全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

注)この記事は、ポジウィル株式会社のスポンサード広告です。

こんにちは、フラットにWeb系の情報を届けるメディアDAINOTE(ダイノート)編集長のDAIです。

つい最近、ふと第二新卒採用で転職活動しているときに、色々と悩んだことを思い出したんですよね。

例えば、

  • 会社を1年でやめたら、これからの社歴に傷がつくのではないか…
  • 第二新卒採用って、そもそも何を評価しているんだろう… 入社したばっかりで全然スキルないしなぁ…
  • 年収ってどうなっちゃうんだろう…. 大きく下がるのかなぁ….

なんて悶々と考えておりました。

転職エージェントのキャリアカウンセラーに聞いた、第二新卒転職事情をインタビュー

そこで、今回は第二新卒採用の事情について、求人を紹介しない相談サービス「そうだんドットミー」を利用して、キャリアカウンセラーの方に、インタビューしてみました。

そうだんドットミーは、ポジウィル株式会社が運営している、「求人を紹介しないキャリア相談サービス」。転職活動を始める前に、プロのキャリアカウンセラーや、起業家などに、キャリアの相談をできるサービスです。

担当者Aさんは、大手転職エージェントでキャリアカウンセラーを担当していて、現在はフリーで活躍されている方となります。
普通に転職エージェントの中にいる人だったらなかなか聞けないような情報についても、踏み込んで聞いてみました。

求人を紹介しないキャリア相談サービス

——————–✂︎——————–

DAI 普通の転職と比べると、第二新卒採用ってどうなんですかね。「1年目でやめてしまう人」って思われてしまうのではないでしょうか。

Aさん:第二新卒だからって、あんまり偏見はないと思いますよ。あと、面白いんですが、1年目で入れなかった会社に第二新卒採用で入れた!という方がいます。

DAI: 本当ですか?ちなみになんでできたんでしょうか。

Aさん:その人は、就活の時に広告代理店にいきたかった人なんですが、ちょっと思考を変えて生保の大手に入ったんですよね。それで3年経たずにそこでめちゃくちゃ営業成績を残して、もともといきたかった広告代理店に第二新卒採用で入社したみたいなんです。

新卒入社って、めちゃくちゃハードルが高いんですよね。もし中途なら、実績があれば優秀なら簡単に入れる人もいます。

DAI その人は即戦力として評価されたんですかね?

Aさん:おそらくポテンシャルかと思います。営業で数字を残していた、しかもガッツとか行動力がある。それに、新卒で入社何年間か経っているので、社会人としてのビジネスマナーの素地ができる、だから採用したとしても十分ポテンシャルがあって、立ち上がりは早いだろうということで取ってくれることもあるようですね。

DAI 僕もポテンシャル採用めちゃくちゃ苦手だったんですよね。新卒で会社に入る時にことごとくどの会社からも内定が出なかった。ただ、第二新卒採用の場合は副業の成果でポテンシャル転職した。ポテンシャルだけだったら難しいんですが、第二新卒だと実績を元に転職できるのは強みですよね。

Aさん:そうですね、新卒採用でみる目線と中途採用でみる目線は違いますよね。中途採用は明らかに結果として目に見えるのがありますからね。

DAI 第二新卒採用で気をつけておかなければならないことはありますか

Aさん:はい、まずまた辞めてしまわないかと思われてはいけないので、その辺をどう企業に説明するかが大事ですね。企業側に。企業で働くイメージを持ってもらうかを説得する必要があります。企業側がそのイメージを持てるときに採用が決まります。そのイメージを、書類と面接でどれだけ表現できるかが重要になります。

DAI 「活躍できるイメージ」は具体的にどう作ったらいいのでしょうか。

Aさん:まず、その会社の仕事で使う能力をちょっと書き出してみましょう。あとは自分自身の今までのキャリアを振り返って強みを明確化しましょう。企業側も、そのスキルセットとの親和性が高ければ納得できるでしょう。あとは、企業のカラーに馴染めそうかどうか、相性の部分も大事になりますね。

