エンジニアキャリア

40代から未経験でエンジニアになるには?実例とともに方法を紹介してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、DAIです。
ここ最近「40代未経験でもエンジニアとして仕事することはできますか?」とよく聞かれます。

ネットで見ると、正直相当難しいと言われています。しかし、個人的には無理ではないと思っています。

そこで今回は、40代未経験でも、どうにかしてエンジニアとして働く方法についてまとめてみたいと思います。

40代未経験でエンジニア「転職」は諦めた方が良い

最初にかなりきつい現実をお伝えすることになりますが、40代で未経験でエンジニア転職は、ほとんど無理です。市場価値がありません。未経験でも企業が取りたいと思うのは、第二新卒ぐらいまでです。本人の潜在能力で採用されるのは、若い時のみです。中途採用ではしっかりとした実力を元に評価されます。なのでエンジニアになるには、エンジニアだった人でないとかなり難しいです。

また、40代だと、年齢は転職市場では大きく低く評価されてしまう原因なので、ダブルで大変です。

なので、40代で未経験でエンジニア転職は無理です。諦めた方が良いです。

ただしクラウドソーシングやフリーランスなら勝ち目はある

ただし、採用を伴わないクラウドソーシングフリーランスなら勝ち目があります。ここで実際にクラウドソーシングでエンジニアをやり、その後独立されてフリーランスとして働かれている40代の方をご紹介します。

体験談:未経験エンジニアで、40代からクラウドソーシングを始める

彼は会社員時代は、エンジニアではなく品質保証という仕事をしていましたが、鬱で休職していました。そこで独学でプログラミングを学び、クラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシングサイトで、プログラミングの受託開発を請け負っていました。

最初は単価1万円程のシステム自動化等のアプリをRubyを使って納品していたそうですが、徐々に実績が増え、より高単価な案件を受注できるようになり、今ではフリーランスとして独立した、起業しています。(しかも40代から)

クラウドソーシングであれば、企業側としても採用が必要ないため、年齢が気になることはないのです。必要なのはちゃんと納品した実績のみ。なので、最初は他人よりグッと単価を落として、実績をつけていき、実績を積み上げていくことで40代でも生活していけるだけの収入をプログラミングで得ることができるようになります。

確かな実績をもとにフリーランスとして独立

そこでたしかな実績を積み、未経験40代エンジニアからフリーランスとして独立されています。年収も前職より全然よいそうです。

どうしたら40代でもフリーランスエンジニアになれるのか

そこで、どうしたら40代でもフリーランスエンジニアになれるのか、まとめてみたいと思います。

まず全てのクラウドソーシングのサイトに登録して、案件を見てみる

まずは全てのクラウドソーシングサイトに登録して、どんな案件があるのか確認してみましょう。

有名なクラウドソーシングサイトとしては、クラウドワークスランサーズココナラなどがあります。
これらは案件やクライアントが若干異なるので、必ず全て登録しておいて、どんな案件が多いのか見てみてください。

最初は単価1-5万円くらいの案件が最初はオススメです。狙いどころはワードプレスを利用したWeb制作と、業務自動化プログラムですかね。
簡単な案件でしっかりと実績を積んでいくのが良いでしょう。具体的にはRubyやPythonの業務自動化システムと、Wordpressを利用したWeb制作が良いでしょう。そのような案件がないか、クラウドソーシングサイトに登録してお気に入りしておいてください。

 

クラウドワークス

クラウドワークスは、上場している日本最大級のクラウドソーシングサイトです。このサイトでは、Web制作の案件等を調べることができます。ここの画像にのっているものだと、Wordpressの案件が5万円ほどありますね。こんな感じでどんな案件があるのか、登録してみてみるのをお勧めします。

> クラウドワークスに登録して、案件を見てみる(無料)

ランサーズ

ランサーズも同じくクラウドソーシング系のサイトです。 こちらも同じように登録して、案件が見れるようにしておきましょう。僕はいつもブックマークしていました。

> ランサーズに登録して、案件を確認してみる(無料)

ココナラ

ココナラもクラウドソーシングサイトですね。

> ココナラに登録して、案件を確認してみる(無料)

プログラミングスキルを学ぶ

案件をみたところで、さっそくプログラミングスキルを学んでいきましょう。

業務効率化プログラム

RubyやPythonの基礎は、Progateを利用して学ぶのが良さそうです。まずは本当にプログラミングの適性があるのか、Web上でコードを書いて学んでみるとよさそうです。

> ProgateでPython、Rubyを学ぶ

そして、業務システム自動化に関してはスクレイピングや、APIの利用、また定期実行プログラム等を書ける必要があります。これは書籍などを利用して学ぶのも良いのですが、プログラミングスクールで学ぶのが早いと思います。

アイデミープレミアム

業務システム自動化で必須のスクレイピング等の基礎は、アイデミー プレミアムという完全オンラインのプログラミングスクールがあるので、そこで学ぶのをオススメします。環境構築から、Webページ作成、さらにデータ取得のためのスクレイピング等を学べるアプリ開発コースや、自分の目的にあったカスタマイズコースで学ぶことができます。

アイデミープレミアムでは自分のやりたいことからカスタマイズしてできるカスタマイズコースや、Webアプリを1からつくるアプリ作成コースがあるので、一度受講してみるのも良いと思います。メンターもついて、Slackというチャットツールで分からないところは質問に答えてくれます。

> アイデミー プレミアムを見てみる

Web制作

Web制作を学ぶのであれば、Tech Academyがオススメです。Tech AcademyはWordpressの使い方をしっかりと教えてくれる講座があります。実際に企業のコーポレートサイトを創ったり、オリジナルのサイトを作ることができるようになります。以下ホームページから引用!

WordPress制作の流れ
企画、設計、制作、運用の流れを理解します

WordPressの高度な使い方
プラグインやカスタムフィールドなどを習得します

コーポレートサイト
架空の企業の自社サイトをゼロから構築します

オリジナルサイト
自分のアイデアをカタチにしたテーマを開発します

また、パーソナルメンター制度がつくようで、非常によいですね。以下ホームページから引用

挫折しないパーソナルメンター制度
学習時の「わからない」「続かない」を解消し、挫折をなくします。
第一線で活躍するメンターによるサポートで確実に成長できます。

週2回のマンツーマンメンタリング
パーソナルメンターと1回30分のビデオチャットで質問、ペアプログラミングなど最適なサポートが受けられます。
※最初の週のみメンタリングは週1回

毎日15時〜23時のチャットサポート
メンターが毎日8時間常時オンラインで待機してるので疑問点を聞けばチャットですぐに回答がもらえます。

回数無制限の課題レビュー
書けるようになるまで何度でも課題レビュー可能です

社会人であれば、129,000円で受講できます。ちゃんと受託できるようになれば、3カ月もかからないうちにペイできるのではないでしょうか。ぜひこちらのURLから、Tech Academyを使って勉強してみてください。

> テックキャンプを見てみる

最後に

40代で未経験でエンジニア転職するのは非常に難しいです。しかし、企業に属さずに、フリーランスとしての受託開発であれば不可能ではないです。なのでクラウドソーシングで案件をとりつつ、現職を続けながら独立できるか検証してみるのが良いと思います。

■今回紹介したサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人気の記事