こんにちは、DAIです。

  • 今後フリーランスで独立しようと検討している
  • けど、フリーランスのイメージが掴めないので、どうしようか悩んでいる

というかたも多いのではないでしょうか。

最近、フリーランス界隈の人と飯を食べに行くことが多いのですが、だいたいフリーランスになって困ることが一緒だと感じたので、そのことについてまとめていきたいと思います。

フリーランスのキャリア上の問題

フリーランスとして独立した後に、だいたい悩むパターンは以下の通りです。

  1. フリーランスで独立すると、必ず営業力が求められる問題
  2. フリーランスで独立すると、看板だけではなく実力が評価される問題
  3. フリーランスで独立して「新しいこと」をする余裕がない問題
  4. フリーランスで独立すると、「会社固有のコミュニティ資産」が得られない点

①フリーランスで独立すると、必ず営業力が求められる問題

フリーランスで独立すると、案件獲得のために必ず営業力が求められます。

エンジニア、デザイナーなどにあるあるですが、会社員ですと案件獲得は全部営業に外注できてしまうわけですね。ところがエンジニアでもデザイナーでも、独立した途端にいきなり自分自身で営業を行う必要性があるわけです。

もともとエンジニアをやっていた人が、元の会社のツテで案件をもらっていたり、クライアントの紹介で新たに案件を獲得することはありますが、そういう資産がない場合だと必ず今まで求められなかった営業力が必要になります。

この辺のスキルセットを持っていないと、いくら技術を持っていてもしんどい戦いになります。

②フリーランスで独立すると、看板だけではなく実力が評価される問題

フリーランスで独立すると、看板だけではなく完全実力評価になります。

今までは「●●社の●●を担当されているAさん」ということで、看板の力で過大に評価される部分もあるかと思いますが、独立すると評価が完全に仕事一本になります。

いい仕事をしなければ契約は終わりますし、さらにそのクライアントに「この人の仕事微妙だったよ」と言われると、評判自体も落ちます。会社と違って責任を分散させることもできません。逆にいい仕事をすれば評判がよく、新しい仕事がくることもあります。

③フリーランスで「新しいこと」をする体力がない問題

フリーランスのキャリア上のいちばんの問題として、「お金をもらいながら新しい技術を身につける」ことが許されにくい問題があります。

フリーランスのクライアントワークは、基本的に「今できること」で仕事を行うことになります。

当たり前ですが、フリーランスは「育成を前提としないスペシャリスト」として仕事に参画することになります。

正社員の場合だと、育成を前提とするので、失敗しても育成のためのコストとして投資してもらえますが、フリーランスの場合だとそれがありません。

その結果何が起こるかというと、フリーランスで今持っているスキルの切り売りをすることになります。

そして、そのスキルで生計を立てることになるので、あたらしいことを学ぶ時間を取るのが、正社員以上に難しくなります。

今のスキルセットの競合が増えたり、スキルセットが時代遅れになると結構しんどいですね。

④フリーランスで独立すると、「会社固有のコミュニティ資産」が得られない問題

フリーランスになると、会社固有のコミュニティ資産が得られなくなります。

会社固有のコミュニティ資産とは、例えばこんなものです。

  1. 会社に属しているという看板
  2. クライアントと仕事をすることでしか手に入らない業界情報
  3. 上司などに聞けば問題が解決する情報
  4. 社内の人間関係、社外の人間関係

これらの資産は、フリーランスになると、なかなか掴みにくいです。

相当意識して、自分の足を動かさないとこれらの資産にアクセスすることができなくなります。

これらの課題をどう解決するか

これらの課題をどう解決するかですが、多分独立する前にこれらの問題が起こらないようにしておくことが重要なのではないかと思います。

  1. フリーランスで独立すると、必ず営業力が求められる問題:在職中にクライアント候補と関係構築しておき、営業しなくてもいつでも声がかかる状態にしておく
  2. フリーランスで独立すると、看板だけではなく実力が評価される問題:在職中に、看板と共に経験値を積んで、仕事のパフォーマンスで外部で評価されておく
  3. フリーランスで独立して「新しいこと」をする余裕がない問題:会社員でストックする資産(金融資産、ブログ、note等)でお金に困らないような副業をしておく。できれば経営を行う。
  4. フリーランスで独立すると、「会社固有のコミュニティ資産」が得られない点:フリーランスコミュニティに属したり、クライアントの課題の上流に関わる

でも、結局これらってフリーランスになった後になんかするよりは、会社員をやりながら、フリーランスの助走をつけておけって結論になるのではないかと思います。

会社員をやりながら、副業で助走をつけてフリーランスになる

僕自身、会社員で仕事をしながら、副業をしていて独立したのですが、会社員という身分を使いながら、副業で助走をつけてフリーランスになるのがいいんじゃないかとおもっています。

会社では、その会社にいないと絶対に得られないリソース(業界知識/人脈)を使ってレベルアップ。副業では、どこでも働けるけど本当に実力勝負のスキル(ライティング/プログラミング/デザイン/SNSの影響力)を磨いて、複利でキャリアに効いてくるようなスキルセットを持つのが良いと思います。