全取材あり! | エンジニアになれるプログラミングスクールおすすめ5社まとめ

《40代からでも副業で月10万円ほど稼げるようになるプログラミングスクールランキング》
【No.1】 TechAcademy: 完全オンラインで学べるプログラミングスクール:
【No.2】CodeCamp: 完全オンラインで学べるプログラミングスクール
【N0.3】デジタルハリウッドスタジオbyLIG: 教室でプロから学ぶWebデザインスクール
比較記事:【体験談あり】Webデザインを学べる受講者がおすすめしたプログラミングスクール3選

こんにちは、DAIです。

ここ最近「40代未経験でもエンジニアとして仕事することはできますか?」とよく聞かれます。

こんにちは。
私は39歳男で、サラリーマンをしています。
プログラミングで副業をしたいと思い、約2週間前から独学をはじめました。
プロゲートやドットインストールをやっています。

数ヶ月の勉強のあと、クラウドソーシングで仕事をはじめ、スキルを上げていきたいと思っています。まずは、HTML、CSS、JavaScriptで考えています。

相談内容ですが、自分にプログラミング適正がありそうなら、今後、フリーランスで仕事したい考えがあります。

普通は会社で2年程度実務をしてフリーランスが多いようですが、クラウドソーシングからフリーランスへ行くようなルート、可能性はあるのでしょうか?

アラフォーですので雇ってもらうことは、難しいのではないかと考えています。

クラウドソーシングでの仕事をこなすことで、会社での実務経験と同レベルで評価してもらえるのか、ご存知でしたら教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

ネットで見ると、正直相当難しいと言われています。しかし、個人的には無理ではないと思っています。

そこで今回は、40代未経験でも、どうにかしてエンジニアとして働く方法についてまとめてみたいと思います。

40代未経験でエンジニア「正社員への転職」は諦めた方が良い

 

最初にかなりきつい現実をお伝えすることになりますが、40代で未経験でエンジニア転職は無理です。理由はシンプル。

  • 未経験で40代を雇うメリットがない
  • 未経験なら若い人を安い給与で雇った方がよい
  • 上司が未経験で40代は若い人からしてももモチベーションが下がる

だからです。つまり企業側が採用するメリットがないんです。

未経験でも企業が取りたいと思うのは、第二新卒ぐらいまでです。本人の潜在能力で採用されるのは、若い時のみです。中途採用ではしっかりとした実力を元に評価されます。

なので、40代で未経験でエンジニア転職は無理です。諦めた方が良いです。

ただしクラウドソーシングやフリーランスなら勝ち目はある

ただし、採用を伴わないクラウドソーシングフリーランスなら勝ち目があります。

ここで実際にクラウドソーシングでエンジニアをやり、その後独立されてフリーランスとして働かれている40代の方をご紹介します。

体験談:未経験エンジニアで、40代からクラウドソーシングを始める

彼は会社員時代は、エンジニアではなく品質保証という仕事をしていましたが、鬱で休職していました。そこで独学でプログラミングを学び、クラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシングサイトで、プログラミングの受託開発を請け負っていました。

最初は単価1万円程のシステム自動化等のアプリをRubyを使って納品していたそうですが、徐々に実績が増え、より高単価な案件を受注できるようになり、今ではフリーランスとして独立した、起業しています。(しかも40代から)

クラウドソーシングであれば、企業側としても採用が必要ないため、年齢が気になることはないのです。必要なのはちゃんと納品した実績のみ。なので、最初は他人よりグッと単価を落として、実績をつけていき、実績を積み上げていくことで40代でも生活していけるだけの収入をプログラミングで得ることができるようになります。

