全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

今回の記事では、こんな疑問にお答えします。

  • AIエンジニアで、未経験からなりたいのだけど、なることはできるのだろうか
  • 実際になった人がいるとしたら、どんな人なのだろうか
  • どうすればなることができるのだろうか

一般的にAIエンジニアになる3つのパターン

基本的に、未経験からAIエンジニアになれるパターンは3つです。

  1. エリート大学院で情報科学(コンピューターサイエンス)の修士、博士号を取得後、AIエンジニアとして就職
  2. Python、RエンジニアからAI技術を身に着けAIエンジニアとして転職
  3. 全くのプログラミング未経験からPythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、AIエンジニア
  4. ビジネスサイドで他業種で働き、AIの知見をもとに、AIプロジェクトに参画

順に追って説明します。

エリート大学・大学院で情報科学(コンピューターサイエンス)の学士、修士、博士号を取得後、AIエンジニアとして就職

日本国内、海外のエリート大学院で情報科学を専攻し、修士、博士号を取得後、AIエンジニアとして就職するパターンです。肌感覚で、AIエンジニアと呼ばれている人たちの90%ぐらいがこのルートで就職していると思います。

根拠としては、LinkedinでMachine Learningと検索して、そのスキルを持っている人の学歴を見てみるとわかると思います。観測している限りだと、

  • 北海道大学CS専攻 → 東京大学院修士CS専攻 → 某社 → 某社
  • 京都コンピュータ学院 情報科専攻 → 自然言語処理の機械学習エンジニア
  • 東京大学院 → リクルート

みたいな形で就職しています。

Python、RエンジニアからAI技術を身につけ転職

もう一つ、9%くらいが、一度Python、Rエンジニアになった後にAIエンジニアとして転職するパターンです。僕が過去に働いていたAIプログラミングスクールでは、過去に数名この形でAIエンジニアとして転職に成功されていました。そういう人たちの特徴としては

  • Pythonエンジニアとして1年の業務経験
  • 独学+AIのプログラミングスクールで集中的にAIを勉強して、転職

というパターンでした。相当難易度が高いと思います。ちなみにこのAIプログラミングスクールAidemy Premium Planで紹介されているユーザーの方々は、元Pythonエンジニアで実務経験1年からAIエンジニアとして転職されています。

全くのプログラミング未経験からPythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、AIエンジニア

プログラミング未経験から、Pythonエンジニアとしてポテンシャル採用された後に、Aエンジニアになるパターンです。このパターンは、今まで自分のスクールでは観測したことはありませんが、知人では2年で営業からPythonエンジニアになり、AI案件にかかわっている人もいるので、可能性がないわけではない!ということになりそうです。それくらいの難易度となります。

ビジネスサイドで他業種で働き、AIの知見をもとに、AIプロジェクトに参画

最後に、AIエンジニアとしてではなく、ビジネスサイドでAIが適応できる業務領域を学んだうえで、AIプログラミングを学び、AIプロジェクトにビジネスサイドで活躍するという方法があります。

実際にAidemyというプログラミングスクールを受講された方は、

  • もともとコールセンターでマネージャーとして5年間の業務経験
  • その後AidemyでAIプログラミングを学習
  • 社内転職後、AIプロジェクトで機械学習で利用するデータの生成や学習を管理するマネージャーとして活躍

という方がいらっしゃいます。実際に現在どのように働かれているのかも、こちらの記事でインタビューをもとに紹介しています。

未経験からAIエンジニアになるためには

確実度で言えば、もう一度大学からやり直して情報科学を専攻し、しっかりとポテンシャル採用で機械学習エンジニアとして就活するのがよいでしょう。とはいえ、そこからやり直すのはしんどいという声がどこからか聞こえてきます。

ということで、以下のシチュエーションに分けて解説します。

  1. もうPythonエンジニアで、実務経験が1年以上ある人
  2. ほか言語の学習経験はあるが、Pythonエンジニアではない人
  3. まだプログラミング自体が未経験なパターン

