全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

「サラリーマンで副業をしてみてたい!」と思われている方も多いかと思います。2018年は副業解禁が起こり、副業元年となりました。しかし社会的には、

  • 副業をやり続けると、本業に支障をきたす
  • 副業は大して儲からないから、やるべきではない
  • 副業は怪しい

などと、いろいろな声も聞きます。実際には、副業の一般的な月収は6.82万円となっています。

≫副業の実態調査、平均月収は6.82万円、平均時給は1652.1円

さてさて、そうはいうものの、僕も社会人二年目で副業編集が500万円を超えて独立しました。そのうえで考えたんですが、「副業が儲からない」のではなく、「時給で労働したらそうなるよね」という印象です。

おそらく「副業」ではなく、ただのバイトをしているだけなのではないのか?そして副業で稼ぐという仕組みについて、あまりほかの人が理解できていないのではないか?と疑問に思うことが増えてきました。

そこで、サラリーマンで副業してみたい!という方向けに、この記事ではどういうマインドセットで副業するのがおすすめなのかを解説していきたいと思います。

副業する目的を明確にしよう

まず、副業をする目的をしっかりと理解しておくことが重要です。ちなみに、僕は

  1. ストック型の労働を行い、労働時間を回収できる仕組みを作ること
  2. 今後のキャリアにレバレッジが聞くような副業をすること
  3. いまだに解決されていない課題解決を行ったポートフォリオを作ること

を意識していました。これについて詳しく解説したいと思います。

①ストック型の労働を行い、労働時間を回収できる仕組みを作ること

まず、フロー型の労働から脱却し、ストック型の労働を行えるようにする仕組みづくりが大事だと思っています。といってもなんのことだがよくわからないと思うので、こちらについて解説します。

今すぐ月10万円稼ぐ方法

手っ取り早く、月10万円稼ぐ魔法の方法を教えます。

絶対にほかの人には言わないでくださいね。それは、

  • 吉野家の深夜バイトで毎日2時間働く

です。

吉野家の深夜バイトって時給2000円くらいだった気がするんですが、それを毎日2時間続けましょう。そうすると、2000円*2時間 * 30日 = 12万円稼ぐことができます。

 

 

 

 

すごくないですか?

… 多分なんか違うと思ったと思うんです。

時給労働している限りは儲からない

多分期待しているものと違うと思うんです。この働き方をしている限り、収入を上げるには選択肢が少ないです。

  1. 時給を上げる → もしかしたら交渉次第で上がるかもしれないが、チェーン店舗で値段交渉は難しい
  2. 労働時間を上げる → 上げられたとしても平日働くなら+2時間くらいと限界がある

つまり、実質労働時間を増やす以外は、これ以上儲かる方法がないわけです。

フロー型労働、ストック型労働

さきほどの吉野家でバイトするのを、フロー型の労働と定義しましょう。フロー型の労働とは、

  • 労働時間を売る仕事

です。さらに、さきほどの条件だと、

  • 時給が上がりにくい
  • 労働時間も増やせない(増やすと本業未満の時給になる)

といった問題にぶち当たります。最初に紹介したニュースでの問題は、おそらくフロー型の労働を「副業」として認識して働いている人が多いから、大して儲からない、また儲かっても労働時間がかなり伸びて疲弊するのでしょう。

仮にフロー型の労働をするならば、以下2点がムリなら、結構しんどい仕事になると思います。

  • 時給を上げられる
  • 労働時間も減らせる

一方で、もう一つの働き方があります。それはストック型の労働です。ストック型の労働とは、

  • 自分の労働の成果物が蓄積し、その成果物が絶えず売上、信頼を上げることができる労働

となります。

シンプルな例を出すと、本の執筆、楽曲の作成などがこれに当たります。これは、一度出版して、それが利用可能である限り、永遠に印税が入ってきます。本を書いている間は無給なのですが、出来上がってお客さんがつけばずっと収益化できるモデルとなります。

また、「信頼」と書きましたが、本の執筆は「信頼」も生み出し、今後のお仕事につながりやすくなるような資産となります。

このストック型の労働をちゃんと頑張ると、

  • 毎月勝手に30万円入ってくる資産ができる
  • お仕事の相談が来るようになる

ようになります。(多分吉野家でバイトしててもこの状態にはなりません)

②今後のキャリアにレバレッジが聞くような副業をすること

①に関連しますが、今後のキャリアにレバレッジが効くような副業をするのがおすすめです。

例えば、今めっちゃ頑張って吉野家で努力して、全国1位のオペレーションを実現したとします。表彰されるようなバイトマンになるとします。

でも、「吉野家でバイトして全国1位にオペレーターでした」と言われても、そこまで市場価値は上がらないでしょう。同様に、「シール貼りを秒速30個で貼り付けることができます!」と言われても、シール貼り以外の仕事であまり評価されないでしょう(評価されても給与はあがらないでしょう)

一方で、僕が副業でやっていたマーケティングとエンジニアの仕事は、飲食だろうがITだろうがどの業界でも通用するスキルです。どこでも必要だからこそ、適正な評価をもらえるお仕事になります。

