全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

この記事は、記事広告(アフィリエイト)です。このブログのアフィリエイト・ポリシーに準じています。

  • 起業するときにプログラミングを学んだ方がいいとはよく聞くけど、本当にやる価値あるだろうか
  • 自分の得意なことはプログラミングじゃないから別に学ぶ必要はないのでは?

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

僕自身、個人事業主として小さく経営していますが、個人的にはプログラミングを学んでから起業するべきだと強く思います。

そこで今回は、起業を志す人がなぜプログラミングを学ぶべきなのかについて、理由を解説します。

起業する前にプログラミングを勉強すべき4つの理由

起業する前にプログラミングを勉強すべき理由は4つあります。

  1. プログラミングを理解しておくと、人に仕事を任せやすくなるから
  2. プログラミングを理解しておくと、人を採用しやすくなるから
  3. プログラミングを理解しておくと、エンジニアが定着しやすい環境を実現できるから
  4. プログラミングを理解しておくと、技術でどんなビジネス上の課題を解決できるかわかるから

それぞれ詳しく解説します。

①プログラミングを理解しておくと、人に仕事を任せやすくなる

まず第一に、プログラミングという技術について知識があるだけで他のエンジニアに仕事を任せやすくなるため、起業する前にプログラミングを勉強するべきなのです。

プログラミングについて全く触れたことがない人では、仮に技術の説明をされても適当に理解して、あるいはほとんど理解できないで終わってしまいます。また、プログラミングの技術について全く理解がないと、「こういうものを作って欲しい」と技術者に伝えようとしても、同じ言語レベルでコミュニケーションができないため、誤解や齟齬が生じやすいのです。

一方で、例えば簡単なWebアプリを一つでも開発したことがあると、実際にプログラマーがどんな技術を用いて何を実装するのか、より踏み込んだ理解が可能になります。これくらいの新規実装であれば、工数はこれくらい。今の経営資源的には十分だから、これを任せよう! というような、開発現場に即した意思決定ができるようになるわけですね。

起業する前にプログラミングを勉強すると
→エンジニア目線で話ができるようになり、開発現場に即した意思決定ができる!

②プログラミングを理解しておくと、人を採用しやすくなる

起業する前にプログラミングを勉強すべき2つ目の理由は、「必要な人を必要なだけ雇う」センスが磨かれるから。

プログラミング技術の全体像が見えると、どんな技術が必要か=どんなスキルを持った人を雇うべきかということをより高い解像度で理解することができるのです。

「今、デザイナーが必要です!」とスタッフに言われても、デザイン系の技術を理解していないと、その本質を理解できないことがあります。Adobe Illustratorを使ってデザインを考えるクリエイターが必要なのか?クリエイターがデザインしたものを、htmlやcss、JavaScriptなどを用いてコーディングする人が必要なのか?この意味がわからないということは、現場が本当に必要とする「デザイナー」とはどんな人材か判断できないということです。

必要なタイミングで必要な経営資源を確保するのは経営者としてとても重要なこと。プログラミングの技術を理解していないと、その経営資源の重要度や市場価値を理解できません。よって、掲げるビジョン実現のために必要なスキル・人材を的確に判断するために、プログラミングを勉強しておくべきなのです。

起業する前にプログラミングを勉強すると
→必要なスキル・人材を技術レベルでイメージでき、より的確な採用活動を行えるようになる

③プログラミングを理解しておくと、エンジニアが定着しやすい環境を実現できる

プログラミングを経営者が理解していると、エンジニアの気持ちがわかるようになり、結果としてエンジニアがより定着しやすいような職場環境・労働環境を追求できます。これが、起業前にプログラミングを学んでおくべき3つ目の理由。

プログラマー・エンジニアは市場価値が高く、より好条件な仕事や案件を見つければすぐに転職してしまいます。長期的にエンジニアを雇用したい場合はどうしても、経営者レベルでエンジニアの幸せを考え、優秀なエンジニアをつなぎとめる職場作りをしなければなりません。労働時間や労働場所、コミュニケーション手段など、経営者レベルで検討すべきことは色々あります。