①、②もうPythonエンジニアで、実務経験が1年以上ある人 & ほか言語の学習経験はあるが、Pythonエンジニアではない人

Pythonエンジニアの方で、実務経験がある場合は、以下の学習方法をおすすめしています。

  1. 独学でAIの学習をある程度進めておく
  2. 完全につまったくらいからAIに特化したプログラミング学習スクールに行く

前提として、AIエンジニアはほかのエンジニアと違い、数理統計的なバックグラウンドが必要となります。独学するにも、まずデータサイエンティストのフィードバックなしで学習を進めていくことが非常に難しいと思われます。

なので、最低でもフィードバックしてくれるAIエンジニアがいる環境下で学習する必要があります。そのためにプログラミングスクールに学習しに行くのがよいです。

  • 「フリーランスのAIエンジニアに聞けばいいのでは?」

という考えもあると思うんですが、難しい話で、機械学習エンジニアでフリーランスをされている方はほとんどいないという状況なので、今はプログラミングスクールに頼らないと相当しんどいです。

逆に言えばプログラミングスクールに行けば現役のデータサイエンティストからフィードバックを得て学習を進めることができたり、面接の対策も手伝ってくれることもあるので、AIエンジニアの技術顧問費用とおもってプログラミングスクールに通うのがよいと思います。

Aidemyでは、機械学習やディープラーニング等、データ分析について学べるので、気になる方はぜひ見てみて下さい。

③まだプログラミング自体が未経験なパターン

まだエンジニアとしての実務経験がない人は、以下の選択肢をとるのがよいかとおもいます 。

  1. エンジニアとしてのスキルを身に着ける
  2. 完全にアナリスト職の傾向が強い、データサイエンス側の人間として就職する

1の場合は、まずはAIエンジニアとしてではなく、サーバーサイドエンジニアとして実務経験を積みましょう。

2の場合は、AIのプログラミングスクールで機械学習を学び、アナリストとして活躍されている方は多くいらっしゃいます。

AIが学べるプログラミングスクール

AIが学べるプログラミングスクールでお勧めなのが、以下3スクールです。

  1. TechAcademy: ビジネス職の人向け。比較的安く受講可能
  2. TechBoost: Webエンジニア未経験の人向け。AIとサーバーサイドのプログラミングの両方が学べます
  3. Aidemy: 現役エンジニア向け:本気でAIを仕事にしたいならココ

TechAcademy

TechAcademyは完全オンラインのプログラミングスクールです。特徴としては、専任のエンジニアがサポートしてくれます。

TechAcademyを受講される方でお勧めなのは、

  • 比較的安価でAIプログラミングを学びたい人
  • Web系プログラミングではなく、AIの実装を学びたい人

となります。

TechAcademyで無料体験してみる

TechBoost

TechBoostは、東京にある教室型のプログラミングスクールです。特徴としては、Web系エンジニア転職などに強い、Branding Engineerという会社が運営しています。

TechBoostを受講される方でおすすめなのが、

  • Web系プログラミングとAIの両方を学んでみたい!
  • 比較的安価で学びたい

という方におすすめです。こちらも無料カウンセリングをやっています。

Tech Boostで無料カウンセリングを受けてみる

Aidemy

Aidemyは、東大発のAIスタートアップです。東証一部上場企業のAI研修なども行っている、日本最大級のAI教育サービスを提供しています。

そのAidemyがAIエンジニアを育成するために提供しているのが、Aidemyのプログラミングスクールのサービスです。

Aidemyを受講するなら、以下のような希望の方にお勧めです。

  • ある程度Web系のプログラミングを学んでいる
  • AIについて本格的に仕事にしたいと思っている

実際に、AidemyはRettyのデータを分析した結果を成果として出すと、Rettyで一次面接突破できるという就職先紹介制度があり、それだけ実務でも通用する能力があることを信頼されているサービスです。

Aidemyも無料カウンセリングをやっているみたいなので、ぜひ受けてみるのがよいかと思います。

Aidemyで無料カウンセリングを受けてみる

まとめ

ということで、今回のまとめです。

  • サーバーサイドエンジニアの経験がある場合は、機械学習を学べるプログラミングスクールで、素養をつけよう
  • マーケターなどの事業開発サイドの場合は、AIのプログラミングスクールで素養をつけよう
  • まだエンジニア未経験の場合は、まずはサーバーサイドエンジニアになろう

関連記事