全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。入社1年目で会社をやめたマンです。

さて、つい先日、仲の良い大学の後輩に「入社1年目で会社を辞めたい」と相談を受けました。

ネットで調べると、1年目は「我慢して努力しろ!」という声が多いんですよね。「仕事がつらくても3年は勤めてから判断するべき」という言説、聞いたことはありませんか?

これらの意見も完全に間違っているとは言えません。しかし僕は、全ての選択肢にはメリット・デメリットがあって、その選択肢を選ぶ人によってどっちがいいか悪いかは全然違うと思うんです。「これが正しい」と、全ての人に同じ考えを当てはめるのは難しいものです。

僕も新卒の時に同様に「やめるべきかそうでないか」に迷い、色々なことを整理した結果辞職を選択しました。今は全く後悔しておらず、あの時の選択は間違いではなかったと思っています。

そこで、今回は入社1年目で会社をやめるべきかどうかを考える上で役立つ、メリット・デメリットの考え方について解説していきたいと思います。

  • 今の仕事が合っていない気がするけど、やめる決心がつかない…
  • 第二新卒として転職するのは正直どうなんだろう?
  • 1年目で会社をやめて、将来は大丈夫なのだろうか?

こんな悩みを抱えた人におすすめの内容です。

前提:転職に限らず、全ての選択肢にはメリット・デメリットがある

僕、全ての選択肢にはメリット、デメリットが存在すると思うんですよね。仕事選びや転職活動に関わらず。

    ですから、「1年目でやめる」も「3年間我慢する」のどちらかいいかを、絶対論で語ることはできないと思うんです。結局どちらかいいかはその人自身の性質や環境、シチュエーションに依存すると思うんですよね。

    万人に当てはまる「一般論」は存在しないはず。具体的な言葉で説明していきます。

    入社1年目で辞めるメリット・デメリット

    会社に入って、「こんなつもりじゃなかった」「もともと募集で応募した職種とやっていることが全然違う」と思う人は決して少なくないはず。そんな時には、メリットとデメリットをよく整理して考えてみることをオススメします。リターン・リスク、とも言い換えられますね。

    例えば、「入社1年目での転職」には、以下のようなデメリットがあります。

    1. 1年目で転職するので、今までの経験は全てリセットされる
    2. 第二新卒採用になり、スキルによる評価ではなくポテンシャル枠になるので、給与が落ちる可能性が高い
    3. あと3年間働けば、もっと大きな裁量のポジションに行けるかもしれないが、転職すると白紙に戻る

    一方で、メリットは下記の通りです。

    1. 一からキャリアをリセットできるので、別の職種にも挑戦できる
    2. 転職先で担当する業務が自分にあっていて、大きく成長できる可能性がある

    以上のメリット・デメリットを比較して天秤にかけ、自分の希望・状況ではどちらを優先すべきか整理してみましょう。

    入社してから、3年間くらい頑張ってみる場合のデメリット・メリット

    例えば、今「仕事をもうやめよう」と考えていたけれど、少し不安になって、「やはり入社後3年間くらいは頑張ってみよう!」ということにしたとしましょう。その場合ももちろん、メリット・デメリット(リターン・リスク)があります。

    例えば、デメリット(リスク)を挙げていくなら以下のようなものが考えられます。

    1. 3年経っても自分のやっている仕事が全く変わらず、状況は何も良くならない可能性がある
    2. 急な異動があり、社内で志望していた職種からますます遠ざかることもある
    3. 新卒入社後3年以上経ってから転職しようとする場合、第二新卒枠ではなく中途採用枠で採用が行われるので、ジョブチェンジ(職種変更)が困難になる

    なかなかリスキーだと思いませんか?僕自身の話で言えば、このリスクをとるのはちょっと無理だな、、、と思ったので転職しました。

    一方、新卒入社後3年間勤めた場合のメリット(リターン)は以下のようなものでしょう。

    1. 3年間努力した結果、今の会社で重要なポジションを任されるようになり、将来的に市場価値の高い経験を積むことができるかもしれない
    2. 3年間も頑張れば、努力した会社で成果が認められて昇進し、今やっている仕事を好きになる可能性がある

    って感じです。そういうことも実際はあると思います。つまり、「新卒入社後は下積み時代」と考えて、将来的に評価されると信じてコツコツと積み重ねていくという考え方ですね。上の世代の人は、こういう根拠で「3年間は頑張れ」ということが多いような気がします。実際、それが間違いだと言い切ることは僕にもできません。

