マーケティング

SNSでの拡散が、SEOに効果があるのか、気になる方が多いと思います。そこで今回は SNSにSEOの効果があるのか知りたい  具体的を事例込みで知りたい という読者の皆様の要望に応えるべく、まとめていきたいと思います。 SNSとSEOの効果:Google公式の見解 ではまず、Googleがどのような見解を出しているのかを見ていきましょう。 こちらの動画では、Googleが次のような見解を出しています。 SNSでシェアされても、non-followリンクのため、被リンクとしてはカウントされない ですので、SNSでのシェアがそのまま被リンクにはならないため、「直接的には」Googleの検索結果には影響を与えないのです。 SNSとSEOの非間接的な効果 ですが、これはしっかりと定量的に厳密に出せた結果ではありませんが、SNSとSEOには非間接的な効果があります。こちらは、僕のブログを事例にご紹介いたします。 ツイッター 2018年11月30日現在ですが ツイッターのフォロワー数:2万人 となっております。   ブログのデータ 僕のブログdividableは、2018年7月に立ち上げ、現在11月30日時点で、いかのような結果となっています。 記事数:30記事 月間検索流入数:3.5万 月間PV数:11万 1記事あたりのPV数:3666 また、クエリとしては、以下の検索キーワードを抑えております。 SNSマーケティング系のキーワード: 月間検索ボリューム1万 / 1位 プログラミング系のhow toキーワード: 月間検索ボリューム2600/1位 プログラミング系のhow toキーワード: 月間検索ボリューム 2400/位 また、外部リンクですが、以下のようになっています。(出典:Google Search Console) 総被リンク数:70,055 被リンク元ドメイン数:91 メディアとしての検索流入の伸びは以下のようになります。 7月時点:927 8月時点:2932  9月時点:5868 10月時点:18608 11月時点:35177 となっております。新しく始めたブログにしては、順調に検索流入が増加しております。   SNSの非間接的な効果の正体 これらのデータからわかるように、SNSは外部リンク対策をするうえで重要なことがわかりました。では、どういう構造になっているのでしょうか。結論から言うと、 SNSで記事がバズる バズった記事がバイラルメディアやキュレーションサイトで取り上げられる そこから外部リンクが増える といった図式になっています。途中のメディアを挟むことが非常に重要なわけです。   結論:SEOマーケターもSNS運用をやるべき ということで、これらのデータから言えることは、SEOマーケターもSNS運用をやって、SNSからのSEO強化の導線を作っておくことが重要です。インハウスでSNSもできて、バズらせることができ、かつSEOがわかるようになると、こんないいことがあります。 […]

Python

書いた人 DAI (twitter: @never_be_a_pm) Follow @never_be_a_pm Dividableは、未経験からWebアプリ開発やマーケティングを学ぶ人向けにDAIが運営しているメディアです。月間ブログPV数は10万ほど。ツイッターフォロワー数は2万人ほど。ツイッターでフォローすると、最新情報を受け取れます! よく読まれているコンテンツ 独学Python初心者向けの実践的なチュートリアルまとめ 独学PyQを実際に試してみたら、予想以上によかったのまとめてみた 独学Pythonでできることをまとめてみた プログラミングの学習を進めて行くと、 エラーが出てつまづく 何を次に学べばよいのか分からなかったりして、困りますよね。 どこで質問すればいいのか 無料なのか有料なのか 等が気になると思います。 そこで今回は、プログラミング初心者が質問した時に早めにし出ておくべきことをまとめておきたいと思います。 プログラミングで悩む二つのパターン プログラミングでの悩みは、大きく分けて二つあると思います。 1 エラーが直せない よくあるパターンとして、エラーが直さないというパターンです。自分でコードを書いていて、これってどうやって解決すべきなのか、検討がつかないことはよくあると思います。 2 何を学べばよいか分からない 次によくあるパターンは、何を学べばよいか分からないタイミングです。例えば 自分が作りたいアプリはどうやって作ればよいのだろうか このアプリを作るためにどの教材を使って学べばいいのか など、いろいろと悩むと思います。 プログラミングの質問に答えてくれるサイトとは そんなプログラミングの質問に答えてくれるサイトは、大きく分けて二つのサイトがあります。 1 掲示板系プログラミング質問サイト プログラミングのエラーが直せない人向けにお勧めしたいのが、こちらの掲示板系のプログラミング質問サイトです。ここでは、掲示板に自分がやりたいことと、つまづいていることをまとめて、質問者から回答をもらえる仕組みとなっています。 有名なサイトを二つほど紹介します。 Teratail:日本のプログラミング質問掲示板サイト Teratailは、日本初のプログラミング質問掲示板サービスです。 このサイトでは、日本語でプログラミングの質問をすることができます。 Stackoverflow:海外のプログラミング質問掲示板サイト 世界的に有名で、使われているのがStackoverflowとなります。 こちらは基本的には英語ですが、世界中の集合知でできているため、teratailよりも情報が多いです。そのため、英語ができるのであればstackoverflowを利用して質問することをお勧めします。 StackOverFlow ja:Stackoverflowの日本版 こちらはstackoverflowの日本語版となります。 最近できたため、回答数が若干少ないので、Teratailを利用するのが良いと思います。 メンターマッチングサービス 次に何を学べばよいのか分からない場合は、メンターマッチング系のサービスを利用するのがよいと思います。ここでは、実際にプログラマーの人に直接質問して、答えてもらえるサービスとなります。 menta:日本のメンターマッチングサイト mentaは、その名の通り、プログラミングのメンターを見つけることができるサービスです。日本にはここにしかありません。 比較的手頃な価格で、一ヶ月からプログラミング学習のメンターを見つけることができます。 プログラミングスクール:日本のプログラミングが学べるスクール もう一つは、プログラミングスクールを利用する方法があります。プログラミングスクールは、カリキュラムから講師までが揃っていて、質の高い教育を受けることができます。ただし、比較的にプログラミングスクールは高いので、理由がない限りはmentaで十分でしょう。 プログラミングスクールは、講師の質を本当に求めるのであれば行っても良いでしょう。前職ではAIのプログラミングスクールである、 Aidemyという会社で働いていましたが、普通にメンターを頼むとなるのなかなかAIがわかるメンターには出会えないので、こういうスクールでAIのメンターを得るために学びに行くのは良いと思います。 最後に ということで、プログラミングの質問についてまとめました。 […]