確かな実績をもとにフリーランスとして独立

そこでたしかな実績を積み、未経験40代エンジニアからフリーランスとして独立されています。年収も前職より全然よいそうです。

どうしたら40代でもフリーランスエンジニアになれるのか

そこで、どうしたら40代でもフリーランスエンジニアになれるのか、まとめてみたいと思います。

結論からいうと、以下3ステップの通りに進めましょう。

  1. 実際にクラウドソーシングで稼げるようになるための案件で、求められるスキルを確認する
  2. 仕事から逆算して、本当に必要なスキルを学ぶ
  3. 実際に成果物(Webページ、アプリ等)を作成して営業する

まず全てのクラウドソーシングのサイトに登録して、案件を見てみる

まずは全てのクラウドソーシングサイトに登録して、どんな案件があるのか確認してみましょう。

ヒトがお金を払いたい案件とはどんなものなのか、まずは徹底的にインプットしておくことが不可欠です。

有名なクラウドソーシングサイトとしては、

などがあります。これらは案件やクライアントが若干異なるので、必ず全て登録しておいて、どんな案件が多いのか見てみてください。

みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケット

最初は単価1-5万円くらいの案件が最初はオススメです。狙いどころはワードプレスを利用したWeb制作ですね。そのような案件がないか、クラウドソーシングサイトに登録してお気に入りしておいてください。

クラウドワークス

クラウドワークスは、上場している日本最大級のクラウドソーシングサイトです。このサイトでは、Web制作の案件等を調べることができます。

上記の画像に載っているものだと、Wordpressの案件が5万円ほどありますね。こんな感じでどんな案件があるのか、登録してみてみるのをお勧めします。

クラウドワークスに1分で無料登録する

ココナラ

ココナラもクラウドソーシングサイトですね。

ココナラに1分で無料登録してみる

独学フリーランスでも取れる案件とは

僕自身もフリーランスエンジニアとして働いておりますが、独学です。独学でとれる案件としては、

  • Web制作系の案件

になります。

Web 制作系の案件

Web制作系の案件としては、

  • 企業のホームページの作成

などにあたります。ここでは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Illustrator
  • Photoshop

などが使えるようになる必要があります。

仕事の取り方

未経験から仕事を取る方法は、以下の通りです。

  1. 未経験でも信頼されるポートフォリオを作る
  2. ポートフォリオを元に、最初は格安で仕事を受ける
  3. 仕事で成果を出して、評価される
  4. 評価された口コミをきっかけに、高い仕事を受ける

です。こちらをシンプルに図解しますね。

 

①ポートフォリオを作る

普通、仕事を企業が依頼したい時に、

  • エンジニアとして就職した経験がない
  • 自分の技術を証明できるものもない

人に仕事を依頼するとしたら、だいぶヤバイですよね。
なので、自分の実績をまずはつくってアピールすることが重要です。

ますは実績を作る!というのは、

  • オリジナルなWebサイトを作る

みたいなことですね。

オリジナルなWebサイトがあると、未経験でも

「ご要望のものに似ているものを作ったことがあります!」とアピールできるわけですね。

②仕事をもらう

で、そのポートフォリオを元に、営業します。
僕が未経験でクラウドソーシングで案件を受託した時には、

  • 自分が作ったWebサービスのURL
  • 自分の発信している技術的な情報の記事

これをセットに、提案メールを送っていました。
特に最初の方は、もう契約が始まる前にお客さんが欲しいものを作って、「もう作ったので納品できますよ!」と営業していました。
こうするとほぼ間違いなく初心者でも案件が取れます。

