最終更新日:

この記事を読んでわかること

  • データアナリストが年収を上げるには?
  • 必要なスキル
  • データアナリストになるには?
DAI
本記事では、「データアナリスト」の仕事内容・年収・転職方法を解説していきます

データアナリストの年収は?未経験からなれる?

今より年収を上げる方法は?

結論から言うと、データアナリストの平均年収は665万円です。

※2022年3月時点。求人ボックス給料ナビより引用・算出。

DAI
ビッグデータの需要が高まり、データの分析・調査に関する知識を持つ人材が強く求められています。

しかし、スキルや経験、企業の規模によって年収は430~1,000万円以上まで差があるのが現状です。

より高待遇のデータアナリストを目指すには、必要とされるスキルや業界について情報を集め、スキルを磨いたり、自分のスキルがもっと生きる業界を探す事が必要です。

ただし、必要なスキルや転職に関する情報を、ネットで集めることはおすすめしません。

DAI
業界の最新情報と異なる場合が多いです!

データアナリストとして働いている場合、現役のデータアナリストの知り合いに、以下の3点について聞いてみるのがおすすめです。

  • データアナリスト市場の動向
  • 自分のスキルで年収を上げられないか?
  • 次の転職に向けて身に付けるべきスキルはなにか?
DAI
身近に聞ける人がいない場合、エージェントに無料相談しましょう!

マイナビIT AGENTでは、IT業界に詳しいキャリアアドバイザーが経験やスキルから、年収を上げるための転職活動のプランを提案してくれます。

DAI
IT業界に詳しいエージェントで専門的な相談にも対応してもらえるため、転職の予定が無くても一度無料相談してみるのがいいです!

経験者の方は、レバテックキャリアでキャリア相談を受けてみましょう。

未経験の方には、未経験向け案件も保有しており、専門の転職コンシェルジュによる一人一人に寄り添った相談を受けられるワークポートがおすすめです。

データアナリストの年収は?

男性A
データアナリストの年収は、いくら?

求人ボックス給料ナビによると、データアナリストの平均年収は約665万円と、日本の平均年収より高い傾向にあります。

データアナリストの平均年収は約665万円です。

※2022年3月時点。求人ボックス給料ナビより引用・算出。

しかし、「データアナリスト」と言っても、

  • どのポジションで働くのか
  • どの会社で働くのか

によって、大きく年収が変化します。

DAI
給与幅も、430万円~1,100万円と広いです!

後ほど実際に求人を見ていきますね。

データアナリストとは?

「データアナリスト」とは、一言でいうとデータの分析や調査を行い、問題解決・サービス改善を担う専門家のことを指します。

とはいえ、何をしていればデータアナリストと言えるかというと、明確な定義はありません。

「統計学」や「データベース」の知識とそれらを活用する力が求められるようですが、一概に”これ”と断定できるものではなく、企業によって様々な求人があります。

データアナリストの分類

求人サイトにて、「データアナリスト」と呼ばれる職業について調べてみたところ、大きく分けて3種類に分かれているように感じました。

  1. データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリスト
  2. データサイエンスに強い統計分析型データアナリスト
  3. ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト

ということで、エンジニア型データアナリスト統計分析型データアナリスト、Webディレクター型データアナリストの求人について見ていきます。

見ていく求人は、

です。

①データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリスト

いわゆる馴染みのあるデータサイエンティスト像としては、こちらになります。

AI案件、データサイエンス案件に特化したビッグデータナビさんの案件から。

  • 案件:【R,Python,機械学習,多変量解析】人事系企業向けビッグデータ解析
  • 業務内容:退会予測アルゴリズム構築 扱うデータ量は現在はPOC中につき、数千万件レベル
    本格的な分析では、数億~数十億件レベルになる可能性
  • 求められるスキル:R、Python、多変量解析、機械学習経験
  • 年収: ¥9,600,000〜(月収:¥800,000〜 )

特徴としては、エンジニアリングのスキルがあるのを前提に、データサイエンス周りの知見がある人が対象です

ビッグデータナビ
【Python案件に特化】AIプロジェクトが豊富なエージェント

公式:https://bigdata-navi.com/

②データサイエンスに強い統計分析型データアナリスト

さて、次は統計分析型のデータアナリスト職です。

続いて、レバテックキャリアさんの案件です。

  • 案件:クライアントが持つ膨大なデータの分析
  • 業務内容:クライアントとの課題に関するヒアリング/データの抽出、加工、集計、分析
  • 求められるスキル:何らかの開発やプログラミング(言語不問)/医療分野やマーケティング分野、Webサイト運営におけるデータ分析/市場調査、社会調査
  • 年収:~800万円

