金額になります。
特徴 1日数時間でOK / 週1日でOK / リモートOK / 来週月曜からOK

週1日・週2日など案件多数!

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、株式会社社食コレクションが運営している、会社員向けの副業紹介サービスです。導入企業は130社以上で、主にエンジニアやデザイナー、ディレクターが対象。現在は約5000人の登録者がいます。
週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業を紹介しているため、本業と副業の両立を不安に思っている人にもおすすめです。

シューマツワーカー登録はこちらから

まとめ

今回は、Webディレクターの副業について副業するメリットや向いている副業、実際の副業の詳細について説明しました。

Webディレクターで、これから副業してみたい!という方には、エージェントかクラウドソーシングサイトで副業案件を獲得するのがおすすめです。

この記事でおすすめの副業紹介サービス(クリックすると別タブで開きます!)
(1)プロの副業:実務経験3年以上、スキルが高い人向けの高単価案件が豊富
(2)Workship:プロジェクト単位の案件で週1から副業できる
(3)シューマツワーカー:平日夜や週末に働ける!副業と本業の両立が心配な人も安心