よく、このような質問をいただきます。

RubyとPython、どちらを学ぶべきか迷っています。どっちがおすすめですか?

僕はこう考えています。

「RubyとPython、どちらを学んだほうがいいですか?」とよく聞かれるのですが、個人的には初心者はRubyがいいと思います。Rubyから初めて、一回ゼロからアプリ作るまでやると、Webプログラミングで必要な知識の全体像がすごく分かりやすいんですよね。

ということで、RubyとPythonどちらを最初に勉強すべきか問題ですが、こう思う理由について解説します。

とりあえずアプリ作るのをゴールにしよう!

どのプログラミング言語を学ぶべきか?というのは、結局何をしたいのかによります。

が、エンジニア転職にせよ、ビジネスサイドでプログラミングを理解したいにせよ、とりあえずアプリを一つ作れるようにするのがゴールとしてよいと思います。

僕もビジネスサイドでコードもある程度かけるキャラで仕事してますが、やはりちょっとプログラミング書けます!ぐらいのレベルだとあまり意味がないんですよね。

一方で、一度アプリを作ると、

  • エンジニア採用で、未経験でもポテンシャルがあると評価してくれる
  • ビジネスサイドでも、エンジニアとのコミュニケーションがとりやすくなる
  • 実装のコスト感がつかめるようになる

など、さまざまなことができるようになります。

上のことができるようになるには、Webアプリがどういう仕組みになっているのがだいたいイメージできるようになるからです。

とりあえずアプリを作るならRubyから始めよう

そうなったときに、最初に学ぶべき言語は、Rubyがいいと思います。理由は下記3点です。

  1. Rubyでアプリを作るためのチュートリアルが豊富かつ、レベルが高い
  2. Rubyでアプリを作るためのプログラミングスクールが多い
  3. Rubyでアプリ開発している企業で、エンジニアをバイトで雇ってくれる会社が多い

Rubyでアプリを作るためのチュートリアルが豊富かつ、レベルが高い

一番大きいのがRubyでアプリを作るためのチュートリアルが豊富かつ、レベルが高い点です。例えば、プログラミングを学べる日本で一番わかりやすい初心者向けのサービスProgateも、Rubyと、Rubyでアプリを作るためのRuby on Rails(RoR)の教材がかなりちゃんとしています。

また、初心者レベルを超えた後には、実際にツイッターと同じ内容のコンテンツが創れるRailsチュートリアルがあります。

この二つをやるだけで、アプリ作成は自力でできるだけの教育コンテンツが整っているんですよね。

一方で、Pythonだと、基礎ができても、実際に何か作ろうと思ったときにつまづくことがおおいです。

Rubyでアプリを作るためのプログラミングスクールが多い

さらに、Rubyが学べるプログラミングスクールが多いんですよね。例えば、

など、さまざまなスクールで、Rubyを学ぶことができます。

PythonでとりあえずWebアプリを作ろうと思っても、PythonでWebアプリをがっつり創れるコースを提供しているスクールはありません。

参考)

 

Rubyでアプリ開発している企業で、エンジニアをバイトで雇ってくれる会社が多い

さらに、Rubyを学んだほうが採用してくれる企業数が多いです。多くのスタートアップはRubyを積極的に利用します。一方、Pythonを利用しているスタートアップはさほど多くありません。

 

また、Rubyのエンジニアは割とどの企業も積極的に使いがたるので、給与も高く、独立しやすいという点もあるかと思います。こちらは、Ruby案件の求人ですが、月単価80万円ほどになります。(レバテック・フリーランスから引用

結論

ということで、以下の理由でまずはRubyを学ぶのがおすすめです。

  • Rubyでアプリを作るためのチュートリアルが豊富かつ、レベルが高い
  • Rubyでアプリを作るためのプログラミングスクールが多い
  • Rubyでアプリ開発している企業で、エンジニアをバイトで雇ってくれる会社が多い

関連