こちらは、先ほどよりもエンジニア力を求められませんが、何かしらのプログラミング実装経験がある必要があります。(Python , Rなど)

年収も比較的高めですが、エンジニアリング力・マーケティング力が必要となります。

公式:https://career.levtech.jp

③ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト

さて、最後にビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリストです。

ちなみに僕はこのWebディレクター型のデータアナリストに近いです。

DODAさんの求人からご紹介します。自社運営サービスのマーケター的データアナリストの求人です。

  • 案件:自社サービスの分析、効果検証、プロダクト改善などの業務全般
  • 業務内容:各種施策の効果検証 /データ分析に基づいた、プロダクト改善点の抽出・提案 /データの可視化/レポーティング
  • 求められるスキル:GAを用いたサイト分析/サイト改善業務の経験/SQLによるデータ分析業務の経験/BIやCRM、DMPの導入、設計、運用経験/WEB広告の運用経験
  • 年収:360万円~700万円

Webディレクター型のデータアナリストの場合、年収相場は他のジャンルのデータアナリストと比べると落ちますが、マーケティングよりのバックグラウンドが必要になります。

DODA
日本最大級のエージェントサービス

公式:https://doda.jp/

データアナリストに必要なスキル

DAI
データアナリストとして活躍するために、必要なスキルを解説していきます。

記事の前半でデータアナリストの3つの分類をご紹介しましたが、共通して求められるスキルは以下の4つです。

分析ツール関連のスキル

  • データ分析とデータの可視化を効率良く行うために必要なツールの活用
  • Webスクレイピングツールやビッグデータ分析に使うTableauやQuickSightなど

データベース関連のスキル

  • SQL(データベースの定義や操作を行うためのデータベース言語)を用いてデータ抽出を行う

統計学・数学・機械学習理論の知識

  • 以下の知識を用いてデータ分析を行う
    • 統計学:データの集計やサンプルの抽出方法、統計モデリングなど
    • 数学:確率、微分積分、線形代数など
    • 機械学習論:傾向分析、クラスター分析など

ロジカルシンキング力

  • 課題解決に向けて論理的に情報を分析・解説する
DAI
さらに、どの分類のスペシャリストになりたいかによって、それぞれで身につけるべきスキルが変わっていきます。

以下、データアナリストの分類別にまとめました

  • データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリスト
    コンサルティングスキルビジネススキル
  • データサイエンスに強い統計分析型データアナリスト
    プログラミングスキル、エンジニアリングスキル
  • ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト
    マーケティングスキル

データアナリストの転職方法

さて、

  1. データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリスト
  2. データサイエンスに強い統計分析型データアナリスト
  3. ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト

を見てきましたが、まとめると以下のようになります。

データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリスト

  • 求められるスキル:実務でのプログラミング経験、分析基盤の実装力+統計学、機械学習系の知識
  • 年収相場:~ 1,000万円
  • 転職方法:エンジニアとしての実務経験をつけ、独学で統計学、機械学習系の知識を学びつつ、転職。

すでにエンジニア経験がある人が、統計学や機械学習を学びつつ、横展開して転職するようなイメージです。

基本的にプログラミングスキルがあるのであれば、あとはAI系の技術を学ぶのが良いです。

独学でも良いですが、個人的には法人研修でも利用されているAidemyの研修を個人で利用するのが良いでしょう。

②データサイエンスに強い統計分析型データアナリスト

  • 求められるスキル:実務でのプログラミング経験、マーケティング等の知識
  • 年収相場:~ 1,000万円
  • 転職方法:マーケティング等のデータ分析職から、Python、Rなどの統計プログラミング言語を学びつつ転職

こちらもある程度統計プログラミング言語がかけて、マーケティングや顧客折衝能力が必要になるので、マーケターがAIプログラミングを学んで転職するルートが良いです。

こちらもAidemyがオススメなので、ぜひ見てください。

③ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト

  • 求められるスキル:Google Analytics / Tableau / グロースハックの知見 / ABテスト / 広告運用の知識
  • 年収相場:~ 700万円
  • 転職方法:広告運用職から、Web系プログラミングや、マーケティング全般の知識を身につけて転職

さて、こちらはデータアナリストというよりもWebディレクション、マーケティングよりの知見が必要になります。

一度マーケターとして就職してから、Webディレクター型のデータサイエンティストに転職するのがおすすめです。

データアナリスト経験者におすすめの転職エージェント3選

データアナリスト経験者に向けたおすすめの転職エージェントを3つ厳選しました。

経験者向けの転職エージェントを利用するポイントは2つあります!

