最終更新日:2020/06/15

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。

ウイルスショックから世間もなんとなく日常ムードに戻ってきていますが、「新しい生活様式」が色々な議論を呼んでいますね。テレワークやオフピーク出勤など、働き方に関する話題にも事欠かない毎日です。

今回は、「プログラミングスクールに通うとフリーランスになれるのか?」という話題ついて掘り下げていきます。

この記事では、

  • プログラミングスクールに行って学べばフリーランスになれるのか知りたい
  • フリーランスになるのにオススメのプログラミングスクールを知りたい
  • どうすればプログラミングスクールに通った後にフリーランスになれるのかを知りたい

以上のような人のために、

  • フリーランスエンジニアになる方法
  • 効率よく実績を作るためのプログラミングスクールの選び方とおすすめ

これらに焦点を当てて解説していきます。

プログラミングスクールに行けば、フリーランスエンジニアになれる?

  • Q:プログラミングスクールを卒業後、一度も事業会社で経験を積まずにフリーランスエンジニアとして活躍していけるのか?
  • A:難しいですが無理ではありません

フリーランスエンジニアの仕事は2種類に大別される

フリーランスのエンジニアの仕事を大きく分けると、2つあります。

  1. Web制作系:WordPressテンプレートの作成など。いきなりフリーランスになっても成果を出していきやすい
  2. Webエンジニア系一度就業経験を積まないと難しい。転職前提に学習をすすめる必要がある

Web制作系の仕事を請け負うには、HTMLやCSSをはじめとした基本的なプログラミング言語の習得と、WordPressの基礎知識が必要です。これらを技術的に習得すれば、受注できる仕事の単価は低めですが、フリーランスとしても案件を取りやすいと言えます。

一方、Webエンジニア系の仕事で生計を立てていくとなると、事業会社での就業経験がないとなかなか難しいです。プログラミングスクールに通うにしても、一度は会社勤めで実務経験を積んだ方が良いため、フリーランスを目指すより先にエンジニア転職を前提に考えるべきでしょう。

Web系エンジニアの仕事をするのであれば、独学でもプログラミングスクールに通っても、実務経験ないと厳しいんじゃないかなあ、というのが僕の意見です。

Web制作系エンジニアとしてフリーランスになるには

Web制作系フリーランスエンジニアとして仕事を得ていくために必要なことは、

  • 基礎知識を得る:HTML / CSS / JavaScript / jQuery / PHP / WordPressを学ぶ
  • 成果物を出す:実際にWordPressで企業のHPなどを作成してみる

シンプルに言うと以上です。

HTMLやCSSは、Webサイト制作に必要な、最も基礎的な言語ですよね。これらをはじめとした開発言語を、プログラミングスクールでは基礎から学ぶことができます。

スクールのカリキュラムによりますが、実践編として、WordPressでWebサイトを構築して成果物を出すところまで学べるプログラミングスクールもあります。

基本的には、学んだ知識をもとに自分で成果物を出すことが肝心。知識を得ただけの状態では、フリーランスとして案件を受注し、実際に完遂するのは難しいです。実際にプロダクトを作れるくらいまで、実力をつける必要があると思ってください。

Web系エンジニアとしてフリーランスになるにはどうすればいいか

ブラウザで動くアプリケーションなどを作る、Web系エンジニアとしてフリーランスになるために必要なことを列挙すると、

  • フロントエンド言語を学ぶ:HTML / CSS / JavaScript / jQueryなど
  • サーバーサイド言語を学ぶ:Ruby、PHPなど
  • サーバーサイドフレームワークを学ぶ:Ruby on Rails、Laravelなど
  • 成果物を出す:実際にWebアプリを作る
  • 実務経験を積む:実際にWeb系エンジニアとして就職する