③仕事で成果をだす

あとはしっかりとした成果を出して、お客さんを喜ばせます。

④仕事での評価が上がり、⑤良い口コミが増えると、より②仕事がもらえやすくなる

お客さんが喜んでくれたら、良い口コミが広がり、どんどん仕事がより高い価格で受けられるようになります。

なるべく早く、ポートフォリオ作りと最初の一件を獲得する

このループに入るために、一番最初にやることは以下のとおり。

  1. しっかりとしたスキルが証明できるポートフォリオを作る
  2. ポートフォリオを元に、しっかりとした提案ができる

です。これを独学で学ぶには、相当時間がかかるので、できればプログラミングスクールでチャチャっと基礎を理解できるようにすることが重要です。

Web制作を学べるプログラミングスクール

Web制作を学べるプログラミングスクールでおすすめなのは、

です。 今回は、特におすすめなTechAcademyとCodeCampについて紹介したいと思います。

TechAcademy

TechAcademyは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

特にGoodなポイントは

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

でしょう。

TechAcademyには、Webデザインコースがあります。

さきほどの5万円ほどの案件を獲得するのに必要なスキルがすべて学べるコースですね。

料金も、一番短い期間でしたら、12万円ほどなので、業界最安値かと思います。副業で3件くらい案件が取れるようになれれば、2~3カ月くらいで回収できる値段ですね。

TechAcademyのインタビュー記事も以前に書いたことがあるので、見てみてください。

また、TechAcademyでは、無料体験ができるようです。まずは無料体験に申し込んだうえで、レッスンを受けてみるのがよいかと思います。

※更新情報 2019年8月3日
TechAcademyのコースは、1コース申し込むと、もう1コースが割引になるセット割があります。
複数コースをセットを申し込むと、普通に学ぶ場合よりも60,000円もお得になるようです。

TechAcademy Webデザインコースで無料体験してみる

    Codecamp

    Codecampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1*の実績を持つサービスです。高い学習効果が評価されテレビや新聞、ビジネス誌など*多くのメディアで紹介されています。

    講師は全て現役のエンジニア。未経験から確実に習得するために開発されたオリジナルカリキュラムでWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習することができます。

    特にGoodなポイントは

    • クラウドソーシングで非常に案件があるWebサイト制作ツールWordPressのコースがある点

    でしょう。

    WordPressは、技術力がそこまで高くなくても、5-10万円程度の案件を受注できるのが特徴です。このWordPressのスキルを使って、Web制作ができると、非常に仕事も入りやすいでしょう。

    料金も、

    • 受講料金 148,000円(税抜)
    • 入学金 10,000円(税抜)
    • 2カ月の受講

    となっていて、プログラミングスクールの中でも相当安いです。(普通30万円くらいかかります。)

    実際に僕も受講してみましたが、「これなら確かにフリーランスのWeb制作の案件はとれるようになるな!」という印象でした。その時の感想はこちらの記事にかいています。

    ≫CodeCamp(コードキャンプ)の評判・レビュー・口コミは?実際に受講して確かめてみた!【PR】

    こちらも無料体験をやっているようです。実際問題、講師を見てみないと評価できないと思うので、TechAcademyCodecampの両方を受講したうえで、検討しましょう。

    ※更新情報:2019年8月3日追記
    無料体験を受けて申し込んでから本申し込みすると、10,000円の受講料割引が効くようです。

    CodeCampで無料カウンセリングを受けてみる

    結論

    ということで、クラウドソーシングで未経験者が副業するための方法でした。クラウドソーシングのサイトには必ず登録しておいて、どんな案件があるのか必ずチェックしておいてくださいね!(お客さんがどんな課題を抱えているのか知らずにプログラミングを学んでも、稼げるようにはなりません汗

    また、独学でもいいんですが、サクッと稼げるようになりたいのであれば、最初からプログラミングスクールに行ってしまうのも手です。

    ちなみに、僕はスクールの無料体験に行くときに、「何を学べばゴールまで達成できるか」だけ聞きにいって、後で独学してしまうこともあります笑

    なので、無料体験にいきつつ、「何を学べばいいのか」だけでも聞いてみるのはいいかもしれないですね。どちらも無料体験はやっています。

    そのうえで、「ここのスクール、めっちゃよさそう!」と思えれば、実際に受講してしまうのがいいと思います。無料体験もあります!

    関連

    > 【体験談あり】Webデザインを学べる受講者がおすすめしたプログラミングスクール3選