③いまだに解決されていない課題解決を行ったポートフォリオを作ること

もう一つ、未解決の課題を解決することが重要になってきます。これはいたってシンプルでして、「誰も解決していない課題を解決する」というのは、それだけ希少価値が高くなるからです。

例えば、僕の場合は、

  • プログラミング初心者にとってググっても理解できない情報が多すぎる
  • それらの情報をまとめるダーティワークを引き受けて、記事にまとめる

ということをしていましたが、たぶんそれだけで広告収入で生きていけるくらいにはなりました。

効率の良いフロー型の労働を得るための選択肢

さて、①時給を上げられ、②労働時間を減らせるフロー型の労働をするためには、どのような仕事をしたらよいでしょうか。個人的におすすめなのが、

  • エンジニア
  • マーケター

です。

エンジニア

エンジニアになって、Web制作ができるようになると、儲かります。

マーケター

 

ストック型の労働資産を得るための選択肢

さて、このようにストック型の労働資産を得るための副業方法について解説していきたいと思います。ストック型の資産を得るためには、noteがおすすめです。

noteで自分の困った経験を解決した情報で売る

noteは、記事を販売することができるWebサービスなのですが、価値のある情報であれば、お金を払って買ってもらえます。個人的にいいなぁと思うのはこんな人のnoteですね。

おそらく以下の順序に沿って進めて、自分でしか発信できない情報を書いていくといいと思います。僕個人的には、以下のようなステップでいつも進めています。

  1. 自分の目標とする生活を明確化する
  2. その理想の生活に近づくために努力する
  3. ネットで探しても解決できない課題を見つける
  4. 躓きながらも自分で何とかその課題解決する
  5. 解決した結果をもとに、ほかの躓いている人を助ける(最初は無料)
  6. 助けられた人がその人のことを評価する
  7. ある程度インターネット上で信頼が高まったら、有料でモノを売る

①自分の目標とする生活を明確化する

まず、自分のなりたい像を明確にします。僕の場合は、新卒の時にエンジニアになりたかったので、「独学でプログラミングを勉強して、転職活動に成功する」が目標でした。

② その理想の生活に近づくために努力する

「独学でプログラミングを勉強して、転職活動に成功する」ために、努力しました。具体的には、

  • プログラミング未経験でフリーランス案件を受注してみる
  • 自分で開発したWebサービスを多くのユーザーに使ってもらう

これができれば、たぶん採用面接ではウケがいいのではないかと思っていて、これをひたすら頑張っていました。

③ネットで探しても解決できない、課題を見つける

上記のことをやっているうちに、多くの課題が出てきました。

  • プログラミング未経験のエンジニアだと、だれも案件を依頼してくれない….
  • Webサービスリリースしても全然お客さんがつかない

これらのことは、ネットで探しても全然解決できませんでした。

④躓きながらも自分で何とかその課題解決する

そのような課題を、何とか強行突破して解決してみましょう。この時に頭をひねって解決した経験が、知識の差となって今後価値になる部分となります。ちなみに僕がやったのは

  • クライアントの依頼を受ける前にしっかりと成果物を完成させた状態でめちゃくちゃ価格を下げて、「もうできています!」とアピールする(※相手からすると、「マジか、すぐ格安で納品してもらえんじゃん!ってなるので」)
  • 誰でも使うLineというインターフェイスを利用する(これはのちに『独学プログラマーのためのAIアプリ開発がわかる本』という形で書籍化されるアプリになります)

でした。

ちなみに、副業でちゃんと稼げている人が共通しているのは、何かしらに挑戦して、そのブレイクスルーを売っている人が多いです。逆に言うと、あまり挑戦していない人はブレイクスルーがないので、あまり商品になる情報を持っていません。

⑤解決した結果をもとに、ほかの躓いている人を助ける(最初は無料)

ここまで来てすぐに成果を換金する人が出てきてしまうのですが、ぐっと我慢。コツはすぐに換金せずに、ほかの躓いている人を無料で圧倒的に助けることです。

商売の基本は信頼なので、信頼していないどこの馬の骨か知らない人に普通お金を払いません。ですので、そのブレイクスルーした経験を欲している人に、情報をどんどんGiveし続けましょう。

⑥助けられた人がその人のことを評価する

Giveし続けていると、そのうち、あなたのファンが多くなります。こうなった状態になってはじめて商売が成り立つようになります。信頼してくれるので、買ってくれるような状態ですね。

⑦ある程度インターネット上で信頼が高まったら、有料でモノを売る

ここまで来たら、ようやく自分の苦労を換金しましょう。よく考えてください。誰が作っているのかよくわからないようなインターネット空間で、いきなり知らない人にお金を払うのは非常にハードルが高いです。

だから、まず最初にやるべきことは「インターネットに圧倒的に奉仕すること」かと思います。

ポジティブな口コミが生まれ続けている限りは、ずっと収益化できるはずです。

まとめ

ということで、フローではなくストック型の労働を副業でやるのがおすすめです!という話でした。特に以下のステップ通り試行錯誤してみて、実際に手を動かしながら課題解決して、インターネットに貢献していくスタンスが非常に重要かと思っています。