これくらいはあります。プログラミングスクールに通うだけでは十分とは言えないかも。

Webアプリ開発は、WordPressを使ったWeb制作系に比べて扱う言語が多く、必要とされる技術が幅広いという特徴があります。

多くのプログラミングスクールでは、各開発言語の基礎知識の習得は可能ですが、実務で戦力になるレベルの技術をつけるところまでは行かない場合が多いです。

フリーランスとなると、開発技術以外の能力も要求される中で、実務経験がないというのはどうしてもビハインドになります。誰だって、開発経験やポートフォリオがない人に突然仕事を任せるのは難しいということですね。

プログラミングスクールに行かないとフリーランスになれないわけじゃない

エンジニアになるまでに習得しなければならないことはたくさんあります。

フロントエンド言語・サーバーサイド言語、ITインフラや情報の基本的な知識・考え方など。

これらは、プログラミングスクールに通わなくても独学で勉強することもできます。必ずしもプログラミングスクールに行かなくてもよいと思っています。

しかし、実務で通用する技術を独学で習得するのは簡単ではありません。基礎知識をインプットしている段階では難なくこなせても、多くの人はアウトプットをする段階でつまずくためです。

Web制作にしても、サーバーサイドのアプリ制作にしても、いざ自分でオリジナルアプリを制作するとなると多くの壁にぶつかります。この壁を独学で突破でするとなるとなかなか難しいので、プログラミングスクールの需要が高いわけですね。

フリーランスで通用するレベルの技術を独学だけで学ぶのは難しい

以上のように、フリーランスエンジニアとして活躍したい人が独学で実力をつけるのはかなり難しいです。

どういった点が難しいのかをまとめると、以下のようになります。

  • Web制作系エンジニア:技術習得の難易度は、Web系エンジニアになるよりは低いが、フリーランスとして仕事を取るとなると営業なども必要で、人脈や営業スキルがないと難しい
  • Web系エンジニア:エンジニア転職が可能なレベルまでのポートフォリオを作るのは、独学だと技術的にかなり難しい

フリーランスエンジニアには開発技術以外のスキルが求められることも重要

少し話がそれますが、エンジニアと言う職種にかかわらず、フリーランサーには専門技術とは別に多くのスキルが求められます。

  • 営業力
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力

など、会社勤務であれば別職種の人に任せればよかったことを、全て自分で回さなければならないのがフリーランスの特徴です。

開発技術をつけてプロジェクトに参画できるだけの実力がついたら、それをクライアントにアピールしないと、仕事として案件を取ることはできません。代わりに案件を取ってきてくれる営業職の人がいるわけではなく、自分で営業します。

自分を売り込むためには、ポートフォリオと、それを効果的に相手に見せるプレゼン力が必要です。自分を安売りしないための交渉力もないと困りますね。これら全てを身に付けることを考えると、独学からフリーランスに直行すると言うのはなかなか修羅の道です。

エンジニアとして少しでも人脈を作ってからフリーランスになった方が有利ですし、そう考えるとプログラミングスクール通いや会社勤務経験が生きてくるかもしれません。

フリーランスの苦労については、以下の記事に詳しくまとめています。こちらも合わせて読んでみてください。

関連記事:フリーランスで独立を考えている人へ。独立してから悩むことをまとめてみた!  

なるべく早く実績を作りたいのならプログラミングスクールがオススメ

エンジニア未経験からプログラミングを学び、いずれはフリーランスエンジニアとして仕事をしていきたい人が大切にすべきは、ただ知識をつけるだけでなく、技術を示す実績を作ること。

自分でWordpressを使ってWebサイトを制作したり、Webアプリを制作したりして成果物を積み重ね、ポートフォリオを作ること。これが実績を作るということです。

独学だとどうしても、一つ一つの知識を体系的に理解することが難しくなってきます。点と点を線で結び付けて学ぶのが大変です。全体像を理解しながら効率よく学習するためには、プログラミングスクールに投資するのが最速ルートになります。

プログラミングスクールに通っていれば、実際にWebサイトやアプリを作るときに壁にぶつかった時も、プロのメンターから指導・フィードバックを受けることができます。やっぱりこれがプログラミングスクールの最大の魅力ですよね。