——————–✂︎——————–

以上がインタビューとなります。

第二新卒市場のまとめ

ということで、インタビューからわかった、第二新卒市場のまとめです。

  1. 第二新卒市場は、ポテンシャルをこの3年未満の入社での成果で測られる
  2. 企業側は、会社である程度ビジネスマナーなどの教育ができていることを期待して採用を行う
  3. 新卒採用と比べると、やや実績でアピールしやすい

という特徴があるようです。

こんな人は転職エージェントを使ってはいけない

さて、現状のやりたいこと、明確化する前に、いきなり転職エージェントに突っ込むのは僕はオススメしません。僕の友人などをみていても、その現状にモヤモヤしているだけでいきなり転職した結果、次の職場でもモヤモヤを抱え続けている方もいらっしゃいます。

なぜかというと、シンプルに自分のやりたいことが明確になっていなかったり、業界の知識が足りなくて、求められていた仕事と異なることがあるからです。自分自身のやりたいことを整理でき、かつ業界知識がしっかりある人は、比較的転職に成功しやすい傾向があります。

自分の目指すべき方向性を明確化するために、そうだんドットミーを使うという選択肢

このインタビューを行ったそうだんドットミーでは、キャリアコンサルタントに直接相談できるサービスです。実際に僕も利用してみましたが、転職エージェントのポジショントークになって無理やり望まない転職を進められたりしません。利害関係が生まれないので、ものすごくフラットに相談することができます。実際に僕が利用してみたレビュー記事もあるので、ぜひ読んでいただければ。

求人を紹介しないキャリア相談サービス

実際に僕も利用してみて、キャリアの相談をしてみました。どんな感じなのかは以下の記事をみてみるとイメージがわきやすいかと思います。

≫【体験談】そうだんドットミーで、キャリア相談してみた!

そうだんドットミーを使ってみての感想

そうだんドットミーを使ってみての素直な感想です。

①自然に話していることで、悩みが解決する

やっぱり他人に相談すると、自然に自分がどうすればいいか見えてきますね。

②転職事情・業界知識について、フラットに聞ける

これも他人だからのメリットなんですが、転職エージェントの事情だったりをしっかりフラットに聞くことができるのが良い点でした。

多分いきなり転職エージェントを利用して相談しようとしても、なかなか自分の悩みにしっかりと寄り添ってもらえているのか心配になると思うんですよね。

だから最初にそうだんドットミーを利用して、自分の悩みを明確にしつつ、転職事情や業界情報をしっかりと得たうえでエージェント等を利用するのがいいなぁと思いました。

③キャリアのスペシャリストからフィードバックをもらえる

現職でキャリアカウンセラーをされているような方からフィードバックをもらえます。自分自身の悩みを聞いてもらうだけなら、普通にほかのカウンセリングをうければいいのですが、そうだんドットミーならもっと踏み込んだ相談をすることができます。アドバイザーリストはこちら!

簡単にまとめると、

  • 元転職エージェント
  • キャリアコンサルタント
  • 現役人事担当者
  • 起業家

などです。総勢50名以上!

 

そうだんドットミーの料金

そうだんドットミーの料金は、以下のようになっています。

  •  お試しコース-45分(7,380円)
  • 【1番人気】標準コース-60分(9,800円)
  • 本気の相談コース-90分(14,800円)

僕は今回、お試しコース(7,380円)を利用しました。自分の中では悩みがかなり明確だったので、45分でも十分でしたが、まだ悩みが明確になっていない場合は標準コースとかにしたほうがいいかもしれません。

もし、転職を検討されている方、あらゆるキャリアの悩みを抱えている方は、ここで相談してみるといいと思います。悩みを明確にしたうえで行動すると、あとあととった選択肢の後悔もなくなります。

使ってみたい方向けの申込方法

今回はポジウィルさんから、「1000円OFFの友達紹介クーポン」をいただくことができました。

  1. まずはキャリアカウンセラーを選び
  2. そうだんドットミーの公式ページにアクセスし
  3. クーポンコードを入力する(d001)

という方法で、申し込むことができます。

そうだんドットミーの申込ページから、クーポンコード「d001」を入力すると、1000円割引で受講することができます!ぜひ使ってください!

そうだんドットミーを見てみる