全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

≪DAINOTE編集部推薦のDAIが実際に取材、体験してみて、特にオススメのプログラミングスクール一覧≫


【第1位】CodeCamp: 未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指せるスクール!業界最安値! | 公式: https://codecamp.jp
【第2位】TechAcademy:未経験から副業でWeb制作し、副業で月10万円ほどを目指したい人向け! | 公式: https://techacademy.jp/

こんにちは、DAIです。

  • 副業解禁となり、週末に副業で在宅でプログラミングを利用して稼げたらいいなぁ
  • 将来的に、リモートワークで働きたいなぁ

という人は多いのではないでしょうか。
好きなプログラミングを副業にして、収入を得られたら超ハッピーですよね。

実際に僕も、独学で学んで、本業と同じ程度の副収入が入ってくるようになりました。

しかも本当にうれしいのがプログラミングって稼ぐのでこれがいいんですよね。

  1. 家で引きこもっていてもできる
  2. 土日の空いた時間でできる
  3. それなりに収入もよい
  4. 納品したお客さんが喜んでくれる

そこで今回は、未経験で副業したい人で在宅で自分のプログラミングスキルを使って稼ぐ方法をまとめていきたいと思います。今回は主に、

  • 副業でプログラミングを始めたいんだけど、どうやれば稼げるの?
  • プログラミング未経験なんだけど、初心者でも始めることはできるの?
  • どの言語から始めたらいいの?
  • プログラミングで副業すると、収入ってどれくらいになるの?

について、見ていきたいと思います。

副業でお勧めの案件

独学から未経験で副業するなら、クラウドソーシングサイトで、Web制作案件を受注するのがおすすめです。

クラウドソーシングは、ネット上で開発案件をもらえるマーケットプレイス。有名なものだと、クラウドワークスココナラなどがあります。

Web制作は、簡単な1枚のWebサイトを作るような案件で、1つ5~10万円程度なり、初心者でも受注可能です。案件としては、以下のようなものがあります。

がっつりと回せば、初月で20万以上は狙えるかと思います。

副業でプログラミングを始めたいんだけど、どうやれば稼げるの?

副業でプログラミングを始める場合には、以下のステップで学んでいくとよいです。

  1. まずはスクールなどでコピーアプリを作る
  2. コピーアプリをマネて、オリジナルアプリを作る
  3. オリジナルアプリをポートフォリオに、クラウドソーシングで仕事を受注する

どこのだれかわからず、実力があるかどうかもわからない人に仕事を任せたいなんて思いません。
なので、まずは、実際にいろいろとアプリを作ります。

そして、そのうえで「こんなものを作れます!」とクラウドソーシングで営業して案件を取ってくることになります。

実際に、未経験から僕がクラウドソーシングで案件を取ったときの営業メールはこんな感じ。

ポイントは、しっかりと「あなたが欲しいものを作れます!」とアピールすること。そのために成果物を公開する必要があります。

    Web制作を学ぶ場合、何を学べばいいの?

    Web制作を学ぶ場合は、

    • HTML:Webページのテキストや画像、リンクなどを記述する言語
    • CSS:HTMLに色を付けたり配置を決めることができる言語
    • JavaScript:ページに動きを付けることができる言語
    • PHP:データベースとのやり取りができる言語
    • WordPress:ブログを作ることができるCMS

    などのスキルをつける必要があります。

    副業で通用するレベルを独学で学ぶのは、かなり難しい

    さて、未経験から副業でプログラミングの案件を獲得するのは、結論からいうとかなり難しいです。なぜかというと

    • 実績がないから案件を依頼されない
    • 案件を依頼されないから実績ができない
    • 実績がないから案件を依頼されない…

    をループして、なかなか最初の一件目を獲得することができません。

    そこで、どうにかして初心者でも実績をつけて、ブランディングをする必要があります。そのために、一度オリジナルで自分のWebサイトを作る必要があります。

    なるはやで実績を作るなら、プログラミングスクールがおすすめ

    とはいえ、独学でゼロからやろうとすると、相当時間がかかります。僕自身も、独学でやっていたので、かなり時間がかかりました。(99%くらいのひとは無理だと思います汗)