フリーランスを目指す人のためのプログラミングスクールの選び方

ここからは、プログラミングを効率よく学びなるべく早く実績を作りたい人のために、プログラミングスクールの選び方と、おすすめのスクールを紹介していきます。

先に前提として改めて伝えておきますが、プログラミングスクールに通ったからといって、フリーランスへの転向やエンジニア転職の有利が保証されるというわけではないので、ここは理解しておいてください。

「えっ、転職が有利になるわけじゃないの?」と思われた人へ。

エンジニア求人を斡旋し、転職の取次をしてくれるプログラミングスクールも少なくなりません。しかし、コードを書かないタイプのエンジニア職など、実務経験としては微妙なものが多いのが事実です。

プログラミングスクールに通うのは、あくまで効率よくプログラミングを勉強するため、と思ってください。

未経験からエンジニアに転職するための注意点については今回は詳しく触れませんが、以下の記事にまとめています。「プログラミングを勉強したのにIT事務員になるのはいやだ…!」と思う人は、こちらも合わせて見てください。

関連記事:エンジニアに未経験から転職するためにやること3か条【知らないと後悔します】

プログラミングスクールでの学習をできるだけ効果的にするために

プログラミングスクールの紹介に入る前に、学習効果をできるだけ最大化するために知っておいて欲しいことを書いておきます。

  • プログラミングスクールに申し込んでも受動的に勉強しているだけだとうまくいかない
    →プログラミングスクールに通うことで「どんなインプットを得たいか」を明確にしておく
  • プログラミングスクールに通う前に、基礎は一通りなぞっておく
    →「Progate」や「ドットインストール」などで基礎だけは独学しておくとよい
  • プログラミングスクールは「不明点の確認」「自分で得た情報の増強」として使うと効率が良い
    →自己解決できなかった問題をメンターに聞く、といった使い方ができるとコスパが良い

以上、先に知っておくと、ただぼんやりとレッスンを消化していくより、効率よく実力をつけていけるはずです。

プログラミングスクールに通って失敗する人にありがちなのは、「とりあえずスクールに課金すれば力がつく」と勘違いしてしまうこと。

ピアノを習っても、練習しないでレッスンだけ行っているだけでは上手く弾けるようにはならないのと同じです。自分でも予習や復習に時間をとり、その補強のためにスクールのカリキュラムをこなす、というような姿勢で臨みましょう。うっかりすると受講料をドブに捨てるようなことにもなりかねません。

プログラミングスクールに通っても失敗する人の特徴をまとめた記事で、陥りやすい落とし穴を詳しく紹介しています。こちらも是非ご一読ください!

関連記事:プログラミングスクールに行っても独立や転職に失敗する人の特徴をまとめてみた

Web制作系エンジニアを目指す人におすすめのプログラミングスクール

Web制作系エンジニアを目指すならば、WordPressを扱うノウハウとフロントエンド系開発言語をしっかり学べるプログラミングスクールを選びましょう。

30万円以内の予算で2ヶ月くらい通えるプログラミングスクールがいいと思います。

受講料0円で転職保証、とかのスクールはおすすめしません。無料のスクールにはそれなりの理由があって、多くはあまりよくないです。また、50万も60万もかかるような高いプログラミングスクールも、悪いとは言いませんが、特別良いかというとそうでもないと思います。30万/2ヶ月くらいの相場以上は、高くなっても正直そんなに大きな違いはありません。

話は戻り、Web制作系エンジニアを目指す人に個人的におすすめなのは、こちらのスクール。

これらのプログラミングスクールを終了して実力をつければ、副業としてWeb制作を行い、10万円程度の収入を得るくらいはできるようになると思います。

フリーランスとして稼いでいけるかはまた別の話ですが、副業でWeb制作を行って稼ぐ方法を、以下の記事にまとめています。「Web制作で稼ぎたい」というモチベーションのある人には、具体的にノウハウをまとめたので、おすすめしたい内容です。

関連記事:【副業したいプログラマーへ!】未経験から在宅副業プログラミングで月10万円稼ぐ方法をまとめてみた 【どのくらいの収入がもらえるかもデータにしてみたよ!】

Web系エンジニアを目指す人におすすめのプログラミングスクール

Webアプリを作るようなサーバーサイドエンジニアになりたい人には、カリキュラム豊富で自分の学びたい言語を選べるようなプログラミングスクールがおすすめ。

やはり、できるだけ手軽な金額で選べたらいいですよね。以下4つのプログラミングスクールがおすすめ。

ここからは、名前をあげた4つのプログラミングスクールの特徴を紹介していきます。

Techacademy:WordPressコース/Webデザインコース/Webアプリケーションコースなど充実!

