全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

副業したい人にオススメのWebサービス
【第1位】Workship:週1から可能の副業マッチングサービス
【第2位】クラウドワークス:日本最大規模のクラウドソーシングサービス
【第3位】ココナラ:自分の得意が売れるサービス

DAINOTE編集部のDAIです。

  • 今会社員だけど、副業してみたい
  • 仕事をどこから取れば良いか迷っているので、とりあえずクラウドソーシングサイトを利用したい

という方も多いのではないでしょうか。今回は、クラウドソーシングの副業サービスについて、実際の体験談を元に解説していきたいと思います。

クラウドソーシングとは?

そもそも、クラウドソーシングとは何かというと、企業、個人がお仕事を不特定多数の人に外注できるサービスです。例えば「こんなデザインのバナーが欲しい」と発注し、個人がそれを開発するようなイメージです。

副業のためのクラウドソーシングの選び方のポイント

クラウドソーシングサービスの選び方としては、まずは最大大手のクラウドソーシングサイトに登録して、その中で案件を確認してみるのがオススメです。そこでもない場合、特化型のクラウドソーシングサイトに登録してみるのが良いでしょう。

クラウドソーシングの酒類

では、どんなクラウドソーシングがあるのか。有名どころでいうと以下の4種類があげられます。

クラウドワークス

日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。会員数は200万人ほど。

ライティング、プログラミング、デザイン、ロゴ作成から、簡単なタスクまでさまざまな案件がありますが、全ジャンルに多くの案件があります。

僕は独学でプログラミングの案件を受託したのですが、お客さんが総じてリテラシーの高い方が多く、お仕事がやりやすかったです。仕事をする前に、発注主の評価などをみれるので、安心感を持って仕事ができました。

ココナラ

みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケット

ココナラは自分の得意を得ることができるサイトです。クラウドワークスと違うのは、発注主が仕事を依頼するのではなく、個人ができることを売る店です。

特に多いのは、占い、人生相談、イラスト、動画制作などの案件ですね。ほかのクラウドソーシングサービスと比べると、比較的にクリエイティブな仕事が多い印象です。

僕の場合は、自動でツイッターの動画をダウンロードできるツールの販売などをしていました。

ランサーズ

日本最大級のクラウドソーシング、ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並んで日本最大大手のクラウドソーシングサービスです。違いとしては、

ザグーワークス

ライターに特化したクラウドソーシング

ザグーワークスは、ライティングやリサーチ専門のクラウドソーシングサイトです。

副業エージェントサイトもよいかも

さてさて、今まではクラウドソーシングに絞ってご紹介しましたが、それ以外にも個人と企業のマッチングが可能な副業サービスもございます。

こちらは、仕事単位というよりも、ますは企業がこういう人を欲しい!と募集して、そこからコミュニケーションを初めて仕事内容が決まっていくようなイメージです。例えばマーケティング担当が欲しい!と募集があるようなイメージですね。

Workship(ワークシップ)

週1日・週2日など案件多数!

Workshipは、週1から働ける副業マッチングサービスです。

体験談 ワークシップを利用してみたのでレビューしてみた

プロの副業

プロ人材の為の本業を活かした副業紹介サービス

プロの副業は、比較的高単価で副業が可能なWebサイトとなります。

最後に

なんでもよいので、少額でいいから簡単な副業をしたい!という場合は、クラウドワークスやココナラ、ランサーズなどに登録して、ひたすら仕事の応募をするのがよいと思います。

将来的に、自分の市場価値を上げていきたい方は、Workshipのようなサイトに登録するのがおすすめです。

副業したい人にオススメのWebサービス
【第1位】Workship:週1から可能の副業マッチングサービス
【第2位】クラウドワークス:日本最大規模のクラウドソーシングサービス
【第3位】ココナラ:自分の得意が売れるサービス