    もしあなたがもともと大学生の時に、プログラミングを勉強していたのであれば別ですが、独学でやると結果が出るまでに相当時間がかかります。

    なので、最初のWebサイト作成は、プログラミングスクールでサクッと創れるようにしちゃうのがおすすめです。

    Web制作を学べるプログラミングスクール

    Web制作を学べるプログラミングスクールでおすすめなのは、

    です。

    TechAcademy

    TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
    どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

    特にGoodなポイントは

    • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
    • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
    • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

    でしょう。

    TechAcademyには、Webデザインコースがあります。

    さきほどの5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるコースですね。

    料金も、一番短い期間でしたら、12万円ほどなので、業界最安値かと思います。副業で3件くらい案件が取れるようになれれば、2~3カ月くらいで回収できる値段ですね。

    また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

    ※更新情報 2019年5月7日
    TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
    Webデザイン+WordPressセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも60,000円もお得になるようです。

    TechAcademy Webデザインコースで無料体験してみる

    Codecamp

    Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など*多くのメディアで紹介されています。

    講師は全て現役のエンジニア。未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。

    特にGoodなポイントは

    • クラウドソーシングで非常に案件があるWebサイト制作ツールWordPressのコースがある点

    でしょう。

    WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。

    料金も、

    • 受講料金 148,000円(税抜)
    • 入学金 10,000円(税抜)
    • 2カ月の受講

    となっていて、プログラミングスクールの中でも相当安いです。(普通30万円くらいかかります。)

    こちらも無料体験をやっているようです。実際問題、講師を見てみないと評価できないと思うので、TechAcademyCodecampの両方を受講したうえで、検討しましょう。

    ※更新情報
    WordPressコースは期間限定のようです。また、無料体験を受けて申し込むと、、10,000円の受講料割引が効くようです。

    CodeCampで無料カウンセリングを受けてみる

    プログラミングスクールでアプリを作ったら

    さて、プログラミングスクールでアプリを作ったら、お客さんが「こういうものを欲しい!」と言っているものを、学習した経験からオリジナルで作りましょう。
    そして、「お客さんが欲しいサイト、もう僕が作っちゃったんですけどどうでしょうか?」と営業すると、ほぼ100%案件取れます。(実体験)

    プログラミングスクールで、サクッとアプリの作り方を学んで、あとはオリジナルでどんどん作って提案してしまいましょう。

    プログラミングを学んでテクニカルライターという副業もあり!

    もちろんプログラミングを学んで、Web制作の知識をがっつりつけるというのも良いんですが、ただ副業でお金が欲しいのであればおすすめなのはテクニカルライターのお仕事になります。要は、ITに特化したライターなんですよね。

    ライターってあんまり稼げない印象がある方もいると思うんですけど、実はそんなことなくて。金融、IT、人材など、市場が大きく、またライター の数が少ないような領域でのライターさんってすごい重宝されるんですよね。

    だからプログラミングを学んで、IT系のライターをやるのも一つの手かと思います。

    >副業するならWebライターがおすすめという話と、仕事の取り方についてまとめてみた

    結論

    ということで、クラウドソーシングで未経験者が副業するための方法でした。

    Web制作は、個人、企業問わず、どこも必要なので、需要が非常にあります。また、普通に5-10万くらいで受注できるので、おすすめです。

    とにかく、お客さんに信頼してもらえるように、自分の手でアプリを作るのが重要です。
    僕も最初はコードが書けなかったんですが、メンターができてから学習スピードが爆上がりしたので、最初からスクールにいってしまうのがおすすめです。

    関連記事

    おすすめ ≫【体験談まとめ】プログラミングスクールで受講者がおすすめした厳選5社を一挙解説【全インタビュー付き】