  • 年収の高い求人が多い
  • IT業界への理解が深いコンサルタントが多く、専門的な話ができる
DAI
また、より多くの求人情報やアドバイスをもらうためにも、複数のエージェントに登録しておくことが大切です。とりあえず、以下に登録しておくといいでしょう。

\経験者向け!おすすめのエージェント/

  • マイナビIT AGENT
    キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが充実!データアナリストの非公開求人も多数紹介。迷ったらここ。
  • レバテックキャリア
    業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
  • TechClips
    年収500万円以上の紹介企業がほとんど!キャリアアップしたいデータアナリスト経験者の方必見の転職エージェントです。

マイナビIT AGENT

公式URL(https://mynavi-agent.jp/it/

【マイナビIT AGENT】IT・Web業界志望の方におすすめ
キャリアアドバイザーによるサポートが充実!非公開求人も多数紹介。

求人数 34,713件
エンジニア 13,476
マーケティング 1,706
セールス 6,626件
デザイナー 915件
ライター 113件
Webディレクター 564件

※2022年2月時点

IT業界の様々な求人を扱っているため、エンジニアやデザイナーに限らず、求人を探すことができます。

マイナビIT AGENTは、もともとIT・Web分野の会社との繋がりが強いマイナビ転職が、IT業界向けの転職エージェントに特化して立ち上げられた転職エージェントです。

マイナビIT AGENTのデータサイエンティスト・アナリストの公開求人数は、2022年5月現在558件になっています。

引用: https://mynavi-agent.jp/it/

DAI
在籍するキャリアアドバイザーはIT系業界出身者も多く、Web業界への転職活動における正しい業界知識を教えてもらいながら、転職活動に専念できます。

マイナビIT AGENTに無料登録してみる

レバテックキャリア

レバテックキャリア公式サイト:https://career.levtech.jp/

拠点 ※現在は電話でのリモート対応可 (2022年1月現在)
東京 / 神奈川/ 千葉 / 愛知/ 大阪/ 京都/ 兵庫/福岡/熊本
求人数 14,543件(非公開求人は除く, 2022年1月現在)
強み エンジニア、ディレクター、PM、ITコンサル特化の転職エージェント。
それ以外の求人を扱っていない分、エンジニアの転職にとにかく強い
おすすめな人 ・現役エンジニアで、今より年収を上げたい人
・SIerからWeb業界に転職したい人
公式URL レバテックキャリア公式サイト:
https://career.levtech.jp/

レバテックキャリア』は、業界トップクラスのエンジニア特化の転職エージェントです。

ベンチャーからメガベンチャー、大企業など、モダンな技術セットを扱っている人気求人が多数存在します。(リクルート, サイボウズ, ビズリーチ, DMMなど)

エンジニアとしてさらにキャリアアップを狙いたい方は、レバテックキャリアが特におすすめできる転職エージェントです。

DAI
案件は、ユーザー登録すると閲覧することができます。まずは30秒で無料登録してみるとよいでしょう!

レバテックキャリア公式サイト: https://career.levtech.jp/

Tech Clips

Tech Clips公式サイト:https://agent.tech-clips.com/

運営会社 notari株式会社
対象勤務地 東京/神奈川/埼玉/千葉
求人数 約5,000件(非公開求人含む)(※2022年5月現在)
強み ITエンジニアに特化した転職エージェント
・大手・ベンチャー問わず企業との太いパイプを保有

年収500万円以上の紹介企業多数、高収入&高待遇
おすすめな人 ・転職したいエンジニア経験者
・転職して年収を上げたいエンジニア
・カウンセリングを通して自分に合った企業を知りたい方

Tech Clipsは、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)限定の高収入&高待遇に特化した転職エージェントです。

DAI
現役エンジニア兼任のコンサルタントによる転職サポートを受けることができ、自分に合った企業を紹介してもらえるので、エンジニアの方は検討すべき転職エージェントの1つです。

高収入&高待遇に特化しているエージェントというと、結局どれくらい収入がもらえるの?と気になるところですが、Tech Clipsは年収は500万以上の求人が多数を占めています。