エンジニアが働きやすいと思う環境はどのような環境なのか、業界知識やトレンドを知っておくだけでも、何も知らない経営者に対して大きく差をつけることができるはず。プログラミングを勉強して、日頃からエンジニアの労働事情にアンテナを貼っておくことで、いい経営者になれるでしょう。

起業する前にプログラミングを勉強すると
→業界の労働事情やトレンドを知り、優秀なエンジニアをつなぎとめる職場環境を考えられる

④プログラミングを理解しておくと、技術でどんなビジネス上の課題を解決できるかわかる

起業前にプログラミングを学んでおくと、プログラミング技術でどんな課題を解決することができるのかイメージできるようになります。この技術を使うと何を解決できるのか、という具体的な視野・視点がないと、流行りに乗って、すぐ「ブロックチェーンで革命を起こす!」などと言いがちです。

プログラミングを勉強して知識をつければ、例えば「Pythonを使えば、自分の記事の検索順位を毎日自動取得してSlackに通知できるな!」などと具体的なイメージが湧いてくるようになります。プログラミングの仕組みによって何ができるのか知っていれば、上流レベルのビジネスイメージが、素人のそれとは比較にならないほどいいものになります。

技術によってどんな社会的課題を解決することができるのか、より具体的なイメージで検討できるということは、経営者に必要な能力です。プログラミング技術によってどんなプロダクト・サービスを生み出せるのか考えられる経営者になるために、起業前に勉強しておくとよいのです。

起業する前にプログラミングを勉強すると
→技術によって何ができるのか具体的に想像でき、ビジネス設計に役立てることができる

起業前のプログラミング学習にうってつけのスクール3選

起業する前にプログラミングの知識をつけたくなってきたでしょう。まず何をやればいいのか?とりあえずWebアプリ一個作ってみましょう。とはいえ一から全部を学ぶのは大変なので、知識ゼロからアプリ開発まで一通り勉強できる、比較的安価なプログラミングスクールを利用して短期集中で学んでしまうのが手っ取り早いと思います。

起業を検討している方向けに、オススメのプログラミングスクールを紹介したいと思います。

起業前もおすすめのプログラミングスクール①:Tech Boost(テックブースト)

Tech Boost(テックブースト)は、エンジニア特化のキャリアサービス事業を展開するBranding Engineer(ブランディングエンジニア)が運営しているプログラミングスクール。プログラミング技術を一から学びたい起業志望者にうれしいポイントを紹介しましょう。

  • 基礎技術だけでなく、ブロックチェーン、AI、IoTなどのトレンド・最新技術に触れられるコース
  • 最短3ヶ月でのエンジニア就職も目指せる短期集中型カリキュラムで、Webアプリ制作を実践

Tech Boostのホームページには、Tech Boostでの勉強中に開発したアプリを元に起業した人のコメントも掲載されています。

オリジナルアプリを元に起業

“TECH BOOSTでオリジナルアプリを作成し、それを元に起業しました。アプリを作る時は、解決できないようなエラーに何度も遭いましたが、専属メンターにいつでも質問できたので、無事完成にたどり着くことができました。またキャリアメンターの方が起業について詳しく、起業に際してのためになる話なども聞くことができ、プログラミング以外の面でも学べることの多いスクールでした。”

引用元:Tech Boostのホームページ

Tech Boostでは、基本を学べるベーシックターム、ディベロップターム、AIなどのトレンド技術を学ぶイノベーティブタームと、それぞれ内容の異なるコースが用意されています。そのため、がっつりとまずはWebアプリを付ける知識をつけ、さらに最先端技術についての理解をしたい!という方にお勧めのコースです。

パッと内容を見てもどれがいいか判断できない、迷ってしまうという人は、無料のカウンセリングを利用してみてください。専門のメンターが学習計画をコンサルティングしてくれます。カウンセリングまではタダです。

