Python

Pythonをこれから独学されようと思う方も多くいらっしゃると思いますが、 そもそもPythonで何ができるの? どういう風に学習を進めていったらいいの? どんなサイトや本がおすすめなの? とわからないことばかりだと思いますので、この1記事を見ればすべてわかるようにPython独学のための完全攻略ルートマップを作りました。 Pythonを独学するうえで、最初に全体象を把握しよう! Pythonを独学するうえで、そもそも何ができるのかよくわからないですよね。そこで、まずは全体像を確認しておきましょう。 Pythonでできることは? Pythonでできることはあまりにも多いのですが、簡単に上げるとこんな感じです。 Pythonでスクレイピングという技術で、自動でネット上のデータを取得することができる PythonでAPIという技術を利用すれば、普通だと取得できない他人のツイッターのデータを取得して分析することができる Pythonを使えば、データの加工をエクセルより簡単にすることができる Pythonを使えば、データ分析ができる PythonはAIのライブラリが最先端である Pythonを使えば、Webアプリを作ることができる くわしくは過去記事でじっくりと解説しているので、ぜひ見てみてください。 ≫【保存版】今話題のPythonで何ができるのか、初心者でもわかりやすくまとめてみた   Pythonでどんなことが自動化できるの? Pythonを使うと、いろいろな処理が自動化できます。僕自身もいくつか自動化しておりますが、簡単に例を挙げると、 Web上でバズった記事のデータを10万件自動ダウンロードしてデータ分析 他社のECサイトの在庫データを毎日Botで自動確認し、足りない場合はリストでメールで通知 SEO対策で必要なキーワードを自動でマイニング Googleの検索結果から、検索順位とそのページのアフィリエイトタグを埋め込み、アフィリエイターの競合分析 会社の打刻忘れを防止するためにブラウザ自動操作で打刻 などができます。そこまで技術的にも難しくないです。 くわしくは過去記事でじっくりと解説しているので、ぜひ見てみてください。 ≫ Pythonで毎日圧倒的に効率化している業務自動化術5選 【非エンジニアでもできます】   PythonでWebアプリは作れるの? PythonではWebアプリを作れるのか?と疑問を持たれる方も多いのですが、作れます。 PythonにはDjangoとFlaskが有名なWebフレームワークなのですが、これらを利用することでできます。 詳しくは下記記事で解説していますが、こんなことを書いております。 そもそもWebアプリとは? なぜPythonでWebアプリを開発するべきなのか? PythonのFlaskで、ゼロからWebアプリを作るときの学習ルート ≫PythonでWebアプリを開発したい人が何を学べばよいか初心者向けに解説してみた   PythonのWebアプリFlaskとは? 上記で解説した、Webアプリですが、Pythonの有名なフレームワークにはDjangoとFlaskがあります。その中でもFlaskについてですが、こちらの記事で詳しくまとめています。具体的には、 Flaskとは ウェブアプリケーションフレームワークとは マイクロフレームワークとは Flaskを利用する利点 Flaskが利用される環境 Flaskの学習方法 などについてまとめています。 ≫PythonのWebフレームワーク Flaskについて初心者向けにまとめてみた   PythonでAPIを使うには? Pythonでは、既存のWebサービスを利用して、データを取ってきたり、Webサービスを外部から自動制御できるWeb APIのパッケージが多くあります。例えば、SlackにPythonで自動投稿したり、Twitterに自動投稿することができるようになります。以下の記事では以下のようなことをまとめています。 Web […]

クラウドソーシング

プログラミングを未経験で趣味としてはじめて、副業をされない方も多いと思います。 ちなみに僕もエンジニアとしてキャリアは積んでいませんが、独学でクラウドソーシングの案件を受注して、今は生計を立てています。 そこで今回は 独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件はとれるのか? 何から始めれば良いか どこで仕事をとればよいか 何を学べば良いか どんな案件を取れば良いか についてまとめていきたいと思います。 独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件をとれるのか? 独学でプログラミングをはじめて、趣味で案件をとれるのでしょうか。答えはYesです。 仕事を取るので大事なのは プログラミングでお客さんの課題を解決する技術力 お客さんを信頼させるコミュニケーション力 の両方が必要になりますが、このどちらかをしっかりと身につけていけば、不可能ではありません。 について、解説していきたいと思います。 何から始めれば良いか 最低限用意するものは、プログラミングが実行できるPCがあれば良いでしょう。おすすめはmacです。このPCを買って、プログラミングの環境構築を行えば、簡単にスタートすることができます。 何を学べば良いか プログラミングで案件をとる場合、どういう案件を取りたいかにもよりますが、独学でWebアプリを納品するのは結構しんどいです。そこで、Pythonを利用した自動化ツールを作成するのが良いと思います。単価5000~5万円ほどの案件が比較的多いですので、これらの案件を取っていくのが良いと思います。 これらのスキルを身につける上で、最低限学習で必要なのは HTML CSS JavaScript Python などの言語に加えて、Pythonで スクレイピング Web APIの利用 データの前処理 簡単なWebアプリの開発 等が行えると、割と仕事をもらえるかと思います。 また、実績がない段階でいきなり仕事を勝ち取るのは相当難しいですが、コツさえあればできないことはありません。 未経験でゼロから最初に実績をつむ方法 自分を信頼してもらえるようにするためのポートフォリオ作成方法 セルフブランディングの方法 等を学んでいく必要があります。 それぞれのスキルが学べるサイトは、こちらの記事でまとめているのでぜひ読んでみて下さい。 ≫Python初心者向けの実践的なチュートリアルまとめ | Dividable どこで仕事を取れるか 仕事の取り方は、2種類あります。 クラウドソーシングのサイトを利用して受託する 直接仕事をもらう クラウドソーシングのサイトを利用する場合 ネット上でお仕事の募集をしている企業と、仕事をしたい人をマッチングするサイトが何個かあります。こちらは初心者が始めるのであればここからが良いと思いますので、何個か紹介します。とりあえずは全部登録しておいて、どんな案件があるのか見れるようにしておきましょう。おすすめは以下3サイトです。 クラウドワークス ランサーズ ココナラ 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 ≫Pythonの副業案件で月3万円稼ぐために必要な準備と学習方法をまとめてみた 直接仕事をもらう場合 直接仕事をもらう場合は、ツイッターを始めると良いと思います。ツイッターで日々学んだことを発信していくと、「この人ちゃんと仕事できる人なんだな」ということがわかります。また、ブログも始めるととても良いと思います。ツイッターのフォロワーをしっかりと増やして、自分から営業に行くのがおすすめです。 フォロワーの増やし方については、こちらの記事を参考にしてみてください。 […]