最終更新日:2020/09/15

《プログラマー未経験可の求人が比較的多く存在する転職エージェント≫

【第1位】ワークポート 公式:https://www.workport.co.jp/
【第2位】リクルートエージェント 公式:https://www.r-agent.com/

こんにちは。DAIです。

「未経験からプログラマーで採用される方法を知りたい!」

そういった方は多いと思います。

  • 今はプログラマーではないけど、プログラマーになりたいと思っている…
  • だけどプログラマーの仕事がよくわからない…
  • 未経験でプログラマーになるにはどうしたらいいの?

このような悩みを解決するために、未経験からプログラマーになるための方法を詳しく解説していきます。

プログラマーとは?

「プログラマー」と「エンジニア」の仕事内容

DAI
「プログラマー」と「エンジニア」は若干仕事の内容が異なります。

「エンジニア」はすでに完成に近いシステムのテスターや、完成したシステムの保守担当など以下のような一切コードを書かないエンジニア職もあります

  • テストエンジニア
  • テクニカルサポートエンジニア など

プログラミングをしないエンジニア系職種が需要を伸ばしている側面が大きいです。

「プログラマー」はエンジニア職の中でも以下のようなコードをゴリゴリ書くエンジニアのことを言います

  • アプリケーションエンジニア
  • システムエンジニア など
DAI
プログラミングでものづくりをしたりフリーランスになったりして稼ぐ「エンジニア」のことですね。

未経験から、こういうエンジニアではなくコードを書けるプログラマーになるにはそれなりの準備(努力)が必要です。

未経験からプログラマーに転職する方法

  • Q:未経験からプログラマーを目指すことは可能なのか?
  • A:不可能ではない

ですが、未経験からコードを書くプログラマーとして採用されることはほぼありません。

DAI
僕自信、新卒でIT系の企業にコードが書きたくてエンジニアとして採用されたのですが、配属されたのはコードを書くようなプログラマーではありませんでした。

なので、ここからはどうやって未経験からプログラマーになるのか、詳しく解説していきます。

Ⅰ.まず「どんな」プログラマーになりたいか

まず一番重要なのは、どんなことをするプログラマーになりたいかです。

  • Web制作
  • アプリ制作
  • システム管理
  • ゲーム制作

など様々な種類があります。それぞれ学ぶ言語や必要なスキルが異なります。

未経験からなれるプログラマーの種類

  • フロントエンドエンジニア(web制作)
  • Webデザイン系プログラマー
  • Webアプリケーションプログラマー
  • サーバーサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)

プログラマーの種類①:フロントエンドエンジニア(web制作)

  • 難易度:
  • 学ぶべき言語:HTML, CSS, JavaScript, PHP
  • 学ぶべきツール:WordPress

フロントエンドエンジニアの難易度は「中」程度

フロントエンドエンジニアは、扱う言語もフロントエンド系がメインになるため、サーバーサイド系のエンジニアに比較すると難易度は低いといえます。

また、Web制作系の案件は、クラウドソーシングにも多く募集があります。

DAI
プログラミングスクールで基礎を学び、成果物が作れるようになったくらいのレベルでも案件を受注することができるので、実績を作りやすいのが魅力です。

フロントエンドエンジニアに必要な知識:フロンドエンド言語、WordPress+α

フロントエンドエンジニアに必要とされる言語は、フロントエンド言語(HTML、CSS、JavaScriptなど)でのWeb制作業務がメインです。

DAI
またWordPressなどのCMS(=Contents Management System、コンテンツ管理システム)の知識も必要不可欠です。

WordPressは、サイバーサイド言語PHPで構築されたWebサイトの管理用システムで、フロントエンドエンジニアでもWordPressも使いこなせるようになる必要があるでしょう。

プログラマーの種類②:Webデザイン系プログラマー

  • 難易度:中
  • 学ぶべき言語:HTML, CSS, JavaScript
  • 学ぶべきツール: Illustrator, Photoshop, Figma など

Webデザイン系のプログラマー難易度は「中」程度

Webデザイナーは、未経験が目指す職業としての難易度は「中」程度です。案件の受注しやすさなどからしてもサーバーサイド系のエンジニアに比べると手が出やすいでしょう。

DAI
中にはプログラマー領域などを知らない方いますが、Webデザインからフロントエンド言語を使ってコーディングまでを一気にできるWebデザイナーは大変重宝されます。

デザインのツールの使い方など学ぶべき事は多いですが、未経験からでも十分目指せると思います。

Webデザイン系のプログラマーに必要な知識:フロンドエンド言語、デザイン系ツール

Webデザイナーは、Adobe系ツールやFigmaなどのデザインツールを使いこなすスキルと、フロントエンド言語の知識が必要です。

  • Adobe系デザインツール……Illustrator、Photoshop、XDなど

実際にWeb上で動かすためにHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語でプログラムを書くと、デザインがWebサイト上で動くようになるのです。

プログラマーの種類③:Webアプリケーションプログラマー

  • 難易度:高
  • 学ぶべき言語:HTML, CSS, JavaScript, Ruby, Ruby on Rails

Webアプリケーションプログラマーの難易度は「高」に近い

Web系エンジニアは、開発するWebアプリの内容も多種多様+サーバーサイド言語の知識を必要となり、技術的にやや難易度の高い職種です。

DAI
サーバーサイド言語は習得のインプットよりも、アウトプットでつまづく人が多いです。

実際にアプリ制作でサーバーサイド言語をどのように使っていくのかは制作しながらでないとわからないので、独学が難しいポイントです。

DAI
また、Webアプリケーションプログラマーは未経験で採用することはほぼないです。

自分で、成果物(=オリジナルアプリ)を作ってやっとスタートラインに立てるという感じです。

Webアプリケーションプログラマーに必要な知識:フロンドエンド言語、Ruby、Ruby on Rails

Webアプリケーションプログラマーは使いこなせる言語が多ければ多いほど市場価値はあがります。

DAI
フロントエンド言語に加えて、サーバーサイドで動く言語(Rubyなど)の習得が必要不可欠です。

以上のことからもWebアプリケーションプログラマーになる難易度は「高」と言えます。

プログラマーの種類④:サーバーサイドエンジニア

  • 難易度:高
  • 学ぶべき言語:HTML, CSS, JavaScript, Ruby, Ruby on Rails,PHP,Laravel,SQL

サーバーサイドエンジニアの難易度はかなり「高」

サーバーサイドのエンジニアはその名の通りサーバーサイドの担当をするエンジニアのことです。

DAI
バックサイドでのデータ処理環境の構築と、ソフトウェア・バージョンアップに伴う環境の調整・構築などがメインになります。

例えば、Twitterなどでのユーザー情報や投稿内容、いいねなどの機能を実装するのがサーバーサイドの仕事です。

DAI
データの保存・呼び出しを行ったり、ログインしていない人が不正にアクセスできないようにしたりする仕組みをRubyPHPといった言語で構築します。

サーバーサイドエンジニアに必要な知識:フロンドエンド言語、Ruby、PHP 、フレームワーク、SQL

サーバーサイド言語の知識に加えて、フロントエンド、Ruby、PHPと+フレームワーク(Ruby onRails、Laravel)、SQLなどのデータベースなどの知識が必要です。

DAI
データ管理などはアプリを作成しながらでないと実際にどのようにコーディングするのかがわからないですし、サーバーサイド言語は最初エラーがたくさん出てきます。

エラー一つ解消するのに2時間かかるなどもざらです。

DAI
エラー処理など、開発を一人で行える独走力も大切ですが、離脱率が高いのもここの学習フェーズです。

プログラミングスクールに通い、メンターに相談しながら学ぶ人が多いのはこのためです。

以上のことからもサーバーサイドエンジニアになる難易度はかなり「高」と言えます。

Ⅱ.そのために必要な知識を学ぶ

独学でプログラマーになる方法

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2.  クローンアプリを作る
  3.  オリジナルアプリを作る
  4. ポートフォリオを充実させる

このような流れで言語学習し、ポートフォリオを充実させれば、プログラマーとしての準備は十分と言えるでしょう。

プログラミングの基礎を学ぶ

まずはProgateドットインストールのどちらかでプログラミングの基礎を学びます。

【Progate】はじめてプログラミングを学ぶならココ!
プログラミングの基礎を無料で学べるWebサービス。未経験エンジニアが最初に使うサービスとして人気。

以下のような言語を習得していきます。

①HTML

<div class="" id="fkbx" style="width: 664px;">
<div id="fkbx-text">Google を検索または URL を入力</div> 
<input id="q" aria-hidden="true" autocomplete="off" name="q" tabindex="-1" type="url" jsaction="mousedown:ntp.fkbxclk" style="opacity: 0;"> 
<div id="fkbx_crt"></div> 
<div id="fkbx-spch" tabindex="0" aria-label="音声で検索" style="display: block;"></div>
</div>

まずは以上のようなHTMLを学習します。文字やサイト構成、リンクなどの指定するマークアップ言語です。

DAI
これはグーグル検索ボックスのHTMLのコードです。

しかしこれだけでは文字だけでいつも見るようなWebサイトはまだできません。

②CSS

HTMLをよりサイトっぽくするのに使われるのがCSSです。簡単に言うと色を付けたり、位置を指定してあげたりすることができます。

DAI
HTMLを装飾して、文字の色や位置を指定して、よりいつも見るようなサイトっぽくするようなイメージです。

#main_title {
text-align:center;
color:white;
background-color:black;
}
.sub_title {
text-align: center;
background-color: LightGrey;
color: white;
}
.sub_detail {
text-align: center;
}
DAI
このコードを見て、何をしてるかわかるようになるといいですね。

しかし、これだけではまだサイトには動きがなく、物足りなく感じるでしょう。

③JavaScript

そこで、使われるのがJavaScriptです。この言語はHTMLやCSSに動きを付けることができるようになります。

DAI
クリックしたときに指定の動作をするようにさせたりできます。ドロップダウンボックスができるようになります。

BootStrapとはHTML/CSSのフレームワーク、jQueryはJavaScriptのフレームワークです。

フレームワーク
簡単にいうとより短いコードで同じ機能を実装する言語

RubyにはRuby on Rails、PHPにはLaravelとそれぞれ専用のフレームワークがあります。

クローンアプリを作る

Ruby、Ruby on Rails

Rubyは日本製のサーバーサイドのプログラミング言語です。ほかにもPythonやPHPなどがありますが、チュートリアルの量からRubyを個人的にはお勧めしています。

DAI
エラーが起きた際も他の言語よりも圧倒的に日本語で情報が得られるため、学習の離脱率が低いのも魅力的です。

Railsチュートリアルでクローンアプリを開発しましょう。

オリジナルアプリを作る

オリジナルアプリでは、今まで学んできたことを駆使して、SNSやマッチングアプリなどを作りましょう。

DAI
しかし、必ずここでつまずきます。一つのエラーで一日悩むなんてことはざらです。

そこで学習効率を上げ、挫折率を下げるためにプログラミングスクールがおすすめです。

ですが、一からプログラミングスクールに行くのはおすすめしません。

  • プログラミングスクールで何を何のために学び、最終的に何ができるようになりたいのか、目的を明確にしておく
  • プログラミングスクールのカリキュラムが始まる前に、自分で可能な限り独学で基礎をさらっておく(Progateやドットインストールをやっておくのがオススメ)
  • 自分で開発する時に迷った時にメンターを使い倒せるように、自学自習・ポートフォリオ作成の時間をしっかり作っておく

ただ教養を身に着けるためであれば、プログラミングスクールは必要ありません。

以上を頭に入れることでプログラミングスクールを最大限活用できると言えるでしょう。

転職・就職に失敗しないと評判のおすすめプログラミングスクール5選

おすすめスクール

Techacademy「Webアプリケーションコース」

公式:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

TechacademyのWebアプリケーションコースは、RubyでゼロからWebアプリを開発することができるコースです。

スクール名 TechAcademy
コース名 Webアプリケーションコース
料金 129,000円
期間 4週間
 
公式 https://techacademy.jp/rails-bootcamp

TechAcademyには学割があり、社会人と比較すると最大7万円やすくなります。

価格感も、

  • 4週間プラン:129,000円
  • 8週間プラン;159,000円

となっていて、かなりお安く受講することができます。

また、

  • 先割…先行申し込みで受講料8%オフ
  • トモ割…同僚や友人と一緒に受講すると受講料が10,000円割引!
  • 分割払い…学生の方は月々約5,375円〜
  • 試しに授業が受けられる無料体験キャンペーンあり

などといったさらにお得なキャンペーンもあります。

入学金がTechacademyには存在しないので、本当に安くプログラミングスクールに通いたい方にはオススメです。(ほとんどのプログラミングスクールには入学金が存在します)

また「129,000円でも厳しい」&「本当にプログラミングが初めて」という方には99,000円の「はじめてのプログラミングコース」が良いと思います。

コースの一部が体験できる、無料体験ページもあるので、会員登録すると閲覧することができます。

公式:https://techacademy.jp/
レビュー記事:【体験談】テックアカデミー(TechAcademy)の評判を徹底解説【転職やメンターはどう?】

【TechAcademy】価格重視で通いたいなら!
わずか¥148,000で学べる、優良プログラミングスクール。メンターの対応が丁寧と評判。オリジナルアプリ作成のサポートまで対応。

CodeCamp「Rubyマスターコース」

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

CodeCampの「Rubyマスターコース」はRubyでのWebサービス開発に挑戦できるコースです。

学習言語 Ruby,  Ruby on Rails, HTML5/CSS3, JavaScript, jQuery,
受講場所 完全オンライン
期間 4週間~12週間
講師 現役エンジニア
主なサポート ・現役エンジニアによるチャットサポート
・指名制の面談
・オリジナルアプリの開発支援
料金 Webマスターコース
¥148,000 / 2ヶ月プラン
¥248,000 / 4ヶ月プラン
¥298,000 / 6ヶ月プラン
全額返金保証 なし
転職紹介 なし
  • 8週間プラン:148,000円(+入学金30,000円)〜

価格感は、以上で挙げた通りで比較的お安く受けることができます。

他にも、

  • 友達紹介で10,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  • 体験レッスン受講で10,000円分のクーポン券をプレゼント
  • 分割払い可能《3〜36回払い》
  • 試しに授業が受けられる無料体験レッスンあり
  • 疑問点などを詳しく質問できる無料カウンセリングあり

などといったさらにお得なキャンペーンもあります。

最後にCodeCampのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • マンツーマンのビデオ授業なので、プロの講師の方が丁寧に受講者のペースに合わせて教えてくれる
  • 厳正な選考を通過した現役エンジニアの人しか講師として雇っていないので、講師の方たちのレベルがとても高い

デメリット

  • TechAcademyと比べてしまうと、1ヶ月プランがなかったり入学金があったりして少し料金が高くなってしまう

受講をオススメする人

  • 丁寧にマンツーマンで教えて欲しい人

ということで評価は以下のようになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★☆(4.0)
カリキュラムのレベル ★★★☆☆(3.0)
転職支援の質 ★★★☆☆(2.0)
価格の安さ ★★★★★(5.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料体験キャンペーン&無料カウンセリングもやっているので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう!

Code Camp公式:https://codecamp.jp
レビュー記事:【体験記】CodeCamp(コードキャンプ)の評判を確かめに、実際に2カ月受講してみた感想【PR】

【CodeCamp】完全オンラインのプログラミング個人レッスン
わずか¥148,000+入会金¥30,000で学べるスクール。様々なメンターが対応してくれる。教材の質がよかったです。

RUNTEQ「Railsエンジニアコース」

公式:https://runteq.jp/
レビュー記事:RUNTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点【体験談】

RUNTEQの「Railsエンジニアコース」でもRubyでのWebサービス開発について学ぶことができます。

コース名 Railsエンジニアコース
料金 298,000 円
期間 12-24週間
分割
公式 https://runteq.jp/
  • 298,000 円(税別)
  • 3-6ヶ月

価格感は、以上のようになっており、最大6ヶ月298,000 円で学ぶことができます。

「格安なコースを受けたい」「初心者なので優しいコースを受けたい」という方は150,000円で最大3ヶ月受講できる「Web教養コース」をオススメします!

RUNTEQのメリットとデメリットを簡潔に説明しておくと、

メリット

  • スタートアップ特化で、すぐにフルスタックエンジニアとして活躍できるように実務を意識したカリキュラム
  • オンラインでも教室がWeb上で常時開設されていて、気軽に勉強する空間が手に入る
  • しっかりと学習を進めて選抜試験に合格すると、Rails企業に紹介してもらえる
  • スクールの規模がまだ大きくないので、よい講師に当たりやすい

デメリット

  • Web制作領域で、フロントエンド エンジニアになりたい方には向かない
  • 「Railsエンジニアコース」は少し料金が高い

受講をオススメする人

  • Web系スタートアップのエンジニアとして転職したい人
  • 学生のうちに、Web系エンジニアとしてインターンで採用されたい方

ということで総合評価はこちらになります。

サポートの質 ★★★★★(5.0)
講師の質 ★★★★★(5.0)
カリキュラムのレベル ★★★★★(5.0)
転職支援の質 ★★★★★(5.0)
価格の安さ ★★★☆☆(3.0)
総合点 ★★★★☆(3.8)

無料説明会も行っているので、疑問や質問ががある方は申し込んでみると良いと思います。

また、公式ホームページでは無料でお試し学習カリキュラムを受講することができるので、実際の授業がどんな感じか気になる人はぜひ受けてみてください!

公式:https://runteq.jp/
レビュー記事:RUNTEQ(ランテック)の評判は?実際に受講してみて感じてよかった点、悪かった点【体験談】

【RUNTEQ】自社開発企業に転職したい人におすすめ!
自社開発企業への転職成功例多数。30代からの転職支援も強いサポートがあるRUNTEQ。

Ⅲ.ポートフォリオを充実させる

普通、仕事を企業が依頼したい時に、自分の実績をまずはつくってアピールすることが重要です。

  • エンジニアとして就職した経験がない
  • 自分の技術を証明できるものもない

人に仕事を依頼するとしたら、だいぶヤバイですよね。

  • 実績を作る → オリジナルアプリを作る

オリジナルアプリがあると、未経験でも「ご要望のものに似ているものを作ったことがあります!」とアピールできるわけですね。

エンジニアのポートフォリオの作り方【サンプルあり】

プログラマーとして転職するには?

最後に、プログラマーとして転職するにはどうしたら良いのかを解説していきたいと思います。

おすすめは、

  1. とりあえず大手転職エージェントに登録して、プログラマーの転職にはどのような案件があるかたくさんみておく
  2. 実際に十分な実務経験を得たら、その転職エージェントかプログラミングスクールの転職サポートを利用して転職する

という方法です。

まず、これからプログラマーになりたいという方は、実際に転職エージェントに登録してみてどのような案件の募集があるのかをみて逆算して勉強したり実務経験を得たりすることがオススメです。

また、未経験からエンジニアに転職する場合、ただの転職サイトではなく、転職エージェントに登録しておくとよいでしょう。理由は、以下3点です。

  1. 転職エージェントが、業界の情報を教えてくれる
  2. 転職エージェントだと、給与交渉してくれる可能性が高い
  3. 転職エージェントだと、面接対策をしてくれる可能性が高い

基本的には複数の転職エージェントに登録して、よい案件があるかどうか、またエージェントのキャリアカウンセラーの熱意があるかを比較検討しながら利用するのが非常におすすめです。

未経験可のプログラマーの案件が比較的多く存在するエージェントは下記の通りです。

  1. ワークポート:未経験向けの求人が多いです。リクルート、DODAにないような求人を探すために予備で登録しておきましょう。
  2. リクルートエージェント:誰もが知っている、日本でもっとも求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。
  3. レバテックキャリア:IT系の求人に特化したエージェント。未経験エンジニアの審査は厳しいが、IT領域に強いアドバイザーが多い
【レバテックキャリア】
IT領域の転職に強いキャリアコンサルタントが多数。ポートフォリオがすでにある場合は登録可能。エンジニアのキャリアを考えた、優良企業を紹介してもらいやすいです。

まとめ

以上、未経験からプログラマーになる方法について解説してきました。

未経験からプログラマーになるのはなかなか骨の折れる学習が必要ですが、その分仕事のやりがいなどは桁違いです。

ここからぜひプログラマーとしての第一歩を歩んでみてください。