こんにちは。DAIです。

将来プログラマーになりたいという方は多いのではないでしょうか。そしてプログラミングはいつでも学べそうな気がしてきますが、実は大学生のうちにエンジニア力をつけておくことが非常に重要なんですよね

実際に学生時代からエンジニアリングをやっていて、かつ新卒エンジニアとして働いている人の話数人から聞いてみると、大学のころから現役でエンジニアをしている人は、年収が新卒で700万円超えていることが当たり前のようにありました。逆に社会人からプログラミングを学び始めると、普通に300万円くらいしか年収ないんですよね。

これはなぜなのでしょうか。今回は、大学生のうちにプログラミングを学んでおくべき3つの理由と、新卒で市場価値の高いエンジニアになるための最短ルートをステップに分けて解説してみました。

目次

大学生のころこそ、エンジニア力を付けて市場価値を高めておく理由

新卒でプログラマーとして就職し、給料を上げたい人が多いと思います。そういう人は、大学生の今こそ、やるべきかと思います。

大学生だからこそ、エンジニア力をつけておくといいということを、採用をしている立場からしても、非常に強く痛感します。
その3つの理由について解説していきたいと思います。

①大学生でないと、エンジニアに必要なスキルを身に着けるのが難しくなる

エンジニアになりたい!と思ったときに、すぐなれるかというと否なんですよ。なんでかというと、中途採用でエンジニアとして転職するためには、ポテンシャル採用ではだめで、ちゃんと実績と経験がある人ではないと転職できないからなんです。社会人になってから、エンジニア転職が難しいのはまさにここです。つまり、プログラミングも能力がなく、かつプログラミングを実際に利用してサービスを運用、もしくは開発した経験がないので、難しいんですよね。

実際に例を見てみましょう。こちらメルカリのエンジニアの募集要項です。必須条件はないと応募しても落ちる条件で、歓迎条件であればあればさらによいという条件となります。Webアプリケーションの開発経験と、データベースを利用したアプリケーションの開発経験がなければ入社することは非常に難しいです。

応募資格 / Qualifications ▼必須条件

・Webアプリケーションの開発経験

・RDBMSを利用したアプリケーションの開発経験

▼歓迎条件

・PHP, Go, Java, Python, Node.js, Ruby, Perl などのプログラミング言語での開発経験

・Microservicesアーキテクチャでの開発経験

・Git / Githubを利用したチームでの開発経験

・ユニットテストフレームワークを利用したテスト駆動開発経験

・Webアプリケーションフレームワークやライブラリなどの開発経験

・大規模サービスの開発経験(負荷を考慮した設計できる方)

・OSSの公開、コントリビュートの経験

この経験を得るためには、もともとエンジニアじゃないと難しいのですよね。また、完全未経験でエンジニアに就職するのもよいのですが、それだと相当年収が落ちることになると思うので、大変だと思います。というか、完全未経験なら年齢が高い社会人よりも、学生を取ったほうがペイするから未経験の社会人をとるインセンティブが採用側としてはそこまでないのです。

また、仮に奇跡的に土日でインターンなどを見つけたとしても、社会人だとなかなか時間が作れないから、技術を付けるリソースが全然ないんですよね。特に新卒でブラック企業なんかはいったら、いざエンジニアになりたいって思ったとしても間違いなく時間がなくてできません。だから一度エンジニアと関係ない職種についてしまうと、エンジニアに非常になりにくいという特徴があります。

②プログラミングを学べば、どこでも働けて、成長した分が成果として収入に反映される

プログラミングを学んで、実際にコードを書けるようになると、クラウドワークスなどの案件で単価30万円くらい案件を、1カ月で2件くらいできてしまうですよね。だから大学生でもエンジニアなら、1カ月で60万円以上稼ぐことも実質可能なんですよね。実際僕の友人も学生時代、つまらない授業は授業中に案件やって、バイト全くせずとも好きなプログラミングで稼いでいる人がいました。しかも勉強すればするほどどんどん単価が上がっていくので、普通にバイトするのがあほらしくなるみたいです。

③プログラミングは年齢関係なく、実力で市場価値が上がる

エンジニアの採用は新卒でも完全実力主義なので、技術力が高ければ純粋に年収もあがります。新卒でもすごい人だと1年目から700万円なんてざらにありますね。僕の親友のエンジニアも、新卒で700万円の年収をもらっていますが、もともと大学生時代にプログラミングスクールにいって、受託開発をしたりサービスを作って市場価値を上げた結果、高い年収で就職できていました。新卒採用でも、エンジニアは唯一「完全実力主義」なので、今のうちから実力をつけておくのは非常によい考えだと思います。ちなみに他社の例だと、優秀な学生エンジニアの待遇はこんな感じです。

マイクロソフト 700万円 ~
サイバーエージェント 720万円 ~
メルカリ 500万円 ~

大学生の今だからこそプログラミングを学ぶべき!社会人になってからでは不利になる!

