全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

Pythonを利用して、副業で稼いでみたい方も多いのではないでしょうか。

実際、Pythonを利用した副業案件は、早いものだと2時間くらいで作れて、案件の単価は5000円~3万円ほどになります。そこで今回は、

  • Python初心者がゼロからPythonの副業案件で稼ぐ方法
  • 副業案件を獲得するうえで絶対に登録する必要があるサイト
  • 副業案件を行うために必要なスキルセット

について解説していきたいと思います。

自己紹介

僕はPythonを独学で学んで、クラウドソーシングで案件を獲得しました。その時のスクショがこちらになります。

一カ月で3万円程度にはなるので、副業するには申し分ない分の金額なのではないでしょうか。

Pythonで副業するために必要な技術

さて、実際にPythonで副業するために必要になった学習項目です。基本的には

  • Web系の基礎技術(HTML/CSS/JavaScript)
  • Pythonの基礎
  • スクレイピング、Web APIなどの技術

です。

Pythonで副業するためにはどこから仕事をもらえばいいの?

Pythonで副業案件を受託するためには、主に二つの方法があります。それは

  1. 知り合いから仕事を発注してもらう
  2. クラウドソーシングを利用して仕事をもらう

です。

知り合いから仕事を発注してもらう場合

この場合は、すでにプログラミングの仕事を発注したい友人がいる前提となってしまいます。
自身がプログラミングを学習していて、ちゃんと成果を出せることが明確であれば、知り合いから発注してもらえると思います。

ただし、この記事を読んでいて、まだプログラミングを勉強したことがない人の場合は無理だと思うので、次の方法が前提になると思います。

クラウドソーシングで仕事を発注してもらう場合

知り合いから仕事をもらうのは、周りに都合よく知り合いがいる場合に限定するので、難しいでしょう。
ということでほとんどの人がやる必要があるのは、クラウドソーシング経由で仕事をもらう方法です。

クラウドソーシングとは、ネット上で仕事を発注できるプラットフォームです。例えば「Pythonを利用したデータ分析ツールの作成」等の仕事が案件としてまとまっています。

仕事を獲得する場合に登録する必要があるサイト

仕事を獲得する場合に必要なサイトは、以下2サイトです。まだプログラミングを学んでいない人でも、今後必ず使うことになると思うので、先に登録しておきましょう。

  1. クラウドワークス
  2. ココナラ

僕はここから、簡単な案件をまず受注しました。

これらのサイトについて説明します。

①クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスには日本一案件があるので、ここで何かしらの仕事は見つかりやすいかと思います。

独立する予定はなく、副業だけするという場合はメインでここから案件を獲得することになると思うので、登録しておきましょう。

クラウドワークスに1分で無料登録する

ココナラ

ココナラは、割と最近できたクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスと若干異なるのは、

  • 出品者がクラウドワーカー

ということです。よくわからないので簡単に説明すると、自分の得意なスキルに値段をつけて売ることができるプラットフォームになります。ココナラを利用して稼ぐためには

  • スキルを出品者として販売する
  • リクエストボードにある案件から、案件を応募する

という方法になります。

スキルを出品者として販売する場合は、このように自分ができることを出品サービスとして販売することができます。

もう一つが、リクエストボードという、いわゆる企業側、個人側が仕事を発注しているところから仕事を受注する方法です。


`IT プログラミング` で検索してみると、

  • 予算
  • 募集期限
  • 提案数

が見れる、案件の一覧があるのがわかるかと思います。こちらから仕事を応募することで案件を獲得することができます。

ココナラに1分で無料登録してみる

Pythonで稼げる案件

Pythonで稼げる案件で、比較的にスキルがなくてもできる案件は、以下の通りです。

  • Web APIを利用した、データ収集ツール
  • スクレイピングを利用した、ブラウザ自動化ツール

です。これらを具体的に解説します。

Web APIを利用した、データ収集ツール

クラウドソーシングでは、Web APIを利用したデータ収集ツールが存在します。

例えば、以下のような案件があります。

  • Google Translate API を用いた文書翻訳システムの開発 ¥5,000 ~ ¥1,0000

詳細はこんな感じです。

【 依頼内容 】
・開発内容:
所定のフォーマットの CSV の中にある日本語を Google Translate API を通して英語に変換するシステムの開発。
・依頼工程:要件定義 / 設計 / 開発
・使用言語:Python 3

スクレイピングを利用した、ブラウザ自動化ツール

データ自動収集ツールであるスクレイピングでは、例えば、以下のような案件があります。

  • pythonにてselenium等で、スクレイピング対策のボット判定をパスできるコードを募集します 10,000円 ~ 50,000円
  • 特定のサイトのスクレイピングを行ってデータを納品【5サイト5000円】

実際に受注して納品した案件

僕が実際に受注した案件は、

  • Webサイトのスクレイピング案件
  • APIを利用した人工知能翻訳システム

です。

 

仕事のとり方

Python案件を受託するには、主に二つのスキルが必要になります。

  • 開発力:実際に1個アプリを作れるようになる能力
  • 営業力:お客さんに提案する力
  • コミュニケーション力:お客さんの意図をくみ取って、相手が欲しいものを作る力

開発力に関しては、この記事通りに学習を進めていくとよいと思うのですが、営業力に関しては

  • 未経験で実績のない状態でも、発注者に信頼してもらえようにするブランディング方法
  • お客様の要望を実現するコミュニケーション能力

が必要になると思います。

Pythonの案件はさほど稼げない

ただし、注意です。正直なところ、Pythonの案件はそんなに儲かりません。

というのも、Pythonでできる副業レベルの仕事は、大してお金にならないんですよね。スキルに対しての単価がめちゃくちゃ低いです。

言語関係なく、稼ぎたいならWeb制作の技術を身に着けたほうが、コスパはいいかと思います。

実際、Web制作はできると最大30万円くらいは単価があがります。

副業のためにあえてPythonを選ぶ必要は、そんなにないんじゃないかと思います。

副業するなら、Web制作がおすすめ

副業するなら、Web制作がおすすめです。Web制作は企業のWebサイトを作ることです。おすすめな理由は3つ。

  1. Python案件よりも学ばなければいけないことが少ない
  2. なのに、受注単価が高く、5-20万円ほどになることもある
  3. プログラミングスクールでも学ぶことができる

もしWeb制作をしっかり学びたいなら、CodeCampがおすすめです。

CodeCamp公式:https://codecamp.jp

Webデザインに特化したコースがあり、僕も受講したのですが、「確かにこれなら稼げるようになるな」という印象ですね。詳しくは下記記事をご覧ください。

≫CodeCamp(コードキャンプ)の評判・レビュー・口コミは?実際に受講して確かめてみた!【PR】

実際に僕も受講してみて、このブログのWordPressテンプレートを作ってみたのですが、以下感想です。

  • 教材の質が高い
  • メンターを自分で選べるので、フリーランスの人に相談して仕事をもらうための方法を学べる
  • 完全オンラインで学べる。受講料も15万円未満と、ほかのプログラミングスクールより圧倒的に安い

僕ぐらいのWordPressテンプレートで、Web制作ができると、単価10万円くらいの案件は全然受託開発可能ですね。

CodeCamp公式:https://codecamp.jp

最後に

いかがでしたでしょうか。まとめると、

  • クラウドソーシングで案件を受託するためには、Pythonの基礎スキルと、営業力が必要になる
  • ただし、ただ稼ぎたいだけなのであれば、Web制作をする
  • Web制作ならCodeCamp

です。

CodeCamp公式:https://codecamp.jp

この記事で紹介したサービス

関連記事