下記の画像のように大手企業も多数紹介があります。

Tech Clips公式サイトより引用:https://agent.tech-clips.com/

DAI
1,000社以上の豊富な求人があり、紹介企業は事業会社に特化しています。

Tech Clipsがおすすめな人の特徴は、以下の通りです。

  • 転職して年収を上げたいエンジニア
  • エンジニアとして成長できる企業に転職したい方
  • 働き方や業務内容に不満があり、転職したいエンジニア
DAI
エンジニア経験豊富なキャリアコンサルタントのサポートを受けることができるので、今の職場に不満のあるなどエンジニアならではの悩みも共有しやすいかと思います。現状から転職し年収UPさせたいエンジニアの方は一度相談してみるのがおすすめです!

TechClips公式ページを見る

未経験からデータアナリストになるには?

さて、紹介したデータアナリストでは、いずれも完全未経験からデータアナリストになることは難しいです。

では、もし未経験からデータアナリストになりたい場合はどうすればいいでしょうか?

DAI
個人的におすすめなのは、ビジネスに強いWebディレクター型のデータアナリスト職に、未経験マーケター職から転職してなる方法です。

具体的には、まずは広告運用系のスキルでがっつりと専門性を身につけ、そこからより広いWebディレクター型のデータアナリストに就職するのがおすすめです。

広告運用系のスキルは、非常に需要が大きく、場所を選ばないスキルなので、在宅での仕事もしやすいです。

DAI
一方で、一般化しやすいスキルなので、広告運用だけではあまり年収アップは期待できません。

ですので、広告運用系のスキルを身につけつつ、Webサービス全体の成長を担当できるようなWebディレクター型データアナリストに転職するのが個人的にはおすすめです。

未経験からデータエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリストになれるのか?

とはいえ、年収が高いので、データエンジニアリングに強いエンジニア型データアナリストになりたい方もいらっしゃるでしょう。

DAI
結論から言うと、相当難しいです。

基本的にこの手の職種になる人は、東大、京大、地方国立大の情報科、情報系の専門学校を卒業していたり、大学生時代に機械学習系のベンチャーでインターンしていたりする人がほとんどです。

他のプログラミングスクールが、「未経験からAIエンジニアになれる!」と煽っていても、ちゃんとした事例がなければやめておきましょう。

まずはちゃんとサーバーサイドエンジニアとして、エンジニアのキャリアを積んでからの方が良いです。

未経験からいきなりパイロットになりたい!と言っているのとほぼ同じなので、相当難易度が高いです。

未経験からデータアナリストを目指せる転職エージェント

未経験OKのデータアナリスト求人が見つけやすい転職エージェントは、こちらの2社です。

\未経験からの転職におすすめのエージェント/

  • ワークポート
    IT系の求人を多く持つエージェント。未経験向けの案件も多く保有しているため初めての転職相談におすすめ。
  • リクルートエージェント
    誰もが知っている、求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。

IT系の転職に強い ワークポート

ワークポート公式サイト:
https://www.workport.co.jp/

拠点 ※現在はリモート対応可 (2021年9月現在)
東京  / 札幌 / 仙台 / 埼玉 / 横浜 / 千葉 / 名古屋 / 大阪 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 京都 / 神戸 / 岡山 / 広島 / 福岡
求人数 約2.8万件(2021年9月現在)
強み 元IT専門の転職エージェントのため、
IT業界のキャリアカウンセリングがかなり詳しい
親身な対応をしてくれる

求人数も大手並に多い
おすすめな人 ・IT業界に未経験から転職したい人
・IT業界の求人を幅広く得たい人
・IT業界全般に強いアドバイザーを求めている人
公式URL https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の求人に強いことで評判の総合型エージェントです。

ワークポートの大きな魅力は、未経験でも応募できる求人が多い点と、キャリアアドバイザーがIT領域に詳しい点です。

実際に過去にワークポートを利用しましたが、かなりIT領域に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらえました。

一般的な転職エージェントでは経験者向けのIT求人がほとんどで、未経験者が応募できる求人は少ないです。

そのため、未経験からIT業界へ転職を目指す方にとって数少ない使い勝手の良い転職エージェントです。

登録は無料なので、ぜひ登録して実際の求人を見てみましょう。

ワークポート公式サイト:https://www.workport.co.jp/

IT系の求人数多数 リクルートエージェント

公式:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、多くの求職者が利用している大手総合型転職エージェントです。