    ですので、結局新卒1年目でやめようが、3年間くらい頑張ろうが、どっちにしろリスクとリターンがあるわけです。こればかりは、「3年間は働き続けるのが正解」とも「早めに見切るをつけるのが正解」とも、一概には言い切れないというわけです。

    自分の信じられるデメリットとメリットを選ぶ

    で、じゃあ結論どっちの方がいいか、って話になると思うんです。繰り返しになりますが、とにかくキャリアに正解はないと僕は思っています。

    なので、「このリスクなら自分が負っても大丈夫!こっちのメリットをとるぞ!」と、自分の根拠・仮説に基づいて、信じられるデメリット・メリットを選ぶのが良いと思います。

    例えば、僕の場合だと、大事にしたい価値観の優先順位はこんな感じでした。

    1. 自分の上司が自分の100倍くらい優秀な職場に行きたい
    2. 今やっている品質保証の仕事ではなく、エンジニアやマーケターのようなプロダクト開発に近い職種につきたい
    3. エンドユーザーがB2Bではなく、B2Cの領域に行きたい
    4. 将来の市場価値や成長を優先したいので、年収は100万くらい下げても問題ない

    僕の場合、給与が下がってしまうデメリットも、転職先の違う業種での経験を優先していたので、年収が50万円くらい低いベンチャーに転職しました。「1年目で辞めて経験リセット」だとしても、もともとやりたい職種が違うと思ったので、転職をしました。

    結果的には、転職先である2社目の会社でとても貴重な経験を積ませてもらい、僕の選択は正しかったと思います。その時の経験を生かし、今は当時の年収の3倍くらい稼げるようになったので、本当によかったです。

    逆に第三者から「3年間やりたくない仕事を頑張れ」って言われても、僕はあんまり義務感で自分をモチベートするのが得意ではないので、これ以上パフォーマンスを上げるのは難しいんじゃないかって思ったんですよね。(※これは独立した今でも同じです)

    結局、いちばん悩むポイントは、

    • どのデメリットなら許容できるのか
    • どのメリットを優先したいのか

    これらを踏まえた上で選択肢を一つに決めることです。何を選んでも、最終的にはあるメリットを捨てる覚悟が必要になります。

    多くの人は、「他人に吹き込まれる一般的なリスク」と「自分の中で見過ごせないリスク」を巡って悩むと思うんです。そのリスクを洗い出してよく整理しながら、自分の中で優先順位をつけて、客観的にキャリアを考えることが重要なんじゃないかなぁと思っています。

    もし自分だったらどうするか

    さて、1年めでの辞職・転職活動を検討するにあたって、デメリットとメリットを考えるべきと書きました。しかしそうは言っても、「そもそも今の会社にいるデメリットとメリットを自分で判断するなんて難しいよ〜」という人も多いかと思います。

    そりゃそうですよね。多くの人は、会社で働くのも、転職活動をするのも初めてなはずですから。それに、普通に会社の中にいるだけではその相談できる人っていないんですよねw

    上司に「今の仕事のメリットがわからないんですけど相談させてください」なんて言えないわけですし。(もし言えたとしたら極度なサイコパスです)

    なので、今のキャリアが自分にとって本当に正しいのか、完全に部外者で専門性が高い人に相談してみるのがベストだと思います。相談相手は全く利害関係のない人であるべきだと僕は思います。

    そちらについてのやり方は、第二新卒の転職方法についてまとめたこちらの記事で解説したので、ぜひご覧ください。

    【体験談】第二新卒での転職で成功するための方法をまとめてみた

    ちなみに、僕は新卒でやっていた仕事内容について危機感が大きかったんですが、この会社でキャリアを積むべきか転職すべきか、悩んでいる時期がありました。そこで上の記事の方法で会った社外の人に色々と相談した結果、秒で転職活動をする決断をしましたw

    第二新卒転職のキャリア相談に使えるサービス

    詳しくは関連記事にしっかり書いてあるのですが、キャリアを相談するためにオススメなサービスをご紹介します。
    第二新卒の転職について、詳しくノウハウを知りたい人は関連記事までどうぞ。

    関連記事:第二新卒の転職サイト、転職エージェントオススメは?採用担当者に聞いてみた!