Tech Boostで無料カウンセリングを受けてみる

関連記事:【体験談】Tech Boostの口コミ・評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

起業前もおすすめのプログラミングスクール②:ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは、「実際の現場よりも厳しいプログラミングスクール」の名を馳せるスクール。3,000名以上のエンジニアのキャリア支援を行ってきたポテパンが運営ており、未経験からのエンジニア転職に強いと有名です。

エンジニア転職に特化したスクールでしたが、最近は、2ヶ月100,000円(税別)でプログラミング基礎を学べるコースができ、転職意思のない人にも利用されるようになりました。

比較的安価で実践的なスキル(=転職市場で結果を残せるようなスキル)を目指せるため、コスパの良いプログラミングスクールだと言えるでしょう。ただ、アプリ開発特化スクールなので、Web制作系を勉強したい人には向いていません。

アプリ開発特化?Web制作?プログラミングの基礎を勉強したい起業志望の皆さんの中には、そのレベルで理解できない人もいると思いますが、全く問題ありません。ポテパンキャンプでも、相談だけなら損しない無料カウンセリングがあります。気になるコースを選ぶ→名前・メールアドレス・電話番号を入力する、この2ステップで申し込みが完了します。思い立ったが吉日、とりあえず行動してみるのもいいと思います。タダですし。

ポテパンキャンプの公式HPをチェック

関連記事:現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!【PR】

起業前もおすすめのプログラミングスクール③:TechAcademy(テックアカデミー)

起業を志す皆さんに最後にオススメするプログラミングスクールは、TechAcademy(テックアカデミー)オンラインスクールなので、場所を選ばずプログラミングを学習できます。

TechAcademyの見所は、コースの豊富さにあると言っても過言ではないでしょう。興味のある分野や学習期間によって、自分に合ったコースを選べます。例えば「はじめてのプログラミングコース」は、非エンジニアでもエンジニアとのコミュニケーションを円滑にできるような内容が考えられているなど、教養としてプログラミングを学びたい起業志望者にはもってこいかもしれませんね。

先述の通り、TechAcademyの学習スタイルはオンライン。オンラインスクールの魅力は学校や仕事とも両立できることです。一方で、オンラインでの学習は通学型の学習に比べて挫折の壁が大きいとも言われます。TechAcademyでは、初心者がつまずいて挫折してしまわないよう、メンターがマンツーマンでの相談や無制限の課題レビューを行ってくれるので、家で一人で学習するのに不安がある人でも安心です。

TechAcademyにも、ブートキャンプの無料体験が用意されています。TechAcademyでの学びを1週間無料体験できるだけでなく、無料体験者向けの特典も用意されているので、やらない手はありません。以下のリンクから簡単に無料体験を始められます。

TechAcademyで無料体験してみる

関連記事:【体験談】TechAcademyの評判を確かめにエンジニアに転職された卒業生にインタビュー【PR】

【まとめ】プログラミングを身につけて起業した経営者のココがすごい!

起業する前にプログラミングを勉強した経営者は、

  1. 開発現場を理解した判断力で、人に的確に仕事を振ることができ、
  2. 必要なスキルと人材を専門的に判断して、無駄のない採用活動を行うことができ、
  3. エンジニアの気持ちを理解して、理想的な労働環境を検討することができ、
  4. プログラミング技術を実際のプロダクト・サービスに活かすことができる

という差をつけることができます。

もはや、プログラミングの知識がないまま今のIT社会で起業するのが恐ろしいくらいにも思えます。

起業の前にプログラミングをかじっておくならオススメの、良質かつ比較的安価なプログラミングスクールは、

  1. Tech Boost(テックブースト)
  2. ポテパンキャンプ
  3. TechAcademy(テックアカデミー)

以上3つ。起業志望者向けプログラミングスクールです。

どれも無料カウンセリング無料体験を用意しているので、とりあえずの気持ちで申し込んでみてください。本番コースを申し込むまでなら経験し放題。3つ全て無料相談に申し込んでみて、比較検討するのもオススメです。スクールにも雰囲気があるので、合う合わないがあるかと思います。そこは実際に雰囲気を見たうえで受講してみるのがおすすめです。