Python

プログラミングを学んでみたいと思い、独学しようかなぁと思われる方が増えてきています。僕自身も3年前にプログラミングを学び始めましたが、 「あれ、そもそもどの言語から始めればよかったんだっけ?いろいろ手を出したけど力つかなかったな」 「プログラミングでエラーばかり出てて、どうしよう。これで本当にいいのかなぁ。モチベーションが続かなくてあきらめよう」 「これを知っておけば、こんなに悩まなくてもよかった!」 と後から振り返ると思うことがたくさんあったので、プログラミングを独学する前に知っておきたいことをまとめておきたいと思います。 全体像が分からないとプログラミングを独学する上で失敗しやすい プログラミング学習で失敗するパターンとして、全体像が分からず、学習の進め方が非効率になるパターンです。例えば、以下のような例があります。 やりたいことが明確ではないので、学習が持続しない 何をどのタイミングで学習すべきかわからず躓くパターン やりたいことが明確ではないので、学習が持続しない プログラミング学習でやりたいことが明確ではなく、ちょっと難しいことをやった時につまづくパターンです。なんとなく学べることを学んで、また関係ないことを学んで、、と繰り返して、結局何もできないみたいなパターンが非常に多いです。 何をどのタイミングで学習すべきか分からずつまづくパターン 本当は基礎をやればいいタイミングに、必要以上に難しいものに手を出してつまづくパターンです。もしくは、ずっと簡単なものを学習している結果、成長しないパターンですこれらに共通して言えるのは、プログラミング学習の全体感がないまま学習を進めていった結果、つまづくパターンです。 独学する上で大事なのは全体像を把握すること プログラミングを独学しよう!と思った時には、まず全体像を把握しておく必要があります。 プログラミングを独学する上でのゴールを決めよう まず、学習は明確にゴールを決めて、そこに向かって学習を進めて行くのがよいです。プログラミング学習のゴールとしては、抽象度の高い順にだいたい3つくらい動機があると思います。 教養としてプログラミングを学びたい 実用的にプログラミングを使いたい エンジニアになって、プログラミングで生きていきたい この記事では、このようなゴールから逆算して、プログラミングを独学する上でこれらのようなゴールに到達できるように、全体像を解説していきます。 独学プログラミング学習の段階 独学でプログラミングをする上で、一般的にはこのような段階を踏んでいきます。 大きく分けて プログラミングの基礎を理解する段階 クローンアプリを作る段階 オリジナルアプリを作る段階 エンジニアの卵の段階 があり、順番にクリアして行く必要があります。エンジニアになりたい人以外は、3までで十分かと思います。それぞれの段階で、学習方法とおすすめな学習サイトが異なるので、別々に紹介いたします。   それではさっそくみていきましょう。 ①基礎を理解するフェーズ 学ぶこと この初心者フェーズでは、とにかく、プログラミングで必須の基礎的な文法を学んでいきます。例えば、 繰り返し処理はどうすればよいのか 条件分岐はどうすればいいのか 関数、クラスは? この段階だと、正直そんなに難しいことはやらないです。 どこで学ぶべきか プログラミングの基礎を学ぶなら、Progate一択です。どの言語でも基礎は満遍なく網羅しているので、とりあえずは基礎はここで固めましょう。 > Progateを見てみる どの言語を学ぶべきかですが、Webアプリを作りたいなら、Ruby on Railsがよいと思うので、 HTML CSS JavaScript jQuery Ruby Ruby on Rails Git Command […]