全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

転職って怖いですよね。私の周りにも転職をしたいと思いつつ、なかなか決断できない人がいます。

今回はなぜ転職が怖いのかについてお話していきたいと思います。

①転職先が今の場所より悪条件だったらどうしようという不安があるから

現状を変えたいと思いつつ、収入、福利厚生、勤務形態などの条件が今よりも悪くなることへの不安により、転職が怖くなります。
今よりも悪条件になるならば転職しない方がいいと考える人は多いでしょう。

特に、今の会社の一部に不満があり転職したいと思っている場合にはなおさら転職へ踏み切ることが難しいです。

例えば、人間関係においては最悪だと思っているが、収入には満足している場合などです。収入が今よりも下がるのであれば転職しない方がいいかもしれないと考えます。

また、さほど仕事内容にも雇用条件にも不満はないが、何かぼんやりと嫌だと感じている、つまり何が嫌なのかがわからない状態だと転職をすることが難しくなります。

何が嫌なのかの分析ができていない状態では環境が変わることへの怖さだけが募り、転職をするに至りません。

point!:転職を考える際には、まず自分が今の会社の何が嫌なのか・どこの条件が譲れないのかの整理をする。

②長くいることのメリットを考えてしまうから。

一つの会社に長く勤めていると、「長く勤めている」という実績だけが買われ、昇進の話や給料が上がる話が持ち上がってきます。もちろん、一定その人のスキルや仕事の出来もありますが、「会社に長くいる=経験がある」とされ、様々な面で上を目指すことができます。そのため、現職に何か不満があったとしても、今の会社に留まる人は多いです。

本当に昇進や昇給することが目的ならば、今の会社に長く務めることに意味はあるでしょう。しかし、色んな経験を積みたい・今の仕事が自分に合っていないと思っているならば、環境を変えることも一つです。

また、環境を変えることで自分の求めるものが叶えられるのか、そうでないのかも考える必要があるので、目指す仕事をしている人の話を聞く・調べることを忘れないようにしましょう。

point!:自分の求めていることが今の会社で叶えられるのかそうでないのかを分析する。

③実は自分が何をしたいのか分からないから

自分が何をしたいのか、どうありたいのかが分からないから転職できないということがあります。また、転職したい理由もぼんやりしているから、いざ転職しようとしても動けません。

なぜ転職したいのかと聞かれた時は「嫌だから」と答えることができるでしょう。一方で、「嫌ならばどんなことをしたいの?」と聞かれて答えられる人は少ないです。

嫌なことを明確にすると同時に、やりたいことの部分を明らかにすることで、自分がどうしたいのか、どうありたいのかが見えてきます。
自分がどうしたいのか、どうありたいのかを考えるためにまずは自己分析をしていきましょう。また、前職で自分がどんなことで活躍してきたのか・自分がどんな時にやりがいを感じるのかを説明できるようにしておくことも重要です。

一人で考えがにつまってきた時には、他の人と一緒に考えるのおすすめです。自分のことを客観的に評価してくれる人と話すと、やりたいことが見えてくることがあります。どうすればいいのか分からないことを明らかにすることで実際の方向性が見えてくるでしょう。

point!:自分の活躍したことややりがいを感じるものは自分に向いている仕事を整理する。一人で難しい時には他者と一緒にする。

さいごに

初めて仕事を辞める、転職活動を始める時はみんな怖いと思います。今までのものを手放し、新しい場所に踏み込もうとする時は不安を感じるものです。

ただ、今の会社が違う・転職したいという気持ちがあるならば、今一度この会社に残るべきか、そうでないかを整理してみてください。

また、転職活動の際には自分自身で自己分析や企業分析をしつつ、自分の目指す業界の人に話を聞いてみる・自分のキャリアについてフラットにみてくれる人に相談することを試してみてください。そうすることで、より立体的に自分がどうしたいのかが見えてくると思います。

参考)転職のキャリア相談に使えるサービス

詳しくは関連記事にしっかり書いてあるのですが、キャリアを相談するためにオススメなサービスをご紹介します。

関連記事:第二新卒の転職サイト、転職エージェントオススメは?採用担当者に聞いてみた!

