エンジニアになりたいというヒトは、まずプログラミングスクールを検討するのではないでしょうか。
しかし、

  • プログラミングスクールに入るべきなのか
  • どのプログラミングスクールに入ればいいのか

など、疑問に思うことが多いと思います。そこで、今回はプログラミングスクールの選び方について、解説したいと思います。

そもそもプログラミングスクールに行く目的は?

まず、どのプログラミングスクールに行くべきかという手段ベースで考えるのではなく、どういう状態にしたいのかを考えましょう。
例えば

  • 趣味でアプリを作りたい
  • 副業でプログラミングで稼ぎたい
  • プログラミングについて理解したい
  • エンジニアとして未経験から転職したい

等、様々な要望があるかと思います。この中で、自分がどれに当てはまるのか、よく考えてみて、そこから必要なスキルを逆算して身に着けるといいと思います。

趣味でアプリを作りたい!というヒトは、別にプログラミングスクールに行くまでもないと思いますので、以下のURLを参考にプログラミングを勉強してみるといいと思います。

≫【保存版】今話題のPythonでできることを、プログラミング未経験者でもわかるようにまとめてみた

副業でプログラミングで稼ぎたい、エンジニアとして未経験から転職したい!という方は、次の章を見てみましょう

エンジニアになるために必要なスキル

仕事でプログラミングで稼げるようになるスキルは、どんな感じなのでしょうか。こちら、ツイッターで実際にエンジニアのヒトに聞いてみました。

これに関しては、以下のような答えが返って来ました。

Webアプリでですが、

・HTTPの基礎やDBの基礎が大体分かっている
・オリジナルアプリを一般公開している
・オリジナルアプリでテストを書いたことがある

とかまでしてたらあんまり技術面では不安にはならない気がします。

 

自分自身でエラーや不具合の原因を調べ、解决する方法を習得することができたら。」ですかね。技術自体もどんどん進化していくので、XXXが使える、というハードスペックよりも、「自己解決力」「技術変化への対応力」がエンジニアとして働く上では必要かと思います。

 

「採用面接時のアピール」という前提条件で、
・オリジナル性の高いアウトプットを示す
・上記におけるつまずいたところや、どのように解決したかを補足説明する
「自己解決力」はアウトプット量に比例する能力だと思うので、インプット経験より、とにかくアウトプットを示すことが第一歩かと!

 

いちばん手っ取り早いのはポートフォリオですね。
CakeでもRailsでも何でもいいので提出出来れば、それだけで10人に1人の逸材になれます。

作成に使った技術や苦労した点まで説明できれば、未経験としては満点だと思います😇

 

「調べたらできる」が大きな基準となりそうです。

基礎知識がしっかりしていて、やったことないことでも調べたらできるなら未経験でもやっていけると思います。

具体的には

「ググれる」
「デバッグできる」
「これらを行うスピードが速い」

の3つが該当します。

 

上記の答えを簡単にまとめると

  • ゼロからオリジナルアプリを開発できる
  • 自分でインターネットで検索しながら(ググりながら)エラーを解決(デバッグ)できる
  • できれば、テストコードも書ける

ぐらいの力があれば、未経験でも採用してくれるようです。

プログラミングスクールでできること

一部のプログラミングスクールを除いて、基本的にプログラミングスクールでできることは、

  • ゼロからアプリを作れるようになる力

を身に着けることができます。一方で、ほとんどの場合は、プログラミングスクールに通ってもグループ開発はできるようになりません。(※ポテパン・キャンプというプログラミングスクールに行けば、グループ開発まできっちり教えてくれます。)

プログラミングスクールに行く目的

ということで、プログラミングスクールに行く目的としては、

  • とりあえず最初の一つ目のアプリを作れるようになる

ぐらいを目標にしていくといいと思います。で、一つアプリができるようになったら、そのアプリを利用して、
エンジニアの採用面接等を受ければ十分です。

そもそもプログラミングスクールに行く必要があるか

で、ここからが重要なのですが、プログラミングスクールに行くべきか否かという話です。個人的には

  • 一人でプログラミングを独学して、アプリを開発できるレベルまで行けるのであれば必要なし
  • 無理なのであれば、サポートとしてプログラミングスクールに行けばいい

と思います。変な話、独学でもアプリをゼロから作ることは可能です。どうしても無理ならいくというのでいいと思います。

とりあえず何個かオリジナルでアプリを作れるようになっていればいいです。早めに採用して、仕事をしながら学ぶほうがスキルがつくと思いますので、何カ月もプログラミングスクールに通わず、さくっとアプリをゼロから自分で作れるようにして、エンジニアに転職するのがいいかとおもいます。

プログラミングスクールに通わずに勉強するならどうすればいい?

プログラミングスクールに通わずに、プログラミングを勉強する場合のおすすめです。

 

①ProgateとRails Tutorialをやる

ProgateというWebサービスで、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • SQL
  • GIt
  • Commad Line

あたりを勉強しておきましょう。

また、Rails Tutorialでは、ツイッターのコピー(クローン)が作れるチュートリアルなので、これを参考にしつつゼロからWebアプリを作ってみるといいと思います。

②#DAINOTE で勉強してみる

こちらは僕が作っているチュートリアルなのですが、簡単にPythonを利用して、ゼロから簡単にアプリを作ることができます。

≫プログラミング学習チュートリアル「#DAINOTE」で学ぶとどんなアプリが作れるのかまとめてみた

最後に

ということで、プログラミングスクールの選び方でした。まとめると

  • アプリ開発をゴールにする
  • 独学で作れない場合はプログラミングスクールを、独学でできる場合はネット上のサービスを利用する
  • 作ったアプリを採用面接にもっていって、エンジニアの仕事をもらってそこで成長する

というのが一番おすすめです。