全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

こんにちは、DAIです。

未経験でエンジニアに転職する方法について、よく聞かれるので、まとめてみました。

想定している読者は、

  • プログラミングは独学しているけど、どうしたらプロのエンジニアになれるんだろう
  • 何をちゃんと準備すれば面接で合格するんだろう
  • どんな就職ツールを使えばいいんだろう

みたいな悩みを持っている方におすすめです。

ちなみに筆者は

  • 元プログラミングスクールのマーケティング、コンテンツ作成を担当
  • 現在フリーランスで、マーケティングをメインに、かつ受託開発を行っている
  • エンジニアの転職支援も行っている

という人間なので、この業界については比較的詳しいかと思います。

未経験でエンジニア転職できる最低ライン

さて、未経験でエンジニアに採用される最低限のラインについてです。

普通、未経験の採用といわれると、ポテンシャル採用を思い浮かべますよね。だから、

  • 別に何も準備しなくても、適性だけ見てもらえればいいっしょ!

と思うとおもうんですが、違います。

というのも、未経験エンジニアの転職って、基本ある程度プログラミングができる人しか採用されないんですよね。

そしてこの「ある程度プログラミングができる」を測る指標としては、以下のようなものがあります。

  • クローンアプリが作れる
  • オリジナルアプリが作れる

最低限、アプリのレシピが書かれたものを見ながら、自分でコードを書いてアプリが創れるレベルではないと、きついです。欲を言えば、自分自身で一個アプリが創れるほうがいいですね。

転職では、オリジナルアプリを持ってきて、それをもとに機能を説明するような発信が必要になります。未経験でエンジニア転職をする場合、業務経験がないため、実績で測ることができません。そのため、ポテンシャル採用になります。このポテンシャルを測る指標として、オリジナルアプリが重要になってきます。

≫参考 独学でエンジニアになる勉強法のコツ!必要な学習法を分かりやすくまとめてみた

また、このオリジナルアプリを開発する段階で、たくさんのエラーが出てくることになります。そういう場合には、メンターを雇うかプログラミングスクールに行って学ぶのがよいと思います。

≫参考 プログラミングスクールを選ぶ上で最初に知っておくべきこと

給与よりも大事な、転職の思考法

エンジニアになりたい!将来高収入になって、フリーランスも目指したい!みたいな人は

  • 最初に転職した会社の給与 < 最初に転職した会社で得られるコーディングスキル

を意識したほうがいいです。というのも、しっかりと会社でしっかりとした能力をつけられれば、引く手あまたな状態になりますが、最初に転職した会社で全然コードを書かせてもらえなかったり、だれでもできる仕事だけ任され続けると、結構しんどいです。

採用媒体はどうすればいいか

さて、晴れてオリジナルアプリが創れるようになったら、さっそく転職活動をしましょう。転職活動のコツを以下まとめていきたいと思います。

業界について理解する

まずはエンジニア転職をするうえで、業界について理解しておきましょう。

  • SES
  • 自社開発
  • Sler

等のキーワードは最低限理解できるようにしておきましょう。

転職エージェントはやめておく

次に、リクナビなどの転職エージェントを利用した転職活動はあまりおすすめできません。理由としては

  • スキルが低い人は、非エンジニア職に流されがち

だからです。

プログラミングスクールのエージェントをやめておく

次に、プログラミングスクールのエージェントは、例外を除いてやめておいたほうがよいです。理由は

  • 案件が、非エンジニア職だったり、法的にグレーな転職先をオススメしていることがある

ただし、例外として、TECH::EXPERTやポテパンキャンプなどのように、入塾にテストがあるようなスクールの場合は、ある程度よい求人案件があるので、よいかもしれません。

参考)TECH::EXPERTを受講して、エンジニアに転職された卒業生にインタビューしてみた【PR】

参考)ポテパンキャンプを受講して、エンジニアに転職された卒業生にインタビューしてみた【PR】

使うべき就活ツール

さて、未経験でエンジニア転職する場合の、おすすめの就活ツールについて書いていきたいと思います。

  • Twitter
  • Qiita
  • Wantedly
  • Bosyu
  • yenta

基本的には

  • とにかくオリジナルアプリを引っ掛けて、自分を売りに行く

ということが就活の上で重要になってきます。

ツイッター転職

ツイッターを利用して、転職を行う方法です。やることとしては簡単です。

  • 日々の学習をツイッターでアウトプットする
  • エンジニア界隈の人をフォローしまくる
  • エンジニア界隈の人で、未経験採用をしているところがあれば、そこに直接連絡して採用を受けに行く

実際、僕自身もエンジニアとして転職活動をしているときに、ツイッター経由で1社からオファーが来て、そこから前職に入社しました。あとから聞くと、やはりツイッター上でアウトプットしていたのが決め手だったらしいですね。

「え?ツイッターで転職活動なんてできるの?」と思う方は、こちらの記事が参考になるかと思います。

≫参考 Twitterを使って転職活動を始めよう!Twitter転職テクニックまとめ

Qiita転職

もう一つが、Qiita転職です。Qiitaはプログラミング記事の共有サービスなのですが、たまに採用担当がこちらで技術力がある程度ある人をみつけて、直接ツイッターや後述するWantedlyなどから連絡してくれることがあります。

やることとしては

  • 学習の結果を、定期的にQiitaにまとめておく
  • ツイッターで配信する
  • たまにQiitaをみて、WantedlyやFacebookからヘッドハンティングがくるのを待つ

という感じです。

ちなみに、僕のQiitaですが、Qiitaで記事がバズってからヘッドハンティングが来ました。

友人から連絡がきて、こんな感じでCEOの人たちと会食をしてリクルーティングしてもらえることもありました。

できることがわかりやすいのは、エンジニアを採用する側としても非常にいいと思います。

Wantedly転職

ベンチャー企業の求人募集サイト、Wantedlyも未経験でエンジニア転職するには非常によいと思います。

  • 気になる企業に連絡できる
  • インターンから入って、そこから正社員に雇用されることもある

など、いろいろなことができるので、オススメです。

Bosyu採用

Bosyuは、ツイッター、Facebook連携の求人等のBosyuサービスです。

企業の採用募集等をされている場合があり、ここに未経験の採用がたまにあるので、ちょくちょくBosyuのハッシュタグで見てみるのがよいと思います。

ツイッター上では、#Bosyu のハッシュタグで案件が回っているので、Watchするのがよいでしょう。

Yenta採用

yentaはビジネス系マッチングアプリです。僕がエンジニア転職を検討しているときは、Yenta上でエンジニアを狙い撃ちして、ひたすら飯を一緒に食べに行っていました。そこで

  • 未経験だったら、どんなキャリアを描くのがよいのか
  • もしポストが空いていたら、入社させてくれたらうれしいなぁとにおわせる

みたいなこともやっていました。ここは生の声をエンジニアから聞くことができるので、おすすめです。

≫yentaを見てみる