    とにかく利害関係のない人から客観的なアドバイスを受けたい…:そうだんドットミー

    求人を紹介しないキャリア相談サービス

    そうだんドットミーは、求人を紹介しないのが特徴のキャリア相談サービス。「転職させてマージン取らないと!」というがめつさがないので、真剣で確実なキャリアアドバイスを受けることができます。

    そもそも、「今の会社は本当にヤバイのか?」「他の同業会社はどうなんだろう?」と言った情報を整理していないと、フェアにメリット・デメリットを考えるのは難しいですよね。でも、そんなことを相談できる相手と言えば、業界事情に通じたプロしかいません。

    そんなプロに相談しまくれるのが、そうだんドットミーです。

    求人紹介で利益を得ている会社ではなく相談自体を売り物にしている会社なので、相談料がかかりますが、これをケチってもいいことはないと思います(笑)。プロに相談して確実な情報を得られるのであればお安いもの。たった7,380から、プロのキャリアアドバイザーや人事担当者などになんでも相談することができます。

    相談相手には頼もしい経歴がずらり。ぜひ一度利用してみてください。僕も実際に相談してみたことがあり、その時の体験を体験記事にしています。ご参考にどうぞ!

     

    体験記事:【体験談】そうだんドットミーで、キャリア相談してみた!

    求人を紹介しないキャリア相談サービス

    第二新卒が選ぶべき求人サイトの条件は「求人数が多い」:リクルートエージェント & DODA

    日本最大級”のエージェントサービス

    (気が早いかもしれませんが)今の会社を辞めることにしたとして、いざ転職活動。第二新卒が転職する時に登録すべき求人サイトの条件は、「求人数が多い」。これに尽きます。

    先ほども書きましたが、第二新卒はスキル採用ではなくポテンシャル採用となります。なので、スキル推しの転職サイトに登録してもあまり意味がありません。

    さらに、求人数の少ない転職サイトだと、選択肢が少なすぎて自分にフィットする会社に出会う確率も低いです。

    なので、第二新卒で転職を考えている人は、以下2つだけ登録してください。

    以上に登録しておけば十分です。

    リクルートエージェント・DODAどちらにも共通するのは、求人数が豊富な部分と、第二新卒の転職に強いアドバイザーが多いこと。「第二新卒求人特集」があったり、第二新卒の転職を力強くバックアップしています。

    日本最大級”のエージェントサービス

    転職活動の間にがっつり優秀なアドバイザーからサポートを受けたい:ゲキサポ!転職がいいぞ

    求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

    転職を決めて転職サイトにも登録して、いざ転職活動を始めてみたもののなかなか上手くいかない……。そんな悩みを解決するのが、「ゲキサポ!転職」。

    ゲキサポ!転職は、「転カツのライザップ」だと思えば間違いありません。なんと、キャリアアドバイザーが2ヶ月つきっきりでキャリアアドバイスをしてくれるサービスです。2ヶ月つきっきりでダイエットのマネジメントをしてもらうのと、イメージ的には同じです。

    初めての転職活動だと、どうしても上手くいかないこと、不安なことは多いですよね。そんな時にゲキサポ!転職は、

    • 自己分析
    • 業界研究
    • 面接対策

    などなどについて、具体的なアドバイスをしてくれます。2ヶ月間のサポートに必要な金額は30万円。高いと思ってはいけません。

    ゲキサポ!転職には、業界特化型のコンサルタントや、元リクルートエージェントの敏腕キャリアアドバイザーなど、実力派アドバイザーが集結しています。彼らから2ヶ月間力を借りれば、年収アップ・将来投資にこれ以上ないメリットを提供してくれること間違いないと思います。

    キャリアドバイザーには当たり外れがあるのが現実。ですが、そんな不安を払拭するなら「ゲキサポ!転職」です。

    求人を紹介しない転職コンサルティングサービス

    まとめ

    今の仕事を辞めて転職に踏み切るか?それとも「石の上にも三年」ともう少し粘ってみるか?

    悩んでいる人がまずすべきことは、デメリット・メリットを早い段階で認識しておくこと。

    その後で、自分に背負えるリスクと、どうしても優先したいリターンを整理していくのがセオリーです。

    まずはそれらを整理するために、色々な人と話してデメリット・メリットの材料を集めていきましょう。頼りになる第三者に相談を持ちかけ、焦らず考え続けてください。

    迷ったら、

    1. そうだんドットミーで現状をがっつり相談する
    2. リクルートエージェント・DODAに登録して大量の求人の中から企業を探す
    3. ゲキサポ!転職でプロの後ろ盾の元転職活動を進める

    こういう神メニューもあるので、頼りにしてみてください。

    関連記事

    【体験談】第二新卒での転職で成功するための方法をまとめてみた