2020/03/24

こんにちは、DAINOTE編集部のDAIです。

よく、転職エージェントを利用される方から、以下のような質問をいただきます。

そこで、今回はリクルートエージェントについて、人材業界の知見を活かしつつ、解説していきたいと思います。

大前提:転職エージェントの選び方は?

さて、大前提、転職エージェントの選び方について解説していきたいと思います。

主に見ていく観点は、以下の通りです。

  1. 求人数が多い vs 少ない
  2. 両面型 vs 片面型
  3. 専門型 vs 総合型

それぞれに、メリット・デメリットがあります。

①求人数が多い vs 少ない

まず、転職エージェントを見る際は、求人数の多さで見ていくことが多いです。

リクルートエージェントの場合ですと、最も求人数が多いエージェントとなります。

求人数が多いメリットは、以下の通りです。

  1. 紹介できる求人・職種が多いので、求職者に様々な選択肢を提供できる
  2. 同じような職種を検討している際に、この求人がダメなら別のこの会社の求人!のように選ぶことができる

リクルートエージェントは、扱っている求人数がNo1です。

なので、もっとも幅広い選択肢を選ぶことができるエージェントになります。

もし、求人数が少ないエージェントを利用すると、以下のようなことになります。

  1. 求人が少ないエージェントは、どうにかして少ない自社求人の中で紹介しようとするので、自分の人生を少ない選択肢から選ばなければならなくなる

これは知人から聞いた実話なのですが、こんなことがあったそうです。

事例:求人の少ないエージェントA
とある個人の求人数が少ないエージェント。実は求人を2社しか持っていなくて、求職者には「A社とB社が合うと思うんだけど、君はA社が合うと思うよ!」と紹介する。そのエージェントAを利用すると、その2社しか紹介されないので、そこに相談に行く求職者はほとんどA社かB社にしか転職しない

ここまで極端なことはなかなかありませんが、リクルートエージェントは、その点求人数が多いので、求職者の方に多くの選択肢を提示できるのが、強みです。

②両面型 vs 片面型

次に、両面型と片面型という観点になります。

リクルートエージェントは、片面型になります。

両面型、片面型とは何かについて、簡単に説明しますね。

転職エージェントは、

  • 求職者から転職の希望を聞く人:キャリアアドバイザー(CA)
  • 企業の採用要件を聞いて、求職者を紹介する人:リクルーティングアドバイザー(RA)

の2種類になっています。

この、CAとRAの業務を、一人の人が一貫して行うのが、両面型、逆に分担しているのが片面型になります。

一般的に、求人数が増え、求職者が多いエージェントは片面型になる傾向があります。なぜかというと、大量の求人、大量の求職者をさばくためには、どうしても分業して裁かなければいけないという事情があるからです。

片面型のデメリットとしては、

  • 企業側のニーズを把握しているRAと、求職者のニーズを把握しているCAが分離しているため、CAが企業側のニーズを理解できない可能性がある
  • RAとCAの連携が必要になるため、遅くなる可能がある
  • 片面型のエージェントは、求職者が多いので、一人当たりに時間がかけられず、深い自己分析サポートなどができない

となります。

専門型 vs 総合型

最後に、専門型 vs 総合型です。

リクルートエージェントは、総合型になります。

転職エージェントは、ある特定の業界、特定の職種に強い専門型のエージェントがあります。

例えば、ITであればレバテックキャリア、マイナビITなどです。

一方で、ほぼすべてのジャンルを取り扱っているのが総合型の転職エージェントです。

リクルートエージェントは総合型なのですが、メリットとしては、

  • 幅広い業界・職種の企業の求人が存在する
  • 幅広い業界の専門知識をある程度持っているキャリアアドバイザーが在籍している

といったポイントがあります。

一方で、デメリットとしては、

  • 特定の業界に特化していないので、キャリアアドバイザーが仕事内容についてさほど理解していないことが多い
  • 特定の業界に特化していないので、リクルーティングアドバイザーが企業ニーズをしっかりと把握できていないことが多い

一方で、専門型の転職エージェントですと、

  • 特定の業界・職種に詳しいキャリアアドバイザーがいるため、転職を検討する際のキャリアカウンセリングの質が高い
  • 特定の業界、職種に詳しいリクルーティングアドバイザーがいるため、企業側のニーズを深く理解しているリクルーティングアドバイザーが多い