大学生からプログラミングを学ぶのと、社会人からプログラミングを学ぶのでは、相当レベルが違います。大学生からなら相当イージーモードですが、社会人だとかなり無理ゲーになってきます。下の図がわかりやすいかと思います。

この図をツイートをしたところ、

やはり社会人で転職活動をされている方からもリプライがこのように来ました。

もちろん社会人でできないことはないですが、やるならなるはやで大学生のうちからやっておくべきですね。

大学生のうちに稼げるエンジニアになるには?

大学生のうちに、稼げるようになるエンジニアになるには、二つのやり方があります。

  • Web制作系のスキルを身につけて、クラウドソーシングで月30万円ほど稼ぐ
  • サーバーサイドエンジニアとして、プログラミングスキルをつけて、インターンをし、新卒でもっと稼げるようにする

順に説明します。

Web制作系のスキルをつける

Web制作系のスキルとは、その名の通り、簡単なWebページを作れるようになる能力ですね。クラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトでは、単価5~15万円ほどでWebサイトを作ってほしいという案件がちらほらあります。

また、クラウドソーシングを利用せずに、知り合いから案件を受託する場合は、10-20万くらいで簡単に受託することができます。

Web制作系は、きっちり勉強すれば割と大学生でも、簡単に習得できるスキルです。

実際に、僕の友人は大学生の時にWeb制作系のクラウドソーシングで、月30万円以上稼いでましたね。

Web制作系のスキルとしては、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • WordPress

などができると、普通にお金になります。一つ5万円の案件を、授業中の暇なときに6件くらい月で受ければ、30万円くらいには簡単になるわけですね。

Web制作系のスキルを身に着けるなら、プログラミングスクールがおすすめ

もしWeb制作系のスキルを身に着けるのであれば、独学でもいいとは思いますが、学習をよりペースを上げるのあれば、プログラミングスクールに通ってしまうのもありかと思います。

Web制作を学べるプログラミングスクールでおすすめなのは、

です。

TechAcademy

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

特にGoodなポイントは

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

でしょう。

TechAcademyには、Webデザインコースがあります。

さきほどの5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるコースですね。

料金も、一番短い期間でしたら、学生だと9万円ほどなので、業界最安値かと思います。2件くらい案件が取れるようになれれば、1カ月くらいで回収できる値段ですね。

TechAcademyのインタビュー記事も以前に書いたことがあるので、見てみてください。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

TechAcademy Webデザインコースで無料体験を受けてみる

Codecamp

Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など*多くのメディアで紹介されています。

講師は全て現役のエンジニア。未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。

特にGoodなポイントは

  • クラウドソーシングで非常に案件があるWebサイト制作ツールWordPressのコースがある点
  • 好きな先生からレッスンを受けられる点

でしょう。

WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。

料金も、

  • 受講料金 148,000円(税抜)
  • 入学金 10,000円(税抜)
  • 2カ月の受講

となっていて、プログラミングスクールの中でも相当安いです。(普通30万円くらいかかります。)

こちらも無料体験をやっているようです。実際問題、講師を見てみないと評価できないと思うので、TechAcademyCodecampの両方を受講したうえで、検討しましょう。

Codecamp WordPressコースの無料体験をしてみる

サーバーサイドエンジニアになる

Web制作を学ぶのではなく、より長期的(就職後)まで検討するのであれば、サーバーサイドエンジニアになるのがよいかと思います。

サーバーサイドエンジニアは、割とフリーランスでも重宝される仕事でして、1件あたりの単価が80万円を超えるようなことも多々あります。

ただし、このスキルを身に着けるには、

  • 最低でもサーバーサイドエンジニアとして企業での経験年数があること

が重要になります。つまり、新卒で就職した会社で、エンジニアとしてサーバーサイドの言語を書いていることが重要なんですよね。

サーバーサイドエンジニアとして学ぶべきスキル

サーバーサイドエンジニアとして、身に着けるスキルは以下です。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • Git
  • Command Line

いろいろありますね!