とにかく利害関係のない人から客観的なアドバイスを受けたい…:そうだんドットミー

求人を紹介しないキャリア相談サービス

そうだんドットミーは、求人を紹介しないのが特徴のキャリア相談サービス。「転職させてマージン取らないと!」というがめつさがないので、真剣で確実なキャリアアドバイスを受けることができます。

そもそも、「今の会社は本当にヤバイのか?」「他の同業会社はどうなんだろう?」と言った情報を整理していないと、フェアにメリット・デメリットを考えるのは難しいですよね。でも、そんなことを相談できる相手と言えば、業界事情に通じたプロしかいません。

そんなプロに相談しまくれるのが、そうだんドットミーです。

求人紹介で利益を得ている会社ではなく相談自体を売り物にしている会社なので、相談料がかかりますが、これをケチってもいいことはないと思います(笑)。プロに相談して確実な情報を得られるのであればお安いもの。プロのキャリアアドバイザーや人事担当者などになんでも相談することができます。

僕も実際に相談してみたことがあり、その時の体験を体験記事にしています。ご参考にどうぞ!

体験記事:【体験談】そうだんドットミーで、キャリア相談してみた!

求人を紹介しないキャリア相談サービス

選ぶべき求人サイトの条件は「求人数が多い」:リクルートエージェント & DODA

日本最大級”のエージェントサービス

今の会社を辞めることにしたとして、いざ転職活動。転職する時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます。

先ほども書きましたが、第二新卒はスキル採用ではなくポテンシャル採用となります。なので、スキル推しの転職サイトに登録してもあまり意味がありません。

さらに、求人数の少ない転職サイトだと、選択肢が少なすぎて自分にフィットする会社に出会う確率も低いです。

なので、転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

以上に登録しておけば十分です。

リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富な部分と、第二新卒の転職に強いアドバイザーが多いこと。「第二新卒求人特集」があったり、第二新卒の転職を力強くバックアップしています。

日本最大級”のエージェントサービス

転職活動の間にがっつり優秀なアドバイザーからサポートを受けたい:ゲキサポ!転職

求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

転職を決めて転職サイトにも登録して、いざ転職活動を始めてみたものの、そもそも何がしたいのかわからない、いきたい会社の求人がもらえない、、と悩む方もいらっしゃると思います。そんな悩みを解決するのが、「ゲキサポ!転職」。

ゲキサポ!転職は、「転職のライザップ」だと思えば間違いありません。なんと、キャリアアドバイザーが2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるサービスです。2ヶ月つきっきりでダイエットのマネジメントをしてもらうのと、イメージ的には同じです。

初めての転職活動だと、どうしても上手くいかないこと、不安なことは多いですよね。そんな時にゲキサポ!転職は、

  • 自己分析
  • 業界研究
  • 面接対策

などなどについて、具体的なアドバイスをしてくれます

ゲキサポ!転職には、業界特化型のコンサルタントや、元リクルートエージェントの敏腕キャリアアドバイザーなど、実力派アドバイザーが集結しています。

転職エージェントのキャリアドバイザーには当たり外れがあるのが現実。ですが、そんな不安を払拭するなら「ゲキサポ!転職」です。

求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

まとめ

今の仕事を辞めて転職に踏み切るか?それとも「石の上にも三年」ともう少し粘ってみるか?

悩んでいる人がまずすべきことは、デメリット・メリットを早い段階で認識しておくこと。

その後で、自分に背負えるリスクと、どうしても優先したいリターンを整理していくのがセオリーです。

まずはそれらを整理するために、色々な人と話してデメリット・メリットの材料を集めていきましょう。頼りになる第三者に相談を持ちかけ、焦らず考え続けてください。

迷ったら、

  1. そうだんドットミーで現状をがっつり相談する
  2. リクルートエージェント・DODAに登録して大量の求人の中から企業を探す
  3. ゲキサポ!転職でプロの後ろ盾の元転職活動を進める

などのサービスも利用してみてくださいね!

関連記事

【体験談】第二新卒での転職で成功するための方法をまとめてみた

関連記事

>第二新卒で転職活動をする際に心がけることを、キャリアカウンセラーにインタビューしてみた【PR】

>【体験談】第二新卒での転職で、未経験職でも成功するための3つの方法をまとめてみた