というメリットがあります。

求職者が多い vs 求職者が少ない

最後に、求職者が多いか、少ないかがポイントとなります。

リクルートエージェントは、日本最大規模の転職エージェントで、求職者数も圧倒的に多いです。

求職者数が多いと、先ほど説明しましたが、

  • 分業化による効率化

が起こります。

その結果、求職者数が多いと起こるデメリットとしては、

  • キャリアアドバイザーが一人ひとりに時間が使えないので、深い自己分析ができない
  • キャリアアドバイザーは、いかに内定承諾数を増やすかが評価項目になるので、転職をさせること > その人のキャリアによりそったキャリアカウンセリングをすることが難しくなる
  • 効率化のために内定する可能性がある業界・職種・企業しか紹介されないので、少し背伸びしないとなかなか内定しないような企業に内定するのは難しい

といったデメリットがあります。

リクルートエージェントの評判

リクルートエージェントの評判ですが、元リクの人にインタビューをしました。その結果ですが、

  1. やはり様々な求人があり、紹介できる企業が多いのは、求職者のためになる
  2. リクルートエージェントの人材レベルは比較的高い
  3. 一方で、キャリアアドバイザーが一人ひとりに時間をかけられないので、そこまで深堀して求人を紹介できないときがある

と言っていました。

まとめ:リクルートエージェントとは?

結論、リクルートエージェントは

  • 求人数が多い
  • 総合型
  • 片面型

となっております。

リクルートエージェントが向いている人

リクルートエージェントが向いている人は、上記の特徴から、以下の通りです。

  1. ある程度自己分析ができていて、行きたい業界もある程度決まっている
  2. 行きたい業界・職種の会社の求人をたくさんもらいたい
  3. 企業側の情報を詳しく知りたい

といった人には、かなり向いていると思います。

リクルートエージェントが向いていない人

リクルートエージェントが向いていない人は、以下の通りです。

  1. 自己分析ができていなくて、行きたい業界も決まっていない

上の特徴の人は、転職エージェントを利用すると、

  • 軸がないまま大量の求人を紹介される
  • 軸がないまま面接してしまい、まったく通らない
  • どんどん自己肯定感が下がっていく

という悪循環に陥るので、まずは自己分析から始めることをおすすめします。

また、ある程度軸が決まって、「IT業界のマーケティング職に転職したい!」「コンサルタントとして転職したい!」という場合も、総合系のエージェントはあまりお勧めできません。業界に特化したエージェントを利用してみるのがオススメです。

転職エージェントは、併用がおすすめ

また、転職エージェントは併用をおすすめします。

なぜかというと、リクルートエージェントに問わず、エージェントのキャリアアドバイザーの質にばらつきがあるからです。

なので、一度複数のエージェントを利用してみて、よりよいキャリアアドバイザーを利用してみるのがよいでしょう。

事例:リクルートエージェントでは求人が紹介されなかったが、DODAなら紹介されたAさん
Aさんは、リクルートエージェントでは異職種転職を実現しなかったが、DODAなら異職種転職に成功した事例
これも知人の話なのですが、元塾講師の方がリクルートエージェントで異職種転職を検討した際に、「紹介できる求人がない」と言われてしまったそうです。そこでDODAに登録して、別のキャリアアドバイザーの方に異職種転職について相談したところ、異職種での転職に成功したそうです。

総合系の転職エージェントであれば、DODA、マイナビなどがあります。

結論

ということで、まとめです。

  1. リクルート・エージェントは①求人数が多く、②総合型で、③求職者が多いエージェント
  2. 自己分析がある程度できていて、求人がたくさん欲しい人にはおすすめのエージェント
  3. キャリアアドバイザーの質にはばらつきがあるので、複数の転職エージェントを併用するのがオススメ

転職エージェントは複数併用してみるのがオススメです。すべて完全無料で使えますので、ぜひ利用してみてください!

総合系転職エージェント・転職サービスランキング
リクルートエージェント:求人数No1の転職エージェント。評判記事
DODA:リクルートに次ぐ求人数が多い転職エージェント。キャリアアドバイザーの質が高い。
マイナビ:リクルートエージェント、DODAに次ぐ求人数の転職エージェント。

DODA
日本最大級”のエージェントサービス
マイナビエージェント
業界職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