どうやったら新卒でサーバーサイドエンジニアとして、働けるようになるのか

ということで、じゃあどうやったら新卒で初任給の高いサーバーサイドエンジニアになれるのでしょうか。ステップごとにまとめてみます。

①【1週間】Webアプリで作りたいものを決める

まず、何を作りたいのか決めましょう。これが結構大事です。作りたいものがないと、学習を放棄しがちなので、まず最終的に何を作りたいのか決めましょう。

まずはほかのWebサービスのマネから始めてもよいでしょう。ちなみに僕は学生時代は、卒論で出会える出会い系サイトが急に作りたくなり、出会い系サイトをRuby on Railsで作成しました。

②【1週間】何を学んだらそのアプリが創れるのか、メンターに聞く

創りたいものがきまったら、次に何を学んだらそのアプリが創れるのかを確認してみましょう。もしネットで検索した結果見つかったりすればよいのですが、もし周りにプログラミングのメンターがいなければ、プログラミングスクールの無料カウンセリングを使ってみる手もありです。最初のカウンセリングで、「こういうアプリを作りたいのですが、何を学んだらできますか?」といろいろなスクールに聞いてみるとよいと思います。そうすれば大体何を学べばできるかわかると思います。

③【3週間】プログラミングの基礎を固める

さて、何を学ぶかが分かったら、さっそくプログラミングの基礎の勉強を始めましょう。まず、基礎に関してはProgate一択でよいと思います。これは絶対有料課金すべきですね。下手に初心者向けの技術書何個も買うより、月額980円なので、「2カ月で学びきる覚悟で980円 x 2カ月で全力で学ぶ」と決めてやったほうがモチベーション的にも金銭的にもよいと思います。しかもコンテンツの質が世界最高峰です。基礎コースと道場コースができれば十分だと思います。

ちなみに、この段階で人に聞いてプログラミングスクールに入りたい!って方もいらっしゃるかと思いますが、やめておいたほうがいいです。Progateで勉強して、理解できないのであればプログラミングの才能がありません。才能がないというのは、こういうエラーが起こって苦しい時になんとか自分で解決できる力がないと、今後もっと大変なエラーが出たときに間違いなく積む可能性が高いからです。

また、この段階で高額なプログラミングスクールに行っても、結局やっていることは家でやっていることと変わらない簡単な内容になってしまうので、このプログラミングの基礎を固め終わってからプログラミングスクールは検討したほうがよいです。

実際にスクールに行った方も、このようにおっしゃっています。

④【2カ月】チュートリアルを見ながらまずはクローンアプリを実装する

Progateで基礎がわかってきたら、今度は自分で実装してみましょう。その際によいのが、クローンアプリのチュートリアルです。すでに存在するアプリのチュートリアルを利用して、そっくりそのままコピーする感じになります。

ここまではおそらく順調に学習が進んできたと思うのですが、ここからが本当に大変です。最初はめっちゃくちゃエラーが出て、1日中エラーを直して一日が終わります!マジで!
で、最初はエラーが出たときの糸口が全く分からないので、相当テンションが落ちると思います。そういう意味でも、アプリ開発のフェーズではメンターがいたほうがよいです。近くに親切なプログラマーがいたら彼にお願いし、もしいなければプログラミングスクールにこの段階で入ってしまうのもよいかもしれません。

⑤【2カ月】プログラミング学習スクールへ行って、自分のサービスを作り、Qiitaやツイッターで発信する

さて、プログラミングスクールにもいき、かなり実力もついてきたかと思います。あとは自分のことをPRできるように、Qiitaやブログ、ツイッターで発信しているとよいでしょう。今後採用してもらうときに、面接に行かずともどれくらいの能力があるのか、またやる気がある人材なのかをアピールできるかと思います。

また、自分の技術記事をブログにまとめておくと、知識の整理になるので非常によいですね。また、技術記事をツイッターで発信していると、仕事につながったりします。

特に学生のエンジニアインターンの需要は非常に大きく、またツイッター上で仕事が決まったりすることも多々あります。人によっては、ツイッターで新卒採用が終わってしまう人もいます。

さて、チュートリアルをもとにある程度プロダクトを創る流れを理解できたら、今度は自分でオリジナルのアプリケーションを作ってみましょう。この場合も、もし可能であればプログラミングスクールに行ったほうがよいです。というのも、プログラミングのきれいなコードを書けるようにしておく必要があるからです。独学で勉強してると、コードが汚かったり、本当はもっと楽にできたりすることがたくさんあったり、実際にチーム開発するうえでの約束事を学べなかったりします。ここが新卒入社の前にちゃんとわかると、非常によいと思います。

⑥エンジニアインターンの採用面接を受ける

ここまでくれば、自分のプロダクトがあって、かつクラウドソーシングの実績もあると思うので、エンジニアインターンで合格する可能性は非常に大きいと思います。Wantedlyなどを見てみたりしてみるとよいかもしれません。あそこは学生のエンジニアインターンを募集していることが多いです。また、スタートアップであればプログラミング未経験者でも募集していることがあります。ツイッターやWantedlyでかたっぱしから声をかけていくとよいでしょう。

⑦エンジニアインターンでチーム開発を経験する

エンジニアインターンの採用で見事合格すると、普通にエンジニアとして採用されると思います。そこで、ぜひチームで開発する経験をしてみましょう。ここでの経験は、普通に社会人がエンジニア転職のために必要な要件の中で求められているものを満たす経験をすることができます。コードレビューなどをしてもらいながら、市場価値を上げ、お給料をもらいましょう。ここまでくれば大学生でも上位10%の市場価値になっているかと思います。

⑧新卒でエンジニア採用をうける

もうここまでくれば、実績さえあれば、あとは人脈と採用活動すれば内定できるほど十分な能力は持っているかと思います。あとは技術者採用をしている企業等をみてみるとよいでしょう。ビズリーチ・キャンパスなどを使って、大企業の開発者などとコネクションをつくっておくと、あとあと思いもしないつながりがあるかもしれません。あとはニクリーチを使うと、人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができます。その中で、エンジニアの人とコネクションを作っておいたりすると、今後の就活が有利になるかもしれないですね。

サーバーサイドエンジニアになりたい人におすすめのプログラミングスクール

こんなかんじで、ステップにしましたが、正直④、⑤あたりでほぼ挫折しますw なので、ちょっと難しいようだったらプログラミングスクールに行ってみるのもいいかもしれないですね。

大学生でプログラミングスクールに行くのであれば、

がおすすめです。というのも、両方とも上記の6つのスキルを身につけることができるからです。

Tech Boost

Tech Boostは、東京の渋谷にある、教室型のプログラミングスクールです。Tech Boostを運営しているBranding Engineerでは、エンジニアのエージェントのサービスもあり、転職に関する知見が多くあります。

受講生にインタビューしたところ、

  • オリジナルアプリの作成にとっかかりやすい
  • メンターの方々の質がよかった
  • エンジニア向けのイベント情報が知れる

などの良い点があるそうでした。

≫参考:Tech Boostの評判は?受講してエンジニアに転職した卒業生にインタビューしてみた【PR】

サーバーサイドの言語を学び、エンジニアとしての素養を付けることができるので、東京近辺に在住の方はぜひ見てみるとよいと思います。

Tech Boostで無料体験を受けてみる

Tech Academy

Tech Academyは、完全オフラインのプログラミングスクールです。

こちらも受講者インタビューしてみましたが、特にGoodなポイントは

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

みたいです。

詳しくは以下の記事を見てみてください。

≫【Tech Academyの評判は?】Tech Academyを受講して、エンジニアに転職された卒業生にインタビューしてみた【PR】

TechAcademyは非常に評判がよいプログラミングスクールですので、ご興味がある方

TechAcademyで無料体験を受けてみる

結論

ということで、まとめです。

「今すぐプログラミングで稼げるようになりたい」という人は、

  • Web制作を勉強しましょう。
  • Web制作を学ぶのであれば、TechAcademyと、CodeCampで学ぶのがおすすめです

「卒業後、サーバーサイドエンジニアとしてコードが書けるようになりたい」という人は、

  • RubyをProgateで学びましょう。
  • 独学で詰んだら、Tech BoostTechAcademyで学んでみましょう

参考

※全部無料体験があるようなので、一つ一つ見てみてもいいかもしれないですね!