Techacademyは、間違いないのでとりあえず勧めておきたい優良プログラミングスクールの筆頭。

  • オンライン完結(自宅学習型)
  • 担当メンターが一人つく
  • Web制作系コースがお手軽でコスパGood

教材もわかりやすいと評判で、コースも充実したプログラミングスクールです。

Web制作系エンジニアになるのなら、TechacademyのWordPressコース、Webデザインコースは料金も手軽でかなりおすすめです。基礎知識をカリキュラムで学んでいきながら自分でも制作を進め、困ったら担当メンターに相談すれば効率的に進めていけます。

担当メンターにはチャットで相談できますが、レスポンスも早いと評判です。口コミは、実際にTechacademyを受講した人のインタビュー記事からご覧ください。

インタビュー記事:【体験談】TechAcademy(テックアカデミー)の評判を卒業生に徹底インタビューしてみた

とりあえずどんなもんか見てみたい、という人には無料体験がおすすめ。実際の教材やメンターサポートを、1週間の間無料で体験できます。

無料体験でありながら、カリキュラムもかなり本格的です。

カリキュラム
プログラミングの基礎を学習し、簡単なWebアプリケーションを作成。

  1. Webアプリケーションを作ろう
  2. Webサイトの仕組み
  3. HTMLとは
  4. CSSとは
  5. JavaScriptとは
  6. 変数
  7. 数値計算
  8. 条件分岐

課題:天気予報を作ってみよう

(引用元:Techacademy公式HP

とりあえず試してみて、肌にあったら好きなコースを申し込んでみてもいいかもしれませんね。

コースのラインナップや金額などは、Techacademy公式HPから確認してみてください。

CodeCamp:オンラインマンツーマンレッスンがNo.1!法人導入実績も

CodeCampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つプログラミングスクール。東証一部上場企業からの信頼も厚く、法人プログラムの評判も上々です。

  • オンライン完結(自宅学習型)
  • 現役エンジニアによるマンツーマンサポート
  • 365日:朝7時~24時まで授業を提供

僕自身も、CodeCampのレッスンを体験したことがあります。

評判を確かめるべく2ヶ月間受講してみましたが、とくにWeb制作系を学ぶならかなりおすすめできるなと感じました。このブログ(DAINOTE)も、CodeCampでの学びを役立ててゼロから制作したもので、得られるスキルにかなり満足しています。

サーバーサイドのアプリ開発系を目指すのであれば、CodeCampでは少しレベルが足りない部分を感じましたが、Web制作系でフリーランスを目指す人にはおすすめです。

僕の体験に関して詳しくは以下の記事をみてください。

体験記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

CodeCampも、本格的に申し込む前に無料体験レッスンで雰囲気を知ることができます。受講コースを迷っていたり、プログラミングを勉強した後のビジョンについて不安があったりする人は、無料体験でいろいろ聞いてみましょう。

2020年6月現在、無料体験レッスンを受講すると1万円の割引クーポンをゲットできるそう。CodeCampに申し込むなら、無料体験レッスンを挟んでからが絶対お得ですよ!

RaiseTech:実力派現役講師陣による確かなノウハウを伝導!