IT企業の取り扱いも多く、転職するならまずはリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

求人数 公開求人 153,900件
非公開求人 208,537件
エンジニア 65,302件
マーケティング 4,494件
セールス 8,478件
Webデザイナー 1,822件
ライター 76件
Webディレクター 265件

IT系の求人数(2022年1月現在、各職種の該当検索数)

登録すれば非公開案件も見られるようになるため、自分にあった企業を紹介してもらいやすいです。

現在は電話面談やオンライン面談も可能なほか、IT未経験の求人もあります。

アドバイザーの質にばらつきがあるというデメリットもありますが、申し出れば担当アドバイザーの変更も可能です。

登録すると

  • より詳細な求人が見られるように
  • エンジニアでどんな求人があるのかを見て、何が求められているのかを把握する
  • 実際にエージェントに相談しつつ、現状のレベルで未経験から転職できるか相談する
  • 就活・転職対策をしてもらう

など、自分の状況に合ったサポートを受けることが可能です。

3分ほどで無料登録することができるので、ぜひ一度相談してみましょう!

リクルートエージェント公式: https://www.r-agent.com/

データアナリストが年収アップする方法とは?

DAI
実際に、求人検索サイトから最も年収が高い求人と、最も年収が低い求人を以下、ピックアップしました。
年収 515万円〜2,000万円 450万円〜
仕事内容 ■DTFAデータアナリティクス推進リーダー
(SVP相当)

・データ分析プロジェクトの全体管理
・各プロジェクトへの
アナリティクス適用の推進
■データ分析プロジェクトマネージャー
(VP相当)

・データ分析プロジェクトの推進、管理
・ビジネス課題に対して
データアナリティクスを活用した解決策の提案
データサイエンティスト、データアナリスト
(SA相当)

・ビジネス課題に対して
データアナリティクスを活用した解決策の提案
・データ分析のプロジェクト業務
・Big Query、SQL等を用いたデータ抽出、集計、加工(クレンジング)
・統計解析/データマイニング
(SPSS、SAS、R、Python等を使用)
・レポート作成/クライアントへの報告

・上記に係るコンサルティング、プロジェクトマネジメント支援
・全社的なAI活用やデータ分析に係るPoC業務、コンサルティング、プロジェクトマネジメント業務
必須条件

■SVP相当
・5名以上のチームマネジメント経験
および顧客折衝経験3年以上
・中小規模(数百万~数千万円)の
プロジェクトのリード経験3年以上
・データ分析に基づく
プロジェクトベースの業務経験5年以上

<下記いずれかの経験>
・データ分析に関するシステム構築経験5年以上
・Python、R、SAS、SPSSなどを活用した
データ分析経験5年以上

・ビジネスレベルの英語、日本語力

■VP相当
・データ分析に基づく
プロジェクトベースの業務経験5年以上
・Python、R、SAS、SPSSなどを活用した
データ分析経験3年以上
・プロジェクトマネジメント経験

<下記いずれかの経験>
・複数言語によるプログラミング経験、
SQLの知識、経験3年以上

・DWHやBI、DMPなどの
システム構築開発経験3年以上

・ビジネスレベルの英語、日本語力

■SA相当
・データ分析に基づく
プロジェクトベースの業務経験2年以上
・複数言語によるプログラミング経験、
SQLの知識、経験2年以上
・Python、R、SAS、SPSSなどを活用した
データ分析経験2年以上

<下記いずれかの経験>
・DWHやBI、DMPなどの
システム構築設計開発経験

・Tableau、Qlik、Power BIなど
BIツールによるデータ可視化経験

・ビジネスレベルの英語、日本語力

<知識>
・特定の業種、業界に関する深い知識
・データ分析市場における
潜在ニーズを含めた顧客需要に関する知識
・統計学/機械学習の学習
(実務経験不問)
・何らかのプログラミング
(SQL尚可)

<経験>
■経験者
・データ分析を用いた顧客課題の抽出
事業戦略への提案の実務
・多変量解析/データマイニング
(Python、R、SPSS、SAS等)
※当該結果に基づくコンサルティング
・SQLでビッグデータの抽出、集計
・BigQuery、Hadoop、Red Shift、
Big Queryを利用してのデータ抽出

<マインド>
・困難にも怯まず、挑めるチャレンジ精神
・周囲を巻き込みながらプロジェクトを推進できる
■未経験の方
・強い課題解決思考、顧客思考
(コードを書くことがゴールでない)

