注)この記事は記事広告(PR)です。アフィリエイトポリシーに準拠しています。

こんにちは、DAIです。

  • 漠然とプログラミングの勉強を始めたけれども、この先どう勉強したらよいのかわからない!

という方多いのではないでしょうか。

何を学べばエンジニアとして就職できるのかが全くわかりませんでした。

そこで、プログラミングを学ぶすべての人のモチベーション別に、お勧めの学習項目と、プログラミングスクールをご紹介したいと思います。

ちなみに著者のプロフィールですが、

  • 現フリーランスのエンジニア兼マーケター
  • 元プログラミングスクールのマーケター

となっているので、業界情報には比較的内通しています。

また、ほとんどのアフィリエイトは、いいことしか書いていないのですが、この記事でのインタビュー内容は、すべて実際のユーザーからのヒアリングの結果なので、いい話も悪い話も両方あります。しっかりとメリット、デメリットを判断したうえで、スクールを検討してみましょう!それでは解説します!

今大学生で、将来エンジニアとして就職したい

  • 大学生の時間があるうちに、将来どこ行っても困らないスキルをつけておきたい
  • 自身が起業するときに、最低限のプログラミングスキルを持っておきたい
  • だからエンジニアとして就職できるようにしたい

という方は多いのではないでしょうか。

今大学生で将来エンジニアとして就職したい!という人は、大学生のうちに自分自身でアプリを作ってインターンで実務経験を積むのが一番おすすめです。

というのも、やはり採用だと実務経験がある大学生ってめっちゃくちゃレアで市場価値が高くなるんですよね。
知り合いでメルカリのエンジニアとして採用された人間だと、新卒で年収700万らしいです。やばいですよね。

彼は大学生の時にアプリを作ったり、会社でインターンして実務経験をひたすら積んでいたみたいなので、それだけ市場価値を上げられたそうです。

さてさて、将来エンジニアとして転職したい場合は、

  1. オリジナルアプリを開発する
  2. オリジナルアプリをもって、インターンに応募する
  3. 実務経験を積む
  4. 新卒の際に経験者としてプログラマーとして採用される

という流れが重要です。

サーバーサイドエンジニア vs フロントエンジニア

さて、アプリを開発するといっても、実際にはエンジニアには二つの職種があると思ってください。

  • サーバーサイドエンジニア: アプリの裏側のロジックを書く
  • フロントエンジニア: アプリの外側、つまりユーザーから目に付く部分を実装する

例えば、ログイン機能があるとしましょう。ログイン機能は、

  1. ユーザーが画面上でログインフォームにデータを入力する
  2. プログラムがログインフォームからのデータを処理し、データベースに投げる
  3. データベースに値があった場合は、ログインを許可し、なかったらはじく

といった処理をします。このログインフォームのデザインを行うのがフロントエンドエンジニア、中身のロジックを書くのがサーバーサイドエンジニアだと思ってください。

サーバーサイドエンジニア:Rubyを学ぼう

サーバーサイドエンジニアになるために、オリジナルアプリ開発をゴールにするのであれば、プログラミング言語はRubyが個人的に一番おすすめです。

RubyにはWebアプリを簡単に作れるフレームワーク、Ruby on Railsがあります。このRuby on Railsを学ぶと、アプリ作成の全体像がとても理解しやすいんですよね。なので、はじめてプログラミングでWebアプリケーションを創りたいという人には、Rubyをおすすめしています。

Rubyを利用して、オリジナルアプリを開発するには、

  • サーバーサイドの言語:Ruby
  • サーバーサイドのフレームワーク:Ruby on Rails
  • フロントエンド:HTML, CSS, JavaScript
  • フロントエンドのフレームワーク:Bootstrap
  • ターミナル、コマンドラインの使い方
  • Gitの使い方
  • Herokuという、アプリをアップロードできるSaaSツールの使い方

などを学ぶ必要があります。

また、学習の段階は、

  • STAGE1:プログラミングの基礎が理解できている
  • STAGE2:クローンアプリを開発できる
  • STAGE3:オリジナルアプリを開発できる

が必要です。

成長を一気に加速させるならプログラミングスクールが今のところオススメ

上記の学習手順で進めていく場合、必ず

  • STAGE2:クローンアプリを開発できる
  • STAGE3:オリジナルアプリを開発できる

で挫折します。挫折ポイントとしては、

  • そもそもどの教材でどのように学習を進めていいのかわからなくなる
  • エラーが出てきても全く解決できない

などで、僕自身も、メンターが一人もいない状態だとかなりしんどくて挫折しました。

一応知り合いにメンターがいたりすればいいのですが、やはりRubyに限定したメンターを見つけるのはちょっと難しいかもしれません。

そんな時に使えるのが、プログラミングスクールですね。

学生向けに、Rubyが勉強できるプログラミングスクールとしては、

  • Tech Boost (テック・ブースト)  おすすめ度 ★★★
  • Tech Academy(テック・アカデミー)おすすめ度 ★★★

があります。

Rubyが学べるTech Boost オススメ度 ★★★

Tech Boostとは、オンライン・オフライン対応のプログラミングスクールです。

特徴は

  • 3カ月で短期集中でプログラミングが学べる
  • 月額 70,000円(税抜)/ 学生
  • HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails基礎 / Git / PHP / Laravel/Ruby on Rails実践 PHP/Laravel実践/ブロックチェーン/IoT/AI などが学べる
  • オフラインの教室もあり(渋谷)
  • オンラインのみのコースもあり

となっています。学生にもお手頃な価格ですね。

個人的には、

  • ある程度予算がある
  • 自学自習だけだとなかなかモチベーションが持続しない
  • 都内近郊に住んでいる

という方であれば、非常におすすめできるかと思います。

実際にTech Boostの卒業生で、エンジニアに転職成功された方もいらっしゃったので、インタビューしてみたのですが、

  • オリジナルアプリの作成にとっかかりやすい
  • メンターの方々の質がよかった
  • エンジニア向けのイベント情報が知れる
  • 学習期限を過ぎてもスクールに通うことができる

など、非常にユーザー目線なスクールであると感じました。

Aさん:一度Webアプリの作成を経由するので、いざ自分の最初のWebサービスを作ろうとした時に、何をしたらいいかとてもわかりやすくなりました。また、メンターが一人一人に付いてくれるので、コードで詰まった時も気軽に質問できました。転職する時には自作のポートフォリオがあるといいと聞くので、独学時代(8月ごろ)に一度作成を試みたことがあります。しかしながら、作成のアイディア出しにも真剣になれず、どのように進めたらいいかもわからずにうまくいきませんでした。大金を出してスクールに通うことで集中できる環境とスキルアップの土台を得られ、そこから一つの作品を作りきったことが今回の最大の成果であり、一番スクールに通ってよかったと思ったことです。 ≫Tech Boostの評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

無料カウンセリングがありますので、確認してみるとよいかと思います。

Tech Boostで無料カウンセリングを受けてみる

Rubyが学べるTech Academy オススメ度 ★★★

Tech Academyは、株式会社ユナイテッドが運営する、最大規模の完全オンラインプログラミングスクールです。

特徴としては、

  • 完全オンラインで、地方にいても問題なし
  • 8週間プラン 学生119,000円
  • オンラインで質問し放題(15:00〜23:00)

です。個人的には、

  • 予算があまり出せないけど、モチベーションがしっかりとあるので自律して学習できる!

という大学生には非常によいかと思います。

Tech Academy出身者の人にもインタビューしてみましたが、

  • 教材の質が高い
  • レスポンスが速いので、自分で勉強ができる人にはオススメできる

とおっしゃっておりました。(※彼が受講したのはJavaコースです)

DAI: Tech Academyはどうでしたか?コースのレベルや満足度はどうでしたか?またアプリ開発はできるようになりましたか?

もってぃさん:コースのレベルとしては、初心者でも分かりやすく絵も使って説明されていました。
カリキュラムでは学習のサポートをしてくれる担当メンターが1人就いてくれます。週2回のオンライン面談があり、分からないことがあれば、そこで質問も出来ました。カリキュラムの内容をもじった様な自作アプリは作ることが出来る様になったので、総合的には満足しています。(≫Tech Academyの評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

Tech AcademyにはRubyのコースももちろんありますので、ぜひ見てみるとよいと思います。

TechAcademyで無料体験してみる

今社会人で、エンジニア未経験だけど、今後エンジニアに転職したい

  • ファーストキャリアがエンジニアではない
  • 今SEだけど、普段コードを書かない。今後の市場価値を考えて、プログラマーになりたい!

という方も多いと思います。

非エンジニアで、社会人になってからプログラマーになりたい場合は、大学生と同様で、

  • オリジナルアプリを作る
  • 業界の情報を勉強する
  • それをもって採用面接でアピールする

という段階を経て、エンジニアへの転職活動を進めていくことになります。

エンジニア転職をするうえで、やはり一人で勉強して独学でやるのは、メンターが一人欲しいと思います。また、今後の人生を背負うことにもなるので、しっかりと業界知識を身に着ける必要があるかと思います。

ですので、

  • オリジナルアプリが創れるようになるかどうか
  • 業界情報や転職のための情報を提供してくれるか

という視点で、プログラミングスクールをご紹介したいと思います。

Rubyが学べて、社会人でエンジニア未経験の人向けのプログラミングスクールは

です。

転職で全額キャッシュバッグ。エンジニア転職したいなら絶対にココ

ポテパン・キャンプ おすすめ度 ★★★★★

ポテパン・キャンプは株式会社ポテパンが運営する、プログラミングスクールです。

ポテパン・キャンプの特徴としては、

  • ポテパンキャンプの料金は3カ月で10万円ほど
  • 渋谷にオフラインの教室もあり
  • また、就職に成功すると全額キャッシュバッグされる
  • 講師も事業会社の元CTOをはじめ、プロの現役エンジニアがメンターを担当
  • 転職の紹介先企業は、超有名企業。ここでしか紹介できないような案件が多数

という、業界最高水準の教育の質にもかかわらず、非常に安く学べるプログラミングスクールです。

ただし、このスクールには選考があります。つまり、ある程度自分で勉強ができる人しかとっていないので、高い品質の求人が用意できるわけですね。

僕がポテパン・キャンプを推しているのは、理由があります。

  • はじめに選考しているので、本当に優秀なヒトしか受講できない
  • 本当に優秀なヒトしか受講できないから、高い品質の求人が用意されている
  • メンターがちゃんとしたエンジニアしかいない

という点です。もし自分自身がゼロからプログラミングを学ぶなら、間違いなくポテパンキャンプを選ぶと思います。

評判もさながら、インタビューも非常に好感度の高い答えが返ってきています。

総じてポテパンキャンプはいかがでしたでしょうか?
満足度は高くて良い経験ができました。
私自身ムラっ気があるタイプなので、勉強はGwは一日中やったり休んだりとしていました。
ただ、一つずつ課題をクリアしていけば意外と進めるようになりましたので、コツコツやっていくといいかと思います。

≫敷居が高いのが良かった!!就業経験なしから2社内定を貰いRubyエンジニアに転職成功!!

気になる方はこちらの記事もごらんください!

現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

こちらも無料カウンセリングがありますので、みてみましょう。

ポテパンキャンプの公式HPを確認する

TECH::EXPERT おすすめ度 ★★★★★

TECH::EXPERTは、転職を前提としている方むけのプログラミングスクールです。

特徴としては、

  • 受講期間は2.5カ月or 6ヶ月
  • 537,840円(税込)
  • オンラインでの質問は11:00-22:00まで対応
  • 教室では9:00-22:00まで対応
  • 自社求人あり
  • 転職支援として、専属アドバイザー/就活セミナー/企業説明会/企業紹介/面接対策実践的な面接対策や仕事の取り方までをフォロー
  • 2週間無条件返金保証 就職成功保証(※要公式ページ確認)

とあります。真剣にエンジニア転職したい方むけですね。インタビューされた方は、以下のように言っていました。

Aさん:2018年夏から短期集中転職コースの受講を開始しました。私個人の感想としては、スタッフの方々は真摯に向き合ってくれる人が多く同期の仲間たちもやる気に満ち溢れた方ばかりで、平日土日祝日問わず毎日8〜13時間ほど勉強していましたが、非常に楽しい毎日でした。そして何より『エンジニア転職する』という目的を達成でき大変満足しています。(≫【TECH::EXPERTの評判は?】TECH::EXPERTからエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

インタビュー記事も参考になると思うので、ぜひごらんください。

Tech::Expertで無料体験

Dive Into Code:オススメ度 ★★★

株式会社Dive into Code が運営する、プログラミングスクールです。

特徴としては、

  • 3カ月で短期集中でプログラミングが学べる
  • 入会金:100,000円(税込)/受講料:498,000円(税込)
  • 普通のプログラミングスクールでは学べないような、かなり踏み込んで即戦力で通用する力を育成してくれる

となります。学生にはかなり高いですが、相当力がつくようです。

このスクールからエンジニアになったエンジニアの卒業生にもインタビューしたところ、

  • オリジナルアプリの作成までしっかりとコミットしてくれる
  • レスポンスが速いので、自分で勉強ができる人にはオススメできる

と評価されていました!

DAI: Dive into Codeの授業はどうでしたか?

Aさん:そうですね、1人で学習できる人にはオススメなスクールでいいとおもいます。学習のスケジュールがあらかじめ決まっており、それぞれがオンライン上で公開されているテキストで勉強します。それの復習的な感じで教室があって、そこで他のスクール生ともどこでつまづいたのかコードについての情報共有しますね。ですので、前提として1人でも学習が進められる人なら良い環境だと思います。

気になる方はこちらの記事もごらんください!

≫【Dive Into Codeの評判は?】エンジニアに転職された卒業生にインタビューしてみた【PR】

Dive Into Codeの公式ホームページを見てみる

Tech Academy オススメ度 ★★★

Tech Academyは、転職でも十分によいスクールだと思います。

です。個人的には、

  • 予算があまり出せないけど、モチベーションがしっかりとあるので自律して学習できる!
  • 会社を続けながらやろうとすると、なかなか時間がとれないので、完全オフラインでできるようにしたい
  • 地方だからスクールに通うことができない

という社会人にはよいと思います。

Tech Academy出身者の人にもインタビューしてみましたが、

  • 教材の質が高い
  • レスポンスが速いので、自分で勉強ができる人にはオススメできる

とおっしゃっておりましたが、一方で紹介している企業は、業界知識がないと転職に失敗する可能性があるようです。詳しくはインタビューをご覧ください。

≫Tech Academyの評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

TechAcademyで無料体験してみる

最後に

ということで、やりたいことベースにおすすめのプログラミングスクールについて解説してみました。最後に、ご紹介したプログラミングスクールのまとめです。

大学生向け

社会人向け

どれにしたら迷う場合は、まずはどのスクールでも無料カウンセリングをやっているので、キャリア等を相談してみるのがよいと思います。

  • 予算感
  • 講師との相性
  • 教室の場合は通学距離

などと相談してみるためにも、一度スクールの体験に行ったほうがよいです!特に教室がある校舎であれば、基本的に渋谷にあるので、同じ日に体験を予約して一日で回ってみるのもいいかもしれません。教室によっては、ヒトが多すぎたり、マナーが悪いヒトもいらっしゃったりするかもしれません。そういうのは先に無料カウンセリングで現地に行けばわかるかと思います。

上記のプログラミングスクールは、基本的には質の高いプログラミングスクールかとは思いますが、万一のことを考えて、どういう状態であれば返金が対応できるのか、確認しておくこともおすすめします。

転職で全額キャッシュバッグ。エンジニア転職したいなら絶対にココ
AIプログラミングとWeb系言語を学びたいなら