RaiseTechは、月単価80万以上の現役フロントエンジニアのみを採用しており、講師陣の現場ノウハウを肌で感じられるプログラミングスクールです。

現役エンジニアとして、企業勤務はもちろんフリーランスでも活躍している講師も多く、開発技術以外の営業テクニックなども教えてくれるのがとてもいいですよね。

現在RaiseTechが提供しているコースは以下。

  • Java, AWSに特化したエンジニア転職コース
  • WordPressの副業を目指す、WordPress副業コース

質の高い教材を使って、優秀な講師陣から学べます。一般的なスクールではスキップされがちなインフラの知識など、情報系のベースとなる基礎知識も教えてもらえるようです。

RaiseTechに実際に申し込んでSlackに参加すると、学習報告やプログラミングに関する質疑応答、転職活動の支援などを受けられます。業界の情報がナレッジとして蓄積されていて、IT業界に飛び込むエンジニア初心者にも安心だなという印象を受けました。

RaiseTechについては、こちらの取材・体験記事で魅力や思ったことを語っています。

取材・体験記事:RaiseTech(レイズテック)を実際に受講してみた感想

他スクールに比べると若干受講料が高くつきますが、案件の取り方なども教えてもらえるので、フリーランスになりたい人にはいいと思います。フルコースなら2週間の無料トライアルがあり、今なら早期申し込みで10%割引の早割もやっているそう(2020年6月時点)。要チェックですね。

RaiseTech(レイズテック)
本気で転職・副業を検討しているなら

RUNTEQ:Ruby on Railsを学べるスタートアップ就職直結型スクール

RUNTEQは、スタートアップ企業からの受託開発をメインとする、株式会社スタートアップテクノロジーが運営するプログラミングスクール。「スタートアップで必要とされる開発人材の育成」に特化したカリキュラムを学べます。

スタートアップで活躍することがゴールなので、かなり実務に近い内容でプログラミングを学ぶことができます。他のスクールに比べ、コードレビューの質もかなり高く、難易度の高い内容まで解説してくれます。

僕も実際にRUNTEQを受講してみました。「カリキュラムが実務に近いってどういうこと?」と思った人は、こちらの記事をみてください。かなり細かい内容もあるので、今回の記事では割愛するような情報をたくさん載せています。

体験記事:【体験談】RUNTEQを実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点

RUNTEQは即戦力になるような人材の育成を目標にしているだけあって、かなりレベルが高いです。Web制作系エンジニアを目指したい人、フロントエンド部分だけを勉強したい人は、RUNTEQでなくてもいいかなと思います。

RUNTEQはまだ教室規模もそれほど大きくないので、一人一人のサポートが手厚いと思います。今が狙い目かもしれませんね!無料カウンセリングもやっているそうなので、「どのくらい厳しいかな?」と気になる人はぜひカウンセリングで聞いてみてください。

まとめ

フリーランスエンジニアになりたい場合、プログラミングスクールに通うことはあくまで選択肢の一つで、マストではありません。が、やっぱりプログラミングスクールに行くメリットは多いです。

  • プログラミングを効率よく学ぶことができる
  • 開発でつまずいたらメンターや講師からのフィードバックがもらえる
  • 企業への就職・転職ノウハウや、フリーランスの案件の取り方などを現場経験者から学べる

このように、フリーランスで活躍できるようなエンジニアを目指すなら、目的を明確にした上で、プログラミングスクールに通うととても効果的です。

フリーランスのエンジニアといっても、

  • フロントエンドを学んでWeb制作系エンジニアになるか
  • サーバーサイドを学んでアプリ開発などに携わるWeb系エンジニアになるか

どちらを選ぶかによって、最適なプログラミングスクールは変わってきます。自分がどうなりたいか、ビジョンを明確にした上で選びましょう。

今回紹介したプログラミングスクールは以下4つ。それぞれの詳しい商品情報は、ぜひ公式サイトを訪れてリサーチしてみてください!まずは無料体験で、アクションを起こしてみましょう。

  • Techacademy:WordPressコースやWebデザインコースのコスパ◎
  • CodeCamp:上場企業導入実績も豊富なオンラインマンツーマン
  • RaiseTech:高報酬の現役エンジニアから技術もフリーランスノウハウも学べる
  • RUNTEQ:スタートアップ特化型で即戦力を目指せる

関連記事一覧

RaiseTech(レイズテック)
本気で転職・副業を検討しているなら