2022年1月11日、レバテックキャリア公式HPより抜粋

現在、募集が終了している場合がございます。

求人検索サイトで、年収が高い案件の特徴を踏まえると、データアナリストが年収アップする方法は以下の3つがあります

外資系企業・大企業に転職する

大企業・外資系企業は、中小企業よりも扱うデータが複雑で膨大です。

このようなデータを扱える優秀な人物を引き抜くため、大企業や外資系には待遇の良い求人を出していることが多いです。

ただ、外資系企業は実力重視で、なおかつ高い語学力が必要とされます。

DAI
外資系企業の日本支社の場合も、海外のクライアントや外国人社員とコミュニケーションを任せられることがあり、語学力は必須です。

実務経験が最低でも3年あり、なおかつビジネスレベルの英語力を持っている人は外資系を目指すことも検討すると良いでしょう。

他にも、事業拡大に向けて積極的に採用を行なっているITベンチャー企業の年収も、700万円〜1,200万円と高い傾向にありました。

データサイエンティストを目指してスキルアップ

データアナリストは、すでに存在するデータを集計・分析し、結果を可視化するのみに対し、データサイエンティストは得た結果をどう事業の拡大や発展に応用していくかを考えます。

なので、データ分析やデータ抽出に加えて、ビジネスコンサルタントの役割も担うデータサイエンティストの方が年収が高いです。

実際、レバテックキャリアの求人を見てみると、データアナリストの最高年収が1,100万円に対し、データサイエンティストの最高年収は2,000万円でした。(2022年1月17日時点の求人データをもとに算出。)

DAI
なので「データアナリストとしてのキャリアを更に極めていきたい!」という方は、データサイエンティストを目指すのがおすすめです。

データサイエンティスト協会が提示した「データサイエンティスト スキルチェックリスト」を参考にすると、データサイエンティストになるには次の3つのスキルが必要です。

  • データエンジニアリングスキル:データ加工力・データ蓄積力など
  • マーケティングスキル:顧客視点の着想力やアイデア力・プロモーション力など
  • ビジネススキル事業課題に基づいた論理的思考力・目的思考力・プロジェクトマネジメント力など

参考:データサイエンティスト協会, 2021年度版「データサイエンティスト スキルチェックリストver.4」(2021年11月)

DAI
さらに年収アップしたい人は挑戦してみましょう!

リーダー・マネージャー以上のポジションへキャリアアップ

前述の比較表の通り、プロジェクトリーダーやマネージャーの経験が3年以上あると、比較的年収の高い求人にも応募できるようになります。

今働いている会社内でキャリアアップができそうなら、まずはPMやリーダーを目指すのも良いでしょう。

そのためには、高いコミュニケーション力・チームのマネジメント力とメンバーを育成する能力が重要になりますね。

最後に

ということで、データアナリストの年収と、転職市場について解説しました。

より詳しい転職市場について聞きたい方は、紹介したリクルートエージェントや、ワークポートのような媒体のキャリアコンサルタントに聞いてみるとよいでしょう。

\経験者向け!おすすめのエージェント/

  • マイナビIT AGENT
    キャリアアドバイザーによる手厚いサポートが充実!データアナリストの非公開求人も多数紹介。迷ったらここ。
  • レバテックキャリア
    業界トップクラスのIT業界特化の転職エージェント。今より年収を上げたいという人におすすめです。
  • TechClips
    年収500万円以上の紹介企業がほとんど!キャリアアップしたいデータアナリスト経験者の方必見の転職エージェントです。

\未経験からの転職におすすめのエージェント/

  • ワークポート
    IT系の求人を多く持つエージェント。未経験向けの案件も多く保有しているため初めての転職相談におすすめ。
  • リクルートエージェント
    誰もが知っている、求人数が多い転職エージェント。最低限こちらには登録しておきましょう。

関連記事

DAI
IT業界への転職を検討している方は、こちらの記事もおすすめです!
【2022年最新】IT業界に強い転職エージェントおすすめ厳選14選
データサイエンティストのフリーランス案件事情!求人の特徴や単価相場・スキルなどを解説
【実例つき】AIエンジニアになるには?未経験からなる方法を解説
DAI
Aidemyの口コミ・評判はこちら!
Aidemyの口コミ・評判は?卒業生に徹底インタビューしてみた
DAI
広告運用のスキルを身につけ、Webディレクター型データアナリストになりたい方はこちら
【2022年版】Webマーケティングに強い転